◆IL DIVO◆ アラベスク 1番 (ドビュッシー)

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Arabesque No.1 (Debussy)
URL : http://papalin.yas.mu/W206/M006/

  ◇公開日: 2007年10月14日
  ◇連続演奏時間: 4分38秒
  ◆録音日: 2007年10月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



やっぱりダメだ。後期ロマン派は多重録音は無理だ!

その昔、ショパンに挑戦してみたことがあるのです。
後期ロマン派にインテンポの音楽は多分ないだろうと思っています。
だから、ショパンのときと同じように、テンポ・ルバートで演奏しました。
ところが、うまくいったためしがないのです。(^_^;)
でも公開しちゃうのです。
( ^.^)( -.-)( _ _) ユルシテ~

楽譜は、エオリアンさんの提供によるものです。
ありがとうございました。


画像
【最愛の一人娘さんと --- ドビュッシー】



使用楽器

   (1) ソプラノ      モーレンハウエル 木製
   (2) アルト       メック        木製
   (3) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (4) バス        メック        木製
   (5) グレートバス   ヤマハ        木製





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

この記事へのコメント

2007年10月15日 06:49
おはようございます。
ルネサンス音楽に続いてホルストがアップされたときも驚きましたが、今回のドビュッシーは完全にフェイントです!!後期ロマン派、それもドビュッシーのピアノ曲とは・・・
ピアノのぽろぽろとこぼれるように分散していく音のイメージが、リコーダーになると包み込むように柔らかく流れていきます。ルネサンス音楽とはテンポ感が全く違うだけでなく、各パートが入り乱れて(笑)旋律を作っていく感じに聴こえてきます。
アラベスクとは、もともとはイスラムの華麗な唐草文様を指す言葉でしたね。流麗な曲線が繰り返す精緻で美しいデザイン、リュートのローズホールの装飾にも使われています。ドビュッシーが何を意図してこの曲にアラベスクという名前をつけたのか存じませんが、繰り返し、優しく上下する旋律は、確かに優美でリズミカルなアラベスク文様を思わせますね。
引き続き2番の演奏を期待してもよろしいのでしょうか?
Papalin
2007年10月15日 19:46
◆◆ 各パートが入り乱れて(笑) 旋律を・・・

aostaさん、ありがとうございます。
楽譜を見て戴けるといいのですが、3連符のアルペジオは、各パートを行ったり来たりします。ところが、多重録音の場合、最初に録音するパートは、行ったり来たりの、"来たり"の部分が録音されていません。だから、来たものと思って録音するのですね。そこが辛いところで、"思って"というのはあてになりません。後から"本物"が登場してきても、その"思った"通りには演奏してくれないのですね。

テンポルバートは、多重録音の天敵です。
(^_^;) (^_^;) (^_^;) (^_^;) (^_^;)
 
アラベスク模様、いいですね。
でも、引き続き2番はございません。
<(。_。)> モウシワケナイ
 
2007年10月17日 01:08
これもリコーダーだけで演奏可能だなんて、思いつきもしませんでした!いやぁ、Papalinさんのチャンレジ精神と、やって本当に出来てしまうテクと、音楽性に、本当に脱帽です!
Papalin
2007年10月17日 22:42
◆◆ リコーダーだけで演奏可能だなんて・・・

Yoshie Kubotaさん、ありがとうございます。
つまりリコーダー愛好家は、何でも演奏しちゃうというか、雑食タイプなんでしょうかね。でも、ピアノ1台でベートーヴェンのシンフォニーを全曲弾いちゃうようなリストみたいな人もいたわけで・・・。
 
agnus
2007年11月14日 11:09
Papalinさん、こんにちは。
mixiの日記からこちらのページに来て初めてカキコします。なんか、とっても芸術的な雰囲気のページなので、うわっ、書いていいのかな^^;って、迷っていたのですが思い切って書いちゃいますね。
アラベスク、大好きなんです。
で、早速クリックしましたが、
家なら再生できるのですが、
職場のPC(これも私物ですが)では
うんともすんとも言いません(>_<)
家に帰って聴かせていたさきますね~。
agnus
2007年11月15日 00:40
Papalinさん、こんばんは。
今、アラベスク聴いてます~(^^)v
リコーダー版アラベスク
落葉松林の風の中で聴いてるみたいな
安らぎの世界ですね。
今晩はドビュッシーの連続再生でくつろぎますね~。
Papalin
2007年11月16日 06:20
◆◆ とっても芸術的な雰囲気の・・・

agnusさん、ありがとうございます。
そして、ようこそお出で下さいました。

身に余るお言葉を頂戴しましたね。実は雰囲気だけだったりして。(^_^;)
お時間のあるときに聴いてみて下さい。500曲を越えてしまいましたから、全部聴こうなんて無理ですよ。(^-^ )
 
2007年11月16日 10:12
アラベスクとは驚きました。
柔らかく、雰囲気が素敵ですね・・!
何かが織り上げられていって、柔らかい空気がたちのぼってくるようです。

リコーダーの多重録音ということを時々忘れちゃいます(笑)
Papalin
2007年11月16日 21:13
◆◆ 落葉松林の風の中で・・・

agnusさん、ありがとうございます。
唐松の落葉の景色と合うかもしれませんね。コメントを拝見して、僕の脳裏にその光景がしっかりと浮かびました。そして流れているのは、テンポルバートの変なリコーダー。まぁいっか。(^_^;)

この夏、リコーダーの先生に教わったことで、とても勉強になったことが幾つかあったのですが、その中で「インテンポでの演奏で充分音楽を表現できる」ということがありました。先生がそう仰ったのではないのですが、僕が先生の教えの中で感じ取ったことです。リコーダーでのドビュッシーやショパン。今度はインテンポで真っ向から勝負してみたいと思っています。こんなところで宣言しちゃいました。(笑)
 
Papalin
2007年11月16日 23:27
◆◆ 何かが織り上げられていって・・・

悠さん、ありがとうございます。
ミルフィーユみたいな曲・・・ですかね。(笑)

ドビュッシーとかショパンとか、リコーダーという楽器とは対極的にある楽器だと思っていましたら、結構行けますね。発見でした。
 
薫風
2008年02月01日 09:41
多重録音の超上級演奏を聴いています。
難しさは重々承知の上で音楽がどんどん透明になっていくのを感じます。
想うところあって少し前はこの演奏を聴くのが辛かったのですが今は音楽の揺れに身をまかすと安らぎを覚えます。テンポルバートが品良くきいています。
テンポルバートは音楽の伸び縮み。伸びたり縮んだりする中でのインテンポがあるのだと思っていますが
その加減が難しいですね。品の良いテンポルバートは
心から安らげます。
Papalin
2008年02月01日 21:35
◆◆ 超上級演奏を聴いています・・・

薫風さん、ありがとうございます。
誤解を招くような書き方をしてしまいました。この曲は超上級の多重録音テクニックが求められるということを言いたかったのです。Papalinの演奏自体は低級です。(^_^;)
 
薫風
2008年02月02日 00:35
♪Papalinの演奏自体は低級です。(^_^;)

テンポルバートいいですよ
Papalin
2008年02月04日 06:17
◆◆ テンポルバートいいですよ

薫風さん、ありがとうございます。