◆IL DIVO◆ ベートーヴェン / 交響曲 第2番

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Beethoven / Symphony No.2
URL : http://papalin.yas.mu/W219/

  ◇公開日: 2008年07月16日
  ◇演奏時間: 2分30秒
  ◆録音日: 2008年7月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第2番。第1楽章から。
どうしても、演歌に聴こえるんだよな~、この曲は。
でも演奏したら、こんなに楽しい曲だったんだってわかりました。


使用楽器

  アルト      メック        黒檀製
  テノール     ゼンオン       桜製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   キュング       楓製




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

nyankome
2008年07月18日 19:47
長い序奏を経て第1主題、第2主題が出てくるところまでですね。明るく、付点のリズムが躍動感を感じさせます。

>どうしても、演歌に聴こえるんだよな~
第2主題ですね。私もここが大好きです。

どうしてこんな喜びに満ちた曲が、ハイリゲンシュタットで作曲されたのか不思議です。

>こんなに楽しい曲だったんだってわかりました
Papalinさんの演奏も喜びに満ちた楽しい演奏ですね。
自称筋肉マン
2008年07月19日 00:00
ベートーベンの曲の意外な側面を見せられたような演奏でした。実に楽しく、洗練された雰囲気でした。ベートーベンというと何か苦虫を噛み潰したような印象で今まで敬遠していたのですが、実にもったいないことをしていたなという思いです
Papalin
2008年07月19日 07:44
◆◆ ハイリゲンシュタットで作曲された・・・

nyankomeさん、ありがとうございます。
本当です。
体調への不安を感じ、聴力の低下も気づくところなり、貴族の令嬢との恋も・・・。そりゃ、ガクッときますよね。一方の音楽は溌剌とした普通の健康的な青年がかいたかと思わせるような、青春の明るさ。

不思議です。
 
Papalin
2008年07月19日 07:47
◆◆ もったいないことをしていたな・・・

自称筋肉マンさん、ありがとうございます。
そうなんです。ベートーヴェンの初期の作品には、まだハイドンとかモーツァルトの影が残っていて、それでいてのちのあのベートーヴェンらしさが既に顔を出していて、その辺りがなんとも言えず、僕は好きです。シンフォニーは、3番からはもう完全にベートーヴェンのスタイルになっていきますね。
 
よ~し、これから3番をやろう! (^-^ )