◆IL DIVO◆ 見上げてごらん夜の星を

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
"Miagetegoran Yorunohoshiwo"
URL : http://papalin.yas.mu/W810/

  ◇公開日: 2007年8月31日
  ◇連続演奏時間: 2分48秒
  ◆録音日: 2007年8月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



TYSMの初顔合わせ。
僕は、もう一つの歌:さとうきび畑の練習だけで、
時間一杯かなと思って臨んだのですが、
皆さんがまず手にして話し始めたのはこちらの曲でした。

僕の準備不足は否めませんでしたが、それでも、どう歌いたいか、
コンセンサスを得て、音楽が一つにまとまりました。
その僕からのお願いはこうでした。
「はるか昔のこととは思いますが、中学生の頃に戻って、
”二人なら苦しくなんかないさ”のメッセージを
皆さんの生徒さんたちである子供たちに伝えましょう。」


  TYSM:   T先生(Sop) & Y先生(Sop) & S先生(Alto) & Papain(Male)
  ピアノ:   T先生のお嬢さん
  録音場所: S先生宅のレッスン室


PS:このヤマハの「クラス合唱ミニアルバム」という曲集、いいね。
  アルト・パートを除いて、音はそんなに難しくないし、
  もう一曲入って¥650というのもいい。
  また歌いたいなぁ・・・って、本番はこれからだった。(^_^;)


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

この記事へのコメント

かおる
2007年09月02日 01:48
”二人なら苦しくなんかないさ”のメッセージ
私も伝えたいです
Papalin
2007年09月03日 21:26
◆◆ メッセージ

かおるさん、ありがとうございます。
子供たちへのメッセージですね。
 
2007年09月04日 06:18
おはようごじます。

この曲もいいですね。
懐かしい曲、優しく暖かい曲。
ああでも、TISMの歌を聴き、ブログ記事を拝見するまで、この歌は幸せな恋人達二人のための曲だと思っておりました。
でもこうしてしみじみと聞きなおしてみると、この歌はは全ての人々のためのメッセージなのですね。

>”二人なら苦しくなんかないさ”のメッセージを
皆さんの生徒さんたちである子供たちに伝えましょう。」

一人では小さくて弱い。
でも私達は一人ではない。
そのことに気が付いたとき人は強くなれる。
言葉では伝えることができなくても、歌には音楽には、それができるんですよね。
それも一対一ではなく全ての人たちに向けて。
Papalin
2007年09月05日 07:44
◆◆ 歌には音楽には、それができる・・・

aostaさん、ありがとうございます。
昔は何にも思わずに歌っていたものです。
でも、いま一番苦しんでいるのは、小さな子供たちかもしれません。親はこの超ハイスピード時代に遅れまいと必死に生きていて、子供の心の中まで手がまわってないのが実情でしょうね。

でも、親が必死に生き抜いていたのは、今も昔も変わらないことなのかもしれません。

何が違うんででしょうね。
子供たちに聞いてほしい曲です。