◆IL DIVO◆ プレリュードとフーガ ト長調 BWV550 / バッハ

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Alla breve e staccato (Prelude & Fuga BWV550) / J.S.Bach
URL : http://papalin.yas.mu/W210/M008/

  ◇公開日: 2008年03月08日
  ◇連続演奏時間: 3分56秒
  ◆録音日: 2008年3月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ルッキ・スターダスト・カルテットの、全く卒のない演奏をCDで聴いたことがあります。でも相当前のことで忘れてしまいました。とにかく羨望の眼差しで聴いていました。まさか同じ曲を演奏するとは思いませんでしたが、演奏させられてしまいました。

原曲はト長調ですが、この版ではハ長調です。


画像
【 グレン・グールド 】



使用楽器

  ソプラニーノ   メック        梨製
  ソプラノ     モーレンハウエル   グラナディラ製
  アルト      メック        黒檀製
  テノール     全音         桜製



                                  ( 3月9日 記 )


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

この記事へのコメント

marcelino
2008年03月10日 11:55
どんどん、録音してますねえ~♪
素晴らしい\(^o^)/

ところで、作成日時が「2008/06/01」と…
何かのバグでしょうか
2008年03月10日 12:17
 こんにちは。
 グールドなどは、4つの声部を、同時に、完全に、歌うことができるわけです。わたしなどは、聴くのもおぼつかないくらいで、いつもうらやましく思っていました。
 考えてみれば、Papalinさんは、(厳密には同時にではないですが)4声とも、もっと完全に歌ってるわけで、そうなると、曲がまったくちがって見えてくるんでしょうね。いいなー。
 この演奏を聴いて、今さらながらそんなことを考えました。
2008年03月11日 08:50
初めて聴きましたが、楽しい曲で気に入りました!
Papalin
2008年03月13日 21:08
◆◆ どんどん、録音してますねえ~♪

marcelinoさん、ありがとうございます。
何だか、死に急いでいるようです。(^_^;)

時計を6月1日で止めてみました。
 
Papalin
2008年03月13日 21:18
◆◆ 4声とも、もっと完全に歌ってる・・・

Noraさん、ありがとうございます。
音を聴かれたらお解かりだと思いますが、そこまでの余裕はありませんでした。バッハはやはり大変ですよ。G線上のアリアなんかのゆったりした曲は別として、アップテンポの曲は大変です。楽しむ領域にまでなるには、相当吹き込まないとって感じがしました。
 
Papalin
2008年03月16日 04:51
◆◆ 楽しい曲で気に入りました!

Ceciliaさん、ありがとうございます。
機会がありましたら、ルッキ・スターダスト・カルテットの演奏も聴いて下さい。もっと軽快で、素晴しいですから。(^_^;)
 
ちなみにルッキはクライネ・ソプラニーノというソプラノリコーダーより1オクターブ高い音の出る楽器を使って演奏しています。最低音パートがアルト・リコーダーってのが凄いですよね。