◆IL DIVO◆ ベートーヴェン / 交響曲 第5番 「運命」 第2楽章

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Beethoven / Symphony No.5 2nd movement
URL : http://papalin.yas.mu/W219/

  ◇公開日: 2008年07月21日
  ◇演奏時間: 2分39秒
  ◆録音日: 2008年7月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第2楽章から。

ベートーヴェン初めての短調の交響曲、それがハ短調の曲である運命です。
第2楽章は変イ長調です。明るい感じがいいですよね。
でも不安な和音もあって、示唆に富んでいます。

リコーダーは8本使っています。今までで最も多い数です。


使用楽器

  アルト      メック        黒檀製
  アルト      メック        黒檀製
  テノール     ゼンオン       桜製
  バス       メック        楓製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   キュング       楓製




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

nyankome
2008年07月21日 17:56
一時的な平和でしょうか。平和の中にもドラマがあります。そんな楽章ですね。
牧歌的な感じがする演奏ですね。
Papalin
2008年07月23日 23:56
◆◆ 平和の中にもドラマが・・・

nyankomeさん、ありがとうございます。
ベートーヴェンは本当に型破りですね。
モーツァルトまでの音楽とは明らかに一線を画しています。この2楽章の編曲、以前演奏したSRQさんの偏狭ではホルンのテーマが出てこなくて寂しかったのですが、今度は堪能させてもらいました。

実は、どの楽器に吹かせるかは悩みどころなんです。選択肢は3つありました。アルト、テナー、バス。音域的に一番表現力がありそうなテナーに担当させました。
(^-^ )