◆IL DIVO◆ 月の光 ~ ベルガマスク組曲 (ドビュッシー)

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Clair de Lune from "Suite Bergamasuque" (Debussy)
URL : http://papalin.yas.mu/W206/M006/

  ◇公開日: 2007年10月23日
  ◇連続演奏時間: 3分24秒
  ◆録音日: 2007年10月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ベルガマスク組曲という名前は知らないけど、「月の光」なら知ってるよって、そんな声が聞こえてきそうな、クラシック音楽の中でもかなりよく知られた、あるいはどこかで耳にしたことのある曲だと思うのですけれど、聴くのと演奏するのとは大違いでして、美しいメロディのところ、あるいはメロディのパートは思いっきり歌っちゃえばそれでいいのですが、伴奏パートのアルペジオは結構大変なわけで、瞬きもせずに一生懸命演奏していたりするのですけれど、そうは言っても、リコーダーで演奏しやすい調というのがありまして --- それはリコーダーが活躍していた時代の音楽であるバロック音楽によく出てくる調で、つまり演奏者が慣れている調であったり、あるいは比較的#や♭の臨時記号が少ない調であったりということなのですが --- この曲も、そして今まで演奏してきたドビュッシーの5つの作品は易しい調で編曲して下さっているので、演奏する側としてはそれだけでも随分と助かったわけであり、やっぱり文章は箇条書きに近いくらいが読みやすいということを身を持って知ったわけですが、気立ての優しいPapalinは(?)、そのなんて申しましょうか、ここに来られて今こうしてお読みになっているお客様は、ご自分の人生の大切なお時間をわざわざ割いて、このつたない演奏を聴いて下さっているわけですので、つまりその、お聴きになっていらっしゃるお時間を無駄にすまいと、こうして一生懸命になって読み物を用意していたりするのですが、わざわざ時間を掛けて読んでも全然面白くないし、殆ど内容のない文章ですから、それもまた申し訳ないと一方では思うのでして、それじゃライナーノーツのようなことでも書こうかというと、それもまたどこかから借りてきた文章になってしまうし、それに重くなってしまってパパルテットの演奏と不釣合いになっちゃうから、それもまた僕の意図するところではなくなってしまうし、でも本質的なことに触れると、こうしてお目を拝借することによって、肝心な演奏の方に向かうべきお耳の注意力を逸らしてしまっているわけで、それも僕の本位ではないので、こんな長い一つの文章はやめるべきだと、だんだんと思うようになってきたわけですが、折角ここまで書いてみたので、消してしまうのももったいないし、お読みになる方のご迷惑も顧みずに、そのままにしてしまおうという、結構わがままで自己中心的なPapalinでして、ついでに言いたい放題を言わせて戴いたりなんかすると、ショパンとかドビュッシーとか、決してイケメンではないお顔立ちの方がこんなにロマンティックな音楽を作られるというのは、やはり世の常なのでしょうかねぇ・・・。 (._・)ノ コケ

ということで、我が愛する ドビュッシーのシリーズは終わりです。
これに伴いまして、IL DIVO Papalinの方も、ドビュッシーを独立させました。
ご静聴、ありがとうございました。 <(_ _)>

エオリアンさん編曲の譜を使わせて戴きました。エオリアンさん、感謝です。


画像
【最愛の一人娘さんと --- ドビュッシー】



使用楽器

   (1) ソプラノ      モーレンハウエル 木製
   (2) アルト       メック        木製
   (3) テナー       ヤマハ       プラスティック製
   (4) バス        メック        木製
   (5) グレートバス   ヤマハ        木製





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

この記事へのコメント

2007年10月24日 14:43
 こんにちは。
 ドビュッシーシリーズ、たっぷり楽しませていただきました。
 ドビュッシーは色彩感豊かなイメージがあるのに、ピアノ曲ばかりなので、たまにこのようにちがう楽器で聴くと、またぐっと世界が広がりますね。
 というか、意外とリコーダーにあってるので、驚きました。
 昔聴いた冨田勲さんのドビュッシーのアルバムが思い出されて、懐かしかったです。
2007年10月25日 00:05
ちょっとちょっとちょっと!
今日こそは「パスピエ」だと思ってたのに、どういうことですか!?
「パスピエ」こそリコーダーでしょうが!(怒)
やってよー。

えー、ドビュッシー、モテモテだったそうですよ。
女性に。そして、サティもドビュッシーに惚れてたそうです。
オンナもオトコも魅了したドビュッシー。オトコは顔じゃないってことですね。
2007年10月25日 12:46
こんにちは。
『月の光』、とってもいいですね。
青い月光が夜のしじまを水のように濡らしていくようです。Noraさんも仰っていますが、ドビュッシーの音には色がありますね。この「月の光」は、言うまでもなく冷たく透明な水を思わせる青。
繊細なアルペジオ、まるで青い月のしずくになったようです。手を浸せば、その手も青く染まってしまいそうな、しっとりとしたリコーダーの音色ですね。

ねこまっくさん、ご無沙汰しています。
(こんなところからでごめんなさい)

>オトコは顔じゃないってことですね。

オンナも一緒ですね!!!!
Papalin
2007年10月27日 09:01
◆◆ 意外とリコーダーにあってるので・・・

Noraさん、ありがとうございます。
リコーダーって、きっとどんな曲でもそれなりになっちゃう楽器なのかなって思います。だからこういう路線も僕は好きだし、思いっきりリコーダーのオリジナル作品も好きだし、ルネサンスもバッハもです。(^-^ )

そうそう。
僕はドビュッシーの一連の作品を初めて知ったのは、ピアノより先に、富田勲さんのシンセサイザーによる演奏でした。シンセの音が衝撃的でした。
 
Papalin
2007年10月27日 12:54
◆◆ 「パスピエ」こそリコーダーでしょうが!

ねこまっくさん、ありがとうございます。
え? そうなの?
楽譜あさりの名人Papalinと致しましては、ご厄介になっておりますお三方の楽譜を食べ尽くしてしまいましたので、これで一旦お開きとさせていただいたのですが、リコーダー用の楽譜がないのよ~。横着なPapalinと致しましては、自分で楽譜を作る気力はないし・・・。だから楽譜を提供して下さるお三方には本当に感謝しています。

> サティもドビュッシーに惚れてたそうです

一瞬、サティの性がわからなくなりました。
異性愛偏重志向のPapalinとしては、
かなりドキッとする発言でした。

> オトコは顔じゃないってことですね。

安心して眠れそうです。(^-^ )
 
Papalin
2007年10月27日 16:22
◆◆ アルペジオ、まるで青い月のしずく

aostaさん、ありがとうございます。
青い月の雫ですか・・・。
演奏者は、青い顔の未熟者でした。(^_^;)

ピアノって、88個も音が出ていいなと思うのは、リコーダーって2オクターブしか出ません。ルネサンス・リコーダーとかなりますと、1オクターブ半強です。なので、ピアノ曲の分散和音のアルベジオは超苦手です。なので、リコーダーの曲には、せいぜいあっても1オクターブちょっと位の間でのアルペジオになります。なので、2パートで仲良くアルペジオをやるってのは馴染みがありません。まして、心が通ってないと、共同作業としては難しくなります。

とか何とか言い訳していますが、要はまだ未熟者。綺麗なアルペジオに聴こえないのは、後発パートが悪いんだと、仲間割れをしております。(^_^;)
 
悠&騎士
2007年11月28日 21:00
白馬の騎士かずです。
リコーダーすごかったです!
しかもピアノ曲を吹けるなんてすばらしい!!/

悠です。
アラベスクが、素敵な表情で現れてくれて、感動です!
また、親子で楽しませていただきますね。
騎士は、Papalinさんのファンです☆
Papalin
2007年11月30日 06:40
◆◆ 白馬の騎士かずです。

白馬の騎士かずくん、
お出まし、ありがとうございました。
かずくんに喜んでもらえるように、
これからも頑張るので、
応援してね! (^-^ )
 
悠さん、ピアノ曲にも挑戦していきます。
宜しくお願いします。