幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ ブンブンブン オーストリア風   【30時間記念】

<<   作成日時 : 2008/06/01 22:11   >>

トラックバック 0 / コメント 4

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
BUN BUN BUN in Wien / Bohemian Folksong
URL : http://papalin.yas.mu/W210/M007/

  ◇公開日: 2008年03月08日
  ◇連続演奏時間: 1分50秒
  ◆録音日: 2008年3月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



お正月に聴きに行ったニュー・イヤー・コンサートでの気づきが、こんなところで役に立つとは思ってもみませんでした。やってみました、ウィンナーワルツの3拍子。

オーストリア風といえば、ウィーン風です。
どうしたらウィーン風に聞こえるでしょう?
それは、ヨハン・シュトラウスの音楽っぽくすれば良いのです。
この編曲は、パクリだらけですね。そのものズバリです。(^_^;)


画像



さて、これもどうでもいいことなのですが、一応書きます。
IL DIVO Papalinに登録されている作品のトータル時間が、
この曲で30時間に達しました。

  登録曲数: 631曲(30時間00分01秒)、
  総再生回数: 234,343回(昨日 893回)

1枚60分のCDを作ったとしたなら、30枚できる量です。
昨年の晩秋に500曲到達しましたが、今日みたいに
一日に8曲もできてしまう日もあるので、数えてみたら、
500曲到達以降は一日一曲のペースです。これも感動です。
中には音楽以外のものや、お友達の演奏もありますが、
とにかくよくぞここまで来れたなと思うわけです。

サイトを作って、運用もして下さっているyasさんに感謝し、
こうして聴いて下さる皆様に、心よりお礼を申し上げます。
どうもです (' - ' *)ゞカキカキ


使用楽器

  ソプラノ     モーレンハウエル   グラナディラ製
  アルト      メック        黒檀製
  テノール     全音         桜製
  テノール     全音         桜製
  グレートバス   キュング       楓製

  トライアングル  持ってないので、仏具で代用しました。
  タンバリン    持ってないので、ジャンベと鈴で代用しました。



                                  ( 3月9日 記 )


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
3つ聴き比べてみて・・・それぞれ楽しかったですが、これが一番好きです♪テンポの変化などに遊び心を感じます(^^) 気分はニューイヤーコンサート♪
それから「持ってないので、仏具で代用しました。」に妙に受けてしまいました。何でも楽器になるのですね。うちの宿六は、実家に帰ると仏壇の「りん」をしつこく慣らすし(坊さんの真似)、家では私が買ってあげた(というより買わされた)ヴァイオリンもキーボードもつかわずに、箸とお茶碗でショスタコーヴィチの曲を演奏するので、私は切れかかっています(爆)
Fu Shusei
2008/03/12 16:33
オーストリア風蜂さんの3拍子も、
でぇ〜じ上等(沖縄語ですみません)。
コンサートでもなかなかこんな3拍子は
聴けなくなってしまいました。
Gemini
2008/03/13 20:54
◆◆ これが一番好きです♪

Fu Shuseiさん、ありがとうございます。
ウィーン風に一票入りましたね。(^-^ )

相当旋律もいじっているのですが、それでもブンブンブンに聴こえるってのが凄いね。

> 箸とお茶碗でショスタコーヴィチの曲を

すごい相棒ですね。
仏具はなかなか良い音がしますです。
 
Papalin
2008/03/20 16:32
◆◆ でもなかなかこんな3拍子は聴けなく・・・

Geminiさん、ありがとうございます。
戴いたコメントを分割させて戴いてから、相当時間が経ってしまいました。すみません。

沖縄語を調べてみました。週刊沖縄ふぁんに出ていました。

★でーじ・しに
 どちらも強調するときに使う。
 「でーじ上等」「しに上等」と言うように
 使う。「でーじ」より「しに」の方がより
 強い。「でーじ」は「とっても」で、
 「しに」は「超」のつもりで使うとよい。

なるほど〜。
ありがとうございます!
 
Papalin
2008/03/20 16:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ ブンブンブン オーストリア風   【30時間記念】 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる