幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ バンケット・ムジカーレ (シャイン)

<<   作成日時 : 2007/11/10 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 10

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
"Banchetto Musicale" 10 (Schein)
URL : http://papalin.yas.mu/W206/M001/

  ◇公開日: 2007年10月9日
  ◇連続演奏時間: 6分3秒
  ◆録音日: 2007年10月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



北御門さんの長〜い舞曲集が終わったら演奏したいなと
思う曲がいくつかありました。ようやくそれが叶いそうです。

では何からやろうか。何とまた舞曲を演奏してしまいました。(^_^;)

4月に「スプリング・コンサート」で演奏した曲です。
楽譜はブロークン・コンソート用。ヴィオラ譜(ハ音記号)があります。
さてどうしたものか・・・。
『楽譜を書き直すのも鬱陶しいしなぁ。そのまま一音上を演奏するか。』
しかし、大変でした。速さについていけないよ〜。でも頑張りました。

一曲目では、ギターとチェロを入れてみました。
でも、ミックスダウンの段階で、チェロは没になりました。
あまりにも音程がひどいので、 d(゜ー゜)o アウチ!


画像



ギターのメーカーは、なんと"シャイン"


画像



のようにも見えますが、Sヤイリです。(^_^;)
ちなみに古楽器ではありません。(^_^;) (^_^;)




Johann Hermann Schein   ""Banchetto Musicale" 10"

Padouana, Gagliarda, Courente, Allemande&Tripla   −−−−−−  

   −−−−−−−−−  Sn/S/A/T/B/GB/CB + Guitar + Perc.




使用楽器

   (1) ソプラニーノ    メック         木製
   (2) ソプラノ      モーレンハウエル 木製
   (3) アルト       メック        木製
   (4) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (5) バス        メック        木製
   (6) グレートバス   ヤマハ        木製
   (7) コントラバス    ゼンオン       木製

   (8) ギター       Syairi        日本製
   (9) 打楽器 その1 太鼓
   (10) 打楽器 その2 鐘





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
シャインのこの曲、
ルネサンス・コンサートで初めて聴いたときから印象に残っていました。ルネサンスの舞曲は、雰囲気が似た物が多く、はっきりこれ、と覚えているものが少ないのですが、このシャインの曲はいっぺんでおぼえました。ソプラニーノのすべらかなスラーとトリルがうっとりするほど美しいですね。
リュートより響いてしまうギター、どんな風に使われたのかしらと思っていました。メロディアスで物寂しいPadouanaの雰囲気に良く似合って驚きました。
最後のゆっくりとした音階が旋回するように繰り返されるところ、静かなうちにもひそやかな熱情のようなものが感じられて、とても好きです。
aosta
2007/10/10 06:34
続くガリヤルド、うって変わって、軽快に弾む、躍動感に満ちた曲。太鼓のリズムに思わず身体が動いてしまいます!軽くなりすぎないのは、低音リコーダーの深い音色と響きがあるからなのでしょうね。
クーラントではパドゥアナのあの繰り返しが出てきましたが、テンポが違うと雰囲気も随分違います。
Allemande&Tripla。
ソプラニーノの響きも愛らしい曲が、太鼓が入ってふっとリズムが変わり一気に大円団へ。刻むようなソプラニーノの音とソプラノリコーダーの掛け合い、いつも苦手と仰るタンギングもしっかり効いて、なんて歯切れのいい演奏でしょう!

>北御門さんの長〜い舞曲集が終わったら演奏思う曲がいくつかありました。

なるほど、気合の入った演奏です!!
aosta
2007/10/10 07:06
◆◆ ギター、どんな風に使われたのか・・・

aostaさん、ありがとうございます。
実は、前半はギターだけのコンソート、後半はリコーダーだけのコンソート・・・なんて考えていたのですが、テクが追いつかなかったのと、やっぱりフォークギターだと感じがね〜。この楽器は、さだまさしで使いたいと思いました。(^_^;)

1曲目のPadouanaの終わり直前のところは、声楽でよく使う技なのですが、リコーダーでやっても可笑しくないですね。ちょっとお気に入りです。

この第10番、とても印象的な曲ですね。
 
Papalin
2007/10/10 07:23
◆◆ ガリヤルド、うって変わって軽快に・・・

aostaさん、ありがとうございます。
実はテンポ設定にちょっと頭を悩ませた曲でもあります。僕としては、ちょっとテンポを抑えた演奏です。次のクーラントを多分に意識しました。でも躍動感は太鼓の使用で出ましたでしょうか。

4フィートにちょっと引きずらせるような演奏をさせて、8フィートで躍動するという、逆転の発想でした。
 
Papalin
2007/10/10 07:27
◆◆ パドゥアナのあの繰り返しが・・・

aostaさん、ありがとうございます。
そうそう。この第10番、結構しつこいですよね。でもそこがいいのかも知れません。一回聴いて覚えてしまうというのも、このしつこさにあるかもしれませんね。演奏を聴いたあと、頭の中に♪タンタカタンタン、タンタカタンタン♪って鳴っていませんか?
(o^<^)o クスッ
 
Papalin
2007/10/10 07:29
◆◆ ソプラニーノとソプラノリコーダー・・・

aostaさん、ありがとうございます。
二人は決して仲良しではないのですが、ここでは競演させてみました。しかも全く同じパートを一オクターブで。まぁまぁでしたでしょうか。

ちなみにこの曲集の中で一番好きなところは
Padouana と Courente の後半に出てくる
上昇音階です。ぞくぞくしませんか?
 
Papalin
2007/10/10 07:33
いい雰囲気でてますね〜!
ギター・太鼓・鐘・それからソプラニーノ、それぞれがとても効果的に使われていて、とてもうきうきしながら拝聴いたしました。楽器用法から言っても、「完成度が高い」演奏だと思いました。
beingreen
2007/10/15 09:38
◆◆ とても効果的に使われていて・・・

beingreenさん、ありがとうございます。
やはり曲が増えて参りますと、色んな楽器を使いたくなりますね。様々な楽器でのブロークン・コンソートの良さを痛感しております。
 
Papalin
2007/10/15 19:51
シャインの音楽の花束のPaduana、ソプラノとソプラニーノとのユニゾンが非常に美しい効果を挙げていたように思います。それに花を添えていたのがゆっくり目のトリルとビブラートといったところでしょうか。近いうちにipodでも購入してPapalinさんの演奏を録音し、サイクリングの友としたいなと考えているところです。では。
自称筋肉マン
2008/01/11 00:43
◆◆ シャインの音楽の花束のPaduana

自称筋肉マンさん、ありがとうございます。
自称筋肉マンさんの博識には今更ながら驚かされております。僕はこのシャインという作曲家はちょうど一年前位に知ったのですが、こうした曲集だけで20位出版しているのですね。しかもどれもみな同じ曲目構成で、非常に律儀な作曲家だったんだなぁなんて思ったものです。

とっても美しいメロディとその変奏だったので、色々遊んでみました。当時の流儀ではありえない演奏だと思っておりますが、楽しかったです。(^-^ )
 
サイクリングのお供にですか?
選曲を間違えないで下さいね。
レクイエムとかも歌ってますので。(^_^;)
 
Papalin
2008/01/12 08:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ バンケット・ムジカーレ (シャイン) 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる