◆IL DIVO◆ ベートーヴェン / 交響曲 第5番 「運命」 第1楽章

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Beethoven / Symphony No.5 1st movement
URL : http://papalin.yas.mu/W219/

  ◇公開日: 2008年07月20日
  ◇演奏時間: 1分38秒
  ◆録音日: 2008年7月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第1楽章から。

前回この曲を演奏したのは、SRQさんのアレンジによる楽譜を使ってでした。
そのときには、古楽っぽい演奏をしたいと思いました。
でも演奏はコテコテだったように記憶しています。

今回この曲を演奏するに当たって、僕は中学生の頃によく聴いたレコードを思い浮かべていました。まだ50代で、髪の毛も黒かったカール・ベームの指揮するベルリン・フィル(なぜかウィーン・フィルではありませんでした)の演奏で、25cmLPレコードでした。よく聴いたというわけではなく、聴きたいと思ったときに一度聴いて、その後はもう聴かない。FM放送で色々な指揮者+演奏者による運命を聴くのが楽しみでした。
望郷の念・・・そんな感じを抱きながらの演奏でした。

リコーダーは7本使っています。
今やグレートバス(Cバス)とコントラバス(Fバス)は、
パパルテットにっとては、なくてはならない楽器です。


使用楽器

  アルト      メック        黒檀製
  テノール     ゼンオン       桜製
  バス       メック        楓製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   キュング       楓製




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

nyankome
2008年07月20日 23:28
ピリオド楽器による演奏の雰囲気が出ていますね。

私にとってこの曲はクラシックに入った原点なのです。中学生のとき音楽の時間に《運命》の聴き比べをしました。カラヤンとベームの演奏です。私はベームの演奏(多分、ウィーン・フィルとの超遅いテンポのものでした。)が気に入って、他の曲もベームの演奏ばかり聴いていました。自由にレコードが買えるお金がなかったのでFMをよく聴いていました。FMのクラシック・リクエスト(多分金曜日でした。)にも何度かハガキを出して聴きたいレコードをかけて貰いました。

私にとっても懐かしい中学時代を思い出させてくれる曲です。
Papalin
2008年07月21日 06:26
◆◆ 音楽の時間に《運命》の聴き比べ・・・

nyankomeさん、ありがとうございます。
nyankomeさんと私は同じ時代を生きてきたとはいえ、子供の頃の経験が凄く似通っています。クラシック音楽に感動した・・・という点では全く同じ。僕も高校生の頃には恐らくベートーベンのシンフォニーの録音は、各曲ともカセットテープで10~20本くらいは持っていました。殆どがエアチェック(死語?)でしたが。中でも運命や合唱のテープは多かったように思います。カセットテープも90分だと650円もして、結構お小遣いには苦慮致しました。(^_^;)
2008年07月29日 08:45
どこから聴こうか・・・とここから聴き始めることにしました。
リコーダーで「運命」ってどんな感じかと思いましたが、全く違和感がないですね~!
低音のリコーダーがあると音楽の幅が広がっていいですね!

エアチェック・・・今ではCDが簡単に手に入りますが、馬鹿にできませんよね。
リサイタルなどの演奏は特に。
昔エアチェックしたものを処分しようとしましたが、やはり捨てられません。
Papalin
2008年07月31日 06:40
◆◆ 低音のリコーダーがあると音楽の幅が

Ceciliaさん、ありがとうございます。
Papalinは今、重病を患っています。
ソプラノ・リコーダーが吹けないという難病です。このベートーヴェンのシリーズも、ソプラノは一回も登場していません。第九までひょっとしたら登場しないかもしれません。裏を返すと、8フィート・アンサンブルの音に痺れちゃっています。(^_^;)

録り貯めたカセットテープ、600本を越えているのですが、なかなか手にしません。でも捨てられないですね。