幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ 夜と昼(独唱) / 新実徳英

<<   作成日時 : 2008/06/02 00:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Night and Day ( YORU TO HIRU ) / Niimi Tokuhide & Tanigawa Gan
URL : http://papalin.yas.mu/W904/

  ◇公開日: 2008年05月31日
  ◇演奏時間: 2分32秒
  ◆録音日: 2008年5月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



この曲は前にも歌っています。男声合唱版でした。
今度は独唱版。少したっぷりと歌ってみようかなぁ。


使用楽器 (キュングはまだ掲載しておりません。2本揃ったので、そのうちに・・・。)

  うた       父と母        田舎製

  アルト      メック        黒檀製
  バス       メック        楓製
  バス       メック        楓製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   キュング       楓製




                                  ( 5月31日 記 )


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
閉ざされた部屋が闇の中で「島」になる。潮騒、ひれをつけた愛。麦秋の黄金色が開く窓。空間軸が夢想の中で歪んでいくような不思議な感じ。若者はそのままで踊りながら娘呼びに行く・・・
いつもながら谷川さんの不思議な感性に酔ってしまいました。ドラマティックなアーティキュレーションが若々しい印象だった、前回の男声合唱版に比べると、確かに「たっぷり」ですね。
緩やかなテンポ、一つ一つの言葉が大切に歌われているという感じがします。いえ、言葉だけではないですね。一つの音や発声もすごく丁寧。伸びやかで力強い素敵な「夜と昼」です。今回は独唱の分、Papalinさんのお声をじっくりしっかり楽しみました。
aosta
2008/06/03 18:53
◆◆ 今回は独唱の分、Papalinさんのお声を・・・

aostaさん、ありがとうございます。
僕はゆっくり歌っても音痴なんですよ。「サメのえさ」とか「手を広げ」とか、ミファミレドって音なんですが、ミファミレドになってませんものね。練習しても上手く歌えません。歌は本当にコンプレックスです。みなさんホッとなさるでしょう?
 
Papalin
2008/06/05 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ 夜と昼(独唱) / 新実徳英 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる