幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ カンツォーナ (マスケラ)

<<   作成日時 : 2007/10/18 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Canzona (Florentio Maschera)
URL : http://papalin.yas.mu/W207/M002/

  ◇公開日: 2007年9月24日
  ◇連続演奏時間: 3分16秒
  ◆録音日: 2007年9月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



後半は、しっとりとした”いい曲”が続きます。
8曲目からの後半は、イタリア人:マスケラの「カンツォーナ」で始まります。
ポリフォニーの教科書のように、一声ずつ音を増して行きます。
最後の4番目にコントラバス・リコーダーが入ってくる辺り、
自分で多重録音をしていても、ぞくぞくします。
そうなんです。北恩門さんの曲集、従来とはやり方を変えて、
高声部から段々に重ねていってるのです。

ありゃりゃ、今回の解説は、ちょっと喋りすぎですね。 (_ _ (--;


使用楽器

   (1) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (2) バス        メック        木製
   (3) グレートバス   ヤマハ        木製
   (4) コントラバス    ゼンオン       木製



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
後半は新鮮な驚きの曲ばかり。
聴き込むほどに味のでる曲たちですね。
1曲目は
オーソドックスな教科書どうりの音の構築。
それが気持ちを整然としてくれます。
襟を正して聴かせていただきました。

かおる
URL
2007/09/26 10:32
◆◆ 後半は新鮮な驚きの曲ばかり・・・

かおるさん、ありがとうございます。
前半最後の曲(と勝手に思っている)セレンガーラウンドは学生の頃よくえんそうしましたが、この曲集で馴染みのあるのはそれのみでした。後半5曲は殆ど記憶がありません。というか、楽譜をみた感じで、あまり楽しそうじゃないなという印象でした。今回、嫌が応にも演奏せざるを得なくなって、この5曲の良さを改めて知ったところです。
 
Papalin
2007/09/28 05:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ カンツォーナ (マスケラ) 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる