◆IL DIVO◆ ファンタジア (トマス・ルポ)

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Fantasia (Tomas Lupo)
URL : http://papalin.yas.mu/W207/M002/

  ◇公開日: 2007年9月24日
  ◇連続演奏時間: 2分46秒
  ◆録音日: 2007年9月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



2曲目は、トマス・ルポというイギリスの作曲家による「ファンタジア」です。
1曲目と趣向を変えて、8フィートの楽器を使って低音で演奏してみました。
最低音を受け持つコントラバス・リコーダーのパートが、
音が高いのと、臨時記号だらけで、ちょっと大変でした。


使用楽器

   (1) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (2) バス        メック        木製
   (3) グレートバス   ヤマハ        木製
   (4) コントラバス    ゼンオン       木製



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

この記事へのコメント

2007年09月26日 09:11
コントラバスリコーダーで臨時記号がいっぱいなんて大変でしたね。
トマス・ルポ。イギリスの作曲家ということですが、私のイギリス音楽のイメージは、イギリスが世界制覇をめざすお国柄ということもあって。自己主張や自己顕示が見え見えな音楽を考えています。
後で演奏されるバードもそうですが「ファンタジア」で、それを表現するのは難しいですね。
Papalin
2007年09月27日 06:41
◆◆ 自己主張や自己顕示が見え見えな・・・

かおるさん、ありがとうございます。
私は"フランスもの"だけは、お国柄というものを感じますが、その外に関しては案外先入観はありません。それは当時の演奏語法とかを突き詰めて、再現することが私の目的ではないからです。曲を最小単位として、楽譜から感じるインスピレーションを大切にしています。