幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ 「こどものために」ほか / バルトーク

<<   作成日時 : 2008/06/01 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 28

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
"For Children" etc. / BELA BARTOK
URL : http://papalin.yas.mu/W215/

  ◇公開日: 2008年04月07日
  ◇連続演奏時間: 20分くらい?
  ◆録音日: 2008年4月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



GEMINIさんのコメントがきっかけでした。
僕もいくつか楽譜を持っていました。
でも20年も、買ったきりで眠っていました。
こんなすばらしい曲集だったとは!

大体僕は買い物に行っても、帰ってくるともう何を買ったのか忘れているくらいです。
次のことを考えていると、本当に忘れちゃうんです。困ったものです。
CDなんか、そのまま埋もれてしまって、また同じのを買っちゃったり。(^_^;)

それにしても素晴しい、素晴しい。すっかり虜です。
あっという間に第2集まで、数えること13曲できました。
あと1集、5曲で終わりだなんて、寂しいです。
。・°°・(;>_<;)・°°・。


画像
【 若い頃のバルトーク。やっぱり知的な顔だちをしています。 】




                                  ( 4月7日 記 )


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ EYE2U

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。バラが大好きで、いつもステキなお庭をHPで見させて頂いていました。偶然にも、むとうさんも私の生まれ育った町で驚きました。(出身は木落し付近)それに、私もリコーダーが好きです。もう30年も前…小学生の頃、担任にスパルタのようにリコーダーを習い、今でも時々吹いています。その恩師に会う計画があり、ここならもしかして、昔吹いたロンドを聴くことが出来るのでは…と思いのぞいて見るとむとうさんのロンドを聞くことが出来、すごく感動して書き込みをさせて頂きました。お庭の方はもうオープンガーデンはされないようですが、いつか、見させて頂きたいです。独り言のような書き込みですみません。これからも、すてきな演奏を聞かせてください。
yuri
2008/04/07 22:16
◆◆ 出身は木落し付近・・・

yuriさん、ありがとうございます。
そして、ようこそお出で下さいました。(^-^ )

木落坂とは、天下の奇祭、御柱祭(おんばしらさい)の上社の木落坂のことですね。すると宮川小学校、長峰中学校コースですね? 僕は永明小学校、永明中学校。すぐお隣です。

まさか、リコーダーの先生は、丸山豊子先生ではないですよね? (^_^;)

庭はG.P.(ゲネラルパウゼ)状態です。
でも、いつか復活させる予定です。
サイトにはお気軽にまたどうぞ。
(^-^ ) ニコッ
 
Papalin
2008/04/07 23:39
Geminiです、今晩は
きょうは思わず久々に懐かしいひとに逢い
少々複雑な気持ちで家に帰ると、バルトーク!!!

聴きながら、考えながら(そして飲みながら)
しているうちに日が替わってしまい
…Papalinさんも罪作りですね…
またまた随分な時間になってしまいました
明日は普通に仕事なのに(テヘへ…)

−チャンとしたコメントは、また日を改めて…

Gemini
2008/04/08 01:50
お返事ありがとうございました。
私は宮小コースです。母は仲町なので、どこかでつながっているかもしれませんね。

丸山先生、いましたね…でも、私の恩師は音楽をピアノではなく、エレキギターでするという衝撃的な先生でした。

今は神奈川在住(村田バラ園に近い)ですが、時々帰省しますので、リコーダーの演奏会を聴ける機会を願っております。

お庭の復活、よろしくお願いします。…ザ・ナンが見たいです。(^-^ )
yuri
2008/04/08 21:47
◆◆ …Papalinさんも罪作りですね…

Geminiさん、ありがとうございます。
バルトーク、恐るべしです。
オーケストラ作品はいくつか聴いたことがありましたが、きっとこれはピアノ曲ですよね? 初めて聴いた(多重録音をして聴いた)のですが、まさに虜です。Geminiさん、きっかけを下さって・・・
☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!

