幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ 恋する人たちよ、おいでなさい

<<   作成日時 : 2007/09/07 00:29   >>

トラックバック 0 / コメント 2

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Come, lovers, follow me
URL : http://papalin.yas.mu/W207/

  ◇公開日: 2007年9月5日
  ◇連続演奏時間: 1分52秒
  ◆録音日: 2007年9月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



イギリスの16世紀の作曲家、トーマス・モーリーの歌曲。

A-A-T-Bの軽やかな演奏がお似合いの曲だと思うけれど、
あえて、B-B-GB-CBで演奏してみた。
要は軽やかに演奏すればいいのだ。

ところがこれは大変だった。
ヤマハのキーの安っぽい音はいかんなぁと、逃げてはいけない!
意外としんどかったのが、グレートバス(GB)だ。
左手の親指が死にそうになる。この楽器は制限時間がありそうだ。
コントラバス(CB)のオクターブ・キー操作がへたくそ。
だから高音が酷いね。
ひょっとしたら、この楽器は、低音の一オクターブがいいのかもしれない。



使用楽器

   (1) コントラバス    全音         木製
   (2) グレートバス   ヤマハ        木製
   (3) バス*2       メック        木製



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いままでですと、一番低い音だったバス・リコーダーが今回は最高音で旋律を演奏しているのですね。

>A-A-T-Bの軽やかな演奏がお似合いの曲だと思 うけれど、

曲のタイトルからすれば、私もそう思いました。
でも実際に演奏を聴いてみれば、グレートバス、コントラバスの柔らかな重なりがなんとも心地よくって、
「おいでなさい」といわれれば、ふたつ返事でついていってしまいそう(笑)。

キーの音。
これは免れようもないことですね。
むしろ私には、Papalinさんの演奏の指の動きが感じられるようで嬉しくなりました。
無駄のない、美しいと言ってもいい指の動きです。

波のように揺れて繰り返すグレートバスとコントラバスの響きが美しいですね。

aosta
2007/09/08 05:30
◆◆ 波のように揺れて繰り返す・・・

aostaさん、ありがとうございます。
そうです!
GBとCBでは、音の長さが倍なんですが、同じことをやっていますね。よく聴かれていらっしゃると思いました。嬉しいです。

キーの音ですが、余裕のあるときには、なるべく音をさせないように意識が向きます。でも、速い曲は一杯いっぱいで。(^_^;) YAMAHAのキーですが、どう見ても安っぽい。だからキー音も安っぽい。メックのバスリコーダーのキー音は好きなんですけど・・・。

> 「おいでなさい」といわれれば、ふたつ
> 返事でついていってしまいそう(笑)。

裁判所を装った詐欺には気をつけましょう。
(o^<^)o クスッ
 
Papalin
2007/09/08 14:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ 恋する人たちよ、おいでなさい 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる