◆IL DIVO◆ ベートーヴェン / 交響曲 第1番

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Beethoven / Symphony No.1
URL : http://papalin.yas.mu/W219/

  ◇公開日: 2008年07月15日
  ◇演奏時間: 1分53秒
  ◆録音日: 2008年7月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第1番。第1楽章から。冒頭が可愛らしいですよね。
モーツァルトにちょっとだけ似ているけど、
ベートーヴェンの個性が既に出ていますよね。(^-^ )

使用楽器

  テノール     ゼンオン       桜製
  バス       メック        楓製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   キュング       楓製




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

nyankome
2008年07月16日 21:05
後期の作品と比べると瑞々しいですよね。
第1楽章はハ長調ですが、冒頭のC7->Fというコード進行が面白いですよね。そしてG7->C6、D7->G、ちょっと不安にさせておいて、主題をどんどん展開していく。
このあたりがベートーヴェンらしいところでしょうか。
Papalin
2008年07月17日 23:33
◆◆ このあたりがベートーヴェンらしい・・・

nyankomeさん、ありがとうございます。
情緒的な導入から一変してアップテンポに。導入も属七和音から・・・というあたり、何か違うことをやってやろうというベートーヴェンの気質を感じます。でもそれは、先に演奏したテレマンのハ長調のSonataと同じ効果ですよね。

3拍子をここまで究めたのは彼が最初でしょうね。ハイドンが交響曲の父なら、ベートーヴェンは交響曲の神です。