罪つくり・・・ですか? (^_^;)
 
Papalin
2008/04/10 06:29
◆◆ エレキギターでするという衝撃的な先生

yuriさん、ありがとうございます。
凄い先生だなぁ。仰るように30年前のことだとしたら尚更ですね。まさに前衛的な先生です。

丸山先生もご存知なのですね。我が茅野市の音楽の発展に貢献された先生です。もうご定年されたのかな?

庭はなくなっちゃいました。薔薇は1本もありません。これからは本当に小さな楽しみとして、密やかにと思っています。ザ・ナンは清楚な美しい花ですが、名前と裏腹に、カーヴする花弁は誘惑しているかのようです。(^_^;)
 
Papalin
2008/04/10 06:33
★★きっかけを下さって・・・★★
今晩は、Geminiです
私のコメントに早速、しかも十数曲のシリーズでお応え頂き有難うございます。
もう随分昔、間宮芳雄、小倉朗などの作曲家が、合唱のために日本の民俗音楽の編・作曲を多数行っていました。オーケストラ曲や弦楽、その他「芸術的な」ピアノ曲を別として、私のバルトークの合唱曲や初歩のピアニストのための民俗音楽を主題とした曲との出会いは、これらを理解するための延長上にありました。

"For children"のvol.1はハンガリー民謡、vol.2はスロバキア民謡をもとに作られたピアノ曲集で、合計80曲余りから構成されています。両巻を比較するとvol.2は、いわゆる近代的(合理的)な西洋音楽の枠組みからは多少距離があって、ほんの少し私の感性から離れているように感じていました。
―長くなってすみません、次に続けます…
Gemini
2008/04/13 22:29
Geminiからの続きです。

Papalinさんのバルトークの演奏を聴いて、「あれ、こんな曲だったか知ら…」
…自分で弾いてみました。私も多少ピアノが上達したのか、あるいは随分年をとったのか…易しそうな曲にも随分な仕掛けがあったのですね―ある種の曲はバルトーク熟年のオーケストラ曲や弦楽四重奏曲にもひけをとらないようにも思えました。
おっと…ここで早とちりをしないで「弦・打・チェレスタ…」、「協奏曲」、「弦楽四重奏」を、いまの年齢で聴きなおしてみなくては…
私にとっても、バルトークの再発見のきっかけになりました(仕事上でも、何気ない雑談が新しい発想に繋がる事がよくある事を時々云いますが、その通りですね)。
重ねて、ありがとうございます

(いつもに比べ、コメントの時刻が多少早め―上等。きょうは早めに寝ましょうね…)
Gemini
2008/04/13 22:32
ベラ・バルトークはバルトークの奥さんだと長年信じていたノーテンキなaostaです。
ベートーヴェンやモーツツァルトしか知らなかった私が彼の「弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽」を始めて聴いたのは高校3年の文化祭。放送劇のBGMを探していたときのことでした。チェレスタという見知らぬ楽器に興味を引かれて聴いたレコードです。実際BGMとして使ったのは、深遠を吹く風のような第一楽章でしたが、ドキドキしながら聴いたのはむしろ第2楽章から第4楽章でした。まるでガムラン音楽のような響きのチェレスタ、弦楽器がまるで打楽器のように鳴る不思議な音楽。しかしながら、そのときは素敵!と思ったものの、ごく最近になってNHKで放映されたオルフェウス室内管弦楽団の演奏を聴くまで、改めて聴く機会はないままでした。この演奏がかなり衝撃的でした。あれっ?!バルトークの音楽ってこんな感じだったかしら、と思ったのが正直な所です。すごく知的で乾いた感じと、情念がざわめくような激しさ、熱っぽさが拮抗しあう素晴らしい演奏でした。
aosta
2008/04/14 09:54
Papalinさんの「子供のために」、これからゆっくり聞かせていただきますね。リコーダーによるバルトークは考えたこともありませんでしたが、数少ない私のバルトーク体験はいつも意表をつく驚きに満ちています。今度はどんなバルトークに出会えるでしょう。愉しみです♪
aosta
2008/04/14 09:55
◆◆ 合計80曲余りから構成されて・・・

