◇Rocorder◇ リコーダーの増殖

我が家のリコーダーが増殖しています。
それぞれ個性があるので、違った個性に興味がわきます。

Papalinが今までに手にしてきた楽器はみな特徴が似ています。
透明で澄んだ音がして、遠くまで響くような硬質な音のする楽器でした。
でも、実はこの特徴を得ることによって犠牲になる特性があります。
それはダイナミックさです。
美しい女性が割と小さくまとまってしまっているのと似てるかも。

そこで、今度は太い音のする楽器、息が沢山入る楽器をあさっています。
そんな背景があってゲットした楽器、まず2本を紹介しましょう。
これからリコーダーを購入される方のお役に立てたら嬉しいです。

12月にもう一本。そして来年の4月にはもう一本増える予定です。(^_^;)








画像

【全音のテナーリコーダー 材質は桜 日本製らしくていいでしょう?】




画像

【全音の秘蔵子:竹山リコーダーのソプラノ 待望のバロックピッチです】





こんなページを作り始めています。
まだ途中ですが、この中にこれらの録音を組み込む予定です。
前回のオールキャストの方もヨロシク。(^-^ )



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

この記事へのコメント

2007年10月25日 08:28
新しいテナー・リコーダーは桜・・・
深くて柔らかい音です。
サンサーンスの「白鳥」のイメージがぴったり!

やっぱり木星の、おっと違いました、木製の音には暖かさがあります。吹き込んでゆくのが楽しみですね。
2007年10月25日 08:36
竹山リコーダーのソプラノ、ファンが多いですね。
でもPapalinさんは始めての竹山。
さてどんなアンサンブルが実現するのでしょう。
ソプラノというと、もう少し硬質な音かしらと思いましたが以外に柔らかい音でした。
テナーリコーダーもそうですが、今回のリコーダーは二本とも良く鳴りますね。ヴォリュームのある音です!

芝生のみどりも秋の気配ですね。
Papalin
2007年10月27日 15:52
◆◆ 「白鳥」のイメージがぴったり!

aostaさん、ありがとうございます。
音の紹介にさて何の曲を吹こうかなと思ったときに、低音楽器の曲で真っ先に頭に浮かんだのは、同じくサン=サーンスの動物の謝肉祭から、象さんのテーマでした。でも白鳥になったのは、どんな理由からだったか、忘れてしまいました。

あ、思い出しました。「象」より「白鳥」の方が音域が広くて、上から下まで色んな音を聴いて戴けるかなと思ったからでした。曲自体も美しいですしね。
(^-^ ) ニコッ
 
Papalin
2007年10月27日 16:04
◆◆ ヴォリュームのある音です!

aostaさん、ありがとうございます。
音を聴かれて、そう感じられましたか? でしたら願ったりです。今回の2本の購入目的は、よく鳴ること、ぼ~ぼ~息が入ること。そういう意味で、今まで手に入れてきた楽器と対極的な位置にある楽器なのです。そうですか、わかりましたか。嬉しいなぁ。
 
agnus
2007年11月27日 07:27
桜のテナー落ち着いてゆったりとした感じですね。
武山ソプ素朴な優しさがありますね。林の中で吹くと鳥みたいでしょうね。
私はメックのソプとアルトをもっています。
どちらも、アンサンブルのリーダーが調達してきてくれたものですが、ソロ用ではなくてアンサンブル向きの音質音色です。どちらもちょっと硬めです。
Papalin
2007年11月27日 22:36
◆◆ アンサンブル向きの音質音色です

agnusさん、ありがとうございます。
いいですね。硬めな音でも、よく溶け込んでくれる音色の楽器ってありましょう。芯がある音がでないと、アンサンブルの中間声部専用になってしまうかもしれませんね。

そういえば、竹山のソプラノ、まだ IL DIVO Papalinでお披露目してなかったですね。どの曲にしようかなと、決めかねております。(^_^;)
 
マルセリーノ
2007年11月28日 03:37
お久しぶりです。昨夜書き込もうとしたら、サーバーメンテナンスのようで、書き込めなかった~汗

新しい子供達が増えましたね。
なかなか素敵な子供達。
大切に育ててくださいませ。

私は貧乏なもので、相変わらず全音のプラ管でピロピロとやっております(^_^;)
Papalin
2007年11月28日 21:50
◆◆ 相変わらず全音のプラ管で・・・

マルセリーノさん、ありがとうございます。
私は「今更プラスティックなんて!」とずっと思っていたのですが、最近、プラ管を見直しております。曲に寄って、使い分けています。なかなかです。

今日、マルセリーノさんの演奏サイトを知って初めて伺いました。そこで演奏されていたのは、木管型の電子楽器ですか? リコーダーとはまた違って、太い堂々とした音がしましたね。
 
メンテナンス、終わったようです。
それにしてもすごいタイムスタンプ!