◆IL DIVO◆ Ein wunderschoenes Kindlein

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Ein wunderschoenes Kindlein / Michael Altenburg (1584-1640)
URL : http://papalin.yas.mu/W702/M004/

  ◇公開日: 2008年04月02日
  ◇連続演奏時間: 2分23秒
  ◆録音日: 2008年4月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



Ceciliaさんからのリクエストの3曲目です。
"Ein wunderschoenes Kindelein"の意味がわかりません。
まず楽譜には"wuderschoenes"と書かれていますが、これはおそらく
"wunderschoenes"の間違いでしょう。そして僕の独日辞書には、
"Kindelein"という単語は見つかりませんでした。
どなたか教えてください。作曲家はルネサンス音楽の時代の人です。
「非常に美しい神のひとり子」というような意味ではないかと・・・。

*コメント頂戴して、曲名を修正しました。
ありがとうございました。 (4月5日)



使用楽器

  テノール     全音         桜製
  テノール     全音         桜製
  テノール     全音         桜製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   全音         合板製




                                   ( 4月2日 記 )


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ EYE2U

 

この記事へのコメント

2008年04月03日 07:18
日本語では「何と美しい御子」になっていましたが・・・。(Papalinさんの訳で合ってますね。)
この作曲家、ご存知ですか?
原曲を聴きたいのですが、NAXOS MUSIC LIBRARYでも聴けず、聴きたい思いが募っています。(本来合唱ですよね!?)
後半は有名なキャロルでIn Dulci Jubiloですね。
私たちはもっとゆっくり演奏しました。(模範演奏のCDがなかったので、何となくですが・・・。)
後半のキャロルはもう少しメロディーを繋げたほうがいいかもしれません。

私たちはソプラノ~バスまでのリコーダーでしたが、Papalinさんはテノール~コントラバスですね!
深みがある音がいいです!


Papalin
2008年04月04日 06:37
◆◆ この作曲家、ご存知ですか?

Ceciliaさん、ありがとうございます。
僕は知りません。ネットでカタカナでしらべても、演奏会のプログラムがヒットする程度です。

後半は有名なキャロルなのですね。それも知りませんでしたが、前半の想像したタイトルからして、宗教曲だってわかりました。歌う場合のテンポはもっとゆっくりかと思います。でも、前半4拍子、後半3拍子という構成だと、器楽の場合は、後半はアップテンポで演奏したくなります。後半をもう少しテンポを上げて演奏したら、弾むような感じも違和感がなく感じられたかもしれませんね。ちょっと中途半端なテンポでした。(^_^;)
 
Gemini
2008年04月05日 01:00
今晩は、Geminiです
-lein は縮小名詞をつくる接尾辞
私の辞書では、Kindlein=Kinderlein=Kindchenで
Kind(子供)に対しKindchen(赤ん坊、幼児、かわいい子)とあります。
余談ですが、沖縄方言でも縮小名詞を作る接尾辞「-小(-ぐゎ)」があるようで
わらば(童)⇒わらばぐゎ~
番長⇒番長小(ばんちょうぐゎ)、などとし
「かわいい」とか、ちょっと軽蔑を込めた意味に使うようです(ちなみに後者は喜納昌吉氏の歌の題名)。
Gemini
2008年04月05日 01:57
続いてGeminiです、今晩は

少々話は変わって…
リコーダーの音色を聴いて思ったのですが
本来ピアノ用の曲なのですが、バルトークの「子供のために―ハンガリー語の筈ですがBoosy & Hawkes の出版では"For children"」のかなりの曲はリコーダーアンサンブルにも合いそうに思います(Doverからも比較的安価な楽譜が出されているはずです)
私的にはVol.1の#2,3,11,15,19,28,32などですが、Papalinさんだと#12,27,30,40もOKかなと感じます。もしも気に入られたものがありましたら是非聴かせていただきたいと思います(イキナリで失礼しました)。
またまた日が替わって、結構な時刻です
また後ほど…
Papalin
2008年04月05日 06:29
◆◆ Kindlein=Kinderlein=Kindchen

Geminiさん、ありがとうございます。
ね、ね、そうでしょう?
この楽譜、とてもいい加減なんです!
(`‐´≠)凸

wunder・・・がwuder・・・になってるし、
KindleinもしくはKinderleinが
Kindeleinになっているんです。
辞書に載ってないから、
知っている単語:Kindとleinを
組み合わせて、きっと小さな子供、すなわちイエス=キリストと想像したわけですよ。

こういうことがありますと、文字だけでなく、音符も信用性が下がります。すくなくとも僕には。
TOA MUSIC INTERNATIONAL CO.さん。
立派な社名に恥じない楽譜を"売って"ね。
 
ぐゎも同じ意味なのですね。この辺りでは~っこっていうかなl。小僧っことか、わらべっこ。これは全国的なのかなぁ。

それにしても"ゎ"って、ローマ字変換ではそうやって入力するんですか? 沖縄では必須ですね。
(o^<^)o クスッ
 
Papalin
2008年04月05日 06:52
◆◆ バルトークの「子供のために」

Geminiさん、ありがとうございます。
楽譜、持ってます!
約20年前に買った全音の楽譜で、A5もしくはB6の横開きの楽譜です。バルトーク没後の1961年にリコーダー・アンサンブル用に編曲した人がいて出版されています。でも、僕の持っている楽譜は3冊で、計18曲。なので32番とかはありません。番号も恐らく違うでしょうね。

いつかやろうと思って買ってあるのですが、まだ一度も吹いたことがありません。きっかけを頂戴しましたので、やってみようかなと思いました。
(=^_^=) ヘヘヘ
 
2時ぢゃないですか。
泡盛、進みましtか?
ププッ ( ̄m ̄*)