Geminiさん、ありがとうございます。
僕は幸せ者です。
Geminiさんをはじめ、多くの方から僕の知らない素晴しい作品を紹介して戴いて、それに僕が挑戦する・・・なんと素晴しい人生でしょうって、自分で言うのはおこがましいですね。(^_^;)

バルトークの音楽にはアジア人の血を感じます。ヨーロッパとて東の諸国は欧州とか亜細亜とかで括れないですね。今回も、日本人と通じるものを凄く感じました。

僕がもっている楽譜は全部やってしまったのですが、70曲もあるのですね。ピアノの原曲を見たいです。リコーダー用にゾルタン・イエネイという方がアレンジされた楽譜ですが、編曲も素晴しいように思いました。
 
Papalin
2008/04/15 22:48
◆◆ 雑談が新しい発想に繋がる事が・・・

Geminiさん、ありがとうございます。
本当に、その通りですね。
瓢箪から駒とはいいませんけれど、人とのコミュニケーションって、そういう意外な展開があるところが面白いです。

音楽との対峙も同じでしょうか。
僕自身、この曲集と出会って、表現の幅が多少なりとも広がったように思います。ディミニュエンドして音程がなくなるとか、そんなことはあってはならないものだと思っていましたが、やっちゃいました。そこまで音を消し去りたかったのです。でもやっちゃいけないことなのでしょうね。パパリオ(Papalinによるトリオ)だから許される音楽のタヴーかもしれません。
 
こちらこそお礼を。
 
Papalin
2008/04/15 23:08
★★ピアノの原曲を見たいです…★★

今晩は、Geminiです
リコーダーのためのバルトークの編曲は全て演奏してしまったのですね…

"Amazon.co.jp"のページで、「Bartok piano Dover」で検索してみますと、4冊ヒットしました。
そのうちの"Bart?k:Piano Music of Bela Barkok"(紫色の表紙)、私は所有していないのですが、これに"For Children"が(多分Vol.1,2とも)収録されています。

ちなみに、同じくヒットした"Piano Music of Bela Bartok"(青色の表紙)を私は持っており、その中の"Three Folk Songs", "Ten Easy Piano Pieces"は同じような趣旨の曲集、また"Fourteen Bagatelles", "Seven Sketches"などは、ちょっと見直してみようかと思った曲集です。
いずれも\1485 とあります。

油断していると、またまた翌日…とりあえず情報提供まで―


Gemini
2008/04/16 00:48
◆◆ チェレスタのための音楽・・・

aostaさん、ありがとうございます。
バルトークというと、やはりこの曲がまず頭に浮かびます。でもチェレスタというと僕はチャイコフスキーのコンペイトウの踊りが一番にヒットします。郷愁を誘う音のする楽器ですね。あれは打楽器でしょうか、鍵盤楽器でしょうか? ピアノも構造的には似ているから、きっと鍵盤楽器なんでしょうね。

「弦楽器、打楽器、アオスタのための音楽」
なんちゃって。
(._・)ノ コケ
 
Papalin
2008/04/16 22:13
◆◆ 考えたこともありませんでした・・・

aostaさん、ありがとうございます。
「弦楽器、打楽器、アオスタのための音楽」って、aostaさんを箱の中に閉じ込めて、ハンマーでひったたくという、恐ろしい楽器であることを想像して、大笑いしたPapalinです。(^_^;)

さて、私もリコーダーでバルトークを演奏するとは思ってもみませんでしたが、やってみますとリコーダーに実によく合うのですね。また感想を御聞かせ下さい。
Papalin
2008/04/16 22:17
◆◆ とりあえず情報提供まで―

Geminiさん、ありがとうございます。
また20年くらい経ったらバルトークに狂うかも知れません。なんちゃって、きっとそんなに経たないうちに触手が・・・という気がします。

その前に、原曲をピアノで一度聴いてみたいです。それも、Geminiさんの演奏で聴いてみたいです。
 
Papalin
2008/04/16 23:14
>「弦楽器、打楽器、アオスタのための音楽」
> aostaさんを箱の中に閉じ込めて

涙が出るほど笑い転げたあと、「ボクシンゲ・ヘレナ」という映画を連想しましてしまいました。
自分の愛に応えない女性が交通事故にあったことをきっかけに箱の中に閉じ込めてしまう青年医師の物語。
彼は自分が愛する女性を自分だけの物にして、まるで愛玩動物のように偏愛するというかなり怖いお話。
たたかれたら痛いでしょうが、楽器になるという発想は悪くない気がします。人間が楽器になる、という発想は昔読んだ「オルガニスト」という本にもありましたっけ。
残念ながらPapalinさんの”独創”ではないみたいですね(笑)。
aosta
2008/04/17 07:49
バルトークだとルーマニア民俗舞曲がやっぱり大好き。第三曲などピアノで弾いていても平原の向こうから笛の音が聞こえてきますもの。きっと虜になってしまわれると。。
musica
2008/04/17 18:21
◆◆ まるで愛玩動物のように偏愛・・・

aostaさん、ありがとうございます。
僕が絶対に見ない映画のジャンルです。自分の中にどこか潔癖症があって、ちょい悪なことは割と平気なんだけど、ある一線を越えると全く受付けなくなります。向学のためと思っても駄目なものはダメです。

でも、aostaって楽器、面白そうです。
 
Papalin
2008/04/19 21:23
◆◆ きっと虜になってしまわれると。。

musicaさん、ありがとうございます。
情報を頂戴しました。感謝です。
ルーマニアですか。コマネチですね。
(._・)ノ コケ

大体自分でもわかっているんです。きっとはまるだろうことを。(^_^;) だから意識的に他の好きな曲に身を任せていたりもします。きっといつか聴くと思います。(^-^ )
 
Papalin
2008/04/19 21:28
★★ルーマニア民俗舞曲が…
☆☆ルーマニアですか。コマネチですね…

今晩は,Geminiです。
musicaさんのコメント、この「民族舞曲」はバルトーク自身がオーケストラ編曲していて、そのLP(!)も持っているのですが、3曲目(Pe loc : In one spot)はまさにフルートがメロディーを担当していますね。本当にそのようなイメージです。私としては、次の第4曲目Buciumeana : Horn danceはソロバイオリンがメロディーを担当なのですが、これもきっとPapalinさんのリコーダーのイメージに合うような気がします。
けれども、Papalinさんはしばらくバルトークを演奏しないだろうなということも併せてコメントしようと思ったら、先を越されていましたね。

--フーガの技法を聴きながら、無音で(?)ブルースブラザーズのDVDを見ながら書き込むことを考えていましたが、
私にとって音楽家の3大Bとは何か知ら…Bach, Bartok、それからBlues Brothersかな?
Gemini
2008/04/19 23:19
◆◆ Buciumeana : Horn danceは・・・

Geminiさん、ありがとうございます。
φ(.. ) メモメモ

Geminiさんの音楽家の3B、いいですね。
僕の3Bは何かなぁ?
Byrd, Beethoven, Brahmsかなぁ。
ブルックナーも宗教曲は好きだしなぁ。
オペラならベッリーニだし・・・。
ビートルズもビージーズも捨てがたいよ。
まぁバッハは別格ということで・・・。(^_^;)
 
Geminiさんのピアノ演奏でバルトークを・・・
しつこいです? (=^_^=) ヘヘヘ
 
Papalin
2008/04/20 11:30
 こんにちは。
 「こどものために」、大好きです。ピアノだとたまに単調に感じてしまう曲もあるのですが、リコーダーだと新鮮でいいですね。また、しばらく楽しませてもらいます。
 「ミクロコスモス」もいいですよ。舞曲もたくさん入ってますし。

 ところで、トップの世界地図、拡大して見ると、インドの先っぽの、インド洋付近に赤丸が。
 こ、これは、もしかしてモルディブでは・・・・!
 いいなあ。
Nora
2008/04/20 14:03
◆◆ リコーダーだと新鮮でいいですね。

Noraさん、ありがとうございます。
Noraさん、この曲集をご存知なのですね。
僕は初めて(自分の演奏で)聴いたので、もっと新鮮だったかも知れません。(o^<^)o クスッ

ミクロコスモス・・・小さな宇宙?
φ(.. ) メモメモ

> もしかしてモルディブでは・・・・!

そうそう、色んなところで読んで下さっているようです。ひょっとしたら IL DIVO のリンクから来て見たものの、文字化けして何も見なかったりしてね。(^_^;)

不思議なのは内モンゴルとかも見えていること。それとハワイの北西ってどこだ〜? (^_^;)
 
Papalin
2008/04/20 21:46
★★Geminiさんのピアノ演奏でバルトークを・・・

今晩は、Geminiです、良い音楽をいつも聞かせていただき有難うございます

ブルクミュラーのところでもそんな話題になったように思いますが、困りましたね…
URLは無いし…
--(今使っているプロバイダに頼めばいいさぁ)
録音する手立ては無いし…
--(電子ピアノにMIDI端子があるでしょ)
ソフトとか電子化する手段が無いし…
--(友達に相談すればいいよ)

まあ、解決できないことはないのでしょうが
現在の私の日常として、「おおやけに音楽活動」をしている訳ではないのが一番大きな問題でしょうか。
けれども、何か表現手段を考えなくてはいけませんね。少々時間をください。いずれ何らかの形で…

ところで、Byrdですか…やはりGlenn Gould世代ということなのでしょうかね。"Pavana the sixte", "Galliarde to the sixte pavian"などでよく遊んでいます。
またまた結構な時間なので、そろそろ…

Gemini
2008/04/20 23:51
◆◆ いずれ何らかの形で…

Geminiさん、ありがとうございます。
しつこくて <(_ _)> ぺこ <(_ _)>
でも、Geminiさんの音楽、聴いてみたいと思ったのは事実。徳島より遠そうなので、ひょういとはいけません。(笑) 首を長くしないで待っていますので、いつか!

ところで最近はIT産業やエレクトロ産業が沖縄に拠点を持つところが増えているとか。そういえば沖縄で大きな地震が・・・という話は聞かないですね。

Byrdは、ビートルズに次いで、英国の偉大な音楽家だと思います。(^_^;)
 
Papalin
2008/04/22 23:06
★★沖縄で大きな地震が・・・★★

今晩は、Geminiです
沖縄でのIT産業は政策もあり、振興されているようですね。
地震:たしかに、沖縄では大きな地震は近年では無いようですが、知人によると地震の危険性は「本土」と大差ないとのこと。以前住んでいた地域の下には活断層が走り...おお怖ゎ...しかし、大概の沖縄の人は、沖縄には地震が来ない、と信じているようで…大きな地震を経験したことのある私としては、それがまた心配ですね。

―さて、本論
私の音楽活動、社交辞令ではなく、前向きに検討しましょうね〜
Gemini
2008/04/23 00:08
◆◆ 地震の危険性は「本土」と大差ない・・・

Geminiさん、ありがとうございます。
そうですよね。日本なんかスコップでちょっと掘ったらどこでもマグマが出てきますもの。(^_^;)

> 前向きに検討しましょうね〜

ものすごい偏見ですが、音楽をだらだらやっている人より、一回音楽から離れて、また近づいた人の音楽の方が魅力があります。Geminiさんが過去からどう音楽に関わってきたかは知る由もありませんが、これは音楽に限らず言えるような気がします。

僕は最近、キリスト教の教会には全く行っていませんが、ず〜っとクリスチャンをやってる人、何も疑問を感じない人、中からしか宗教を見たことがない人、正直言って話になりません。考えは固まってるし、応用なんて利かないし。あ〜あ、言っちゃった。(^_^;)
Papalin
2008/04/24 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ 「こどものために」ほか / バルトーク 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる