◆IL DIVO◆ ヘンデル / リコーダー・ソナタ イ短調

画像
Haendel / Sonata in a minor Op.1-4
URL : http://papalin.yas.mu/W102/M002/

  ◇公開日: 2007年4月24日
  ◇連続演奏時間: 9分46秒
  ◆録音日: 1981年11月 (20歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さいませ。 <(_ _)> (試聴?)




Papalin学生時代のヘンデルのソナタ、発掘されました。
ギター伴奏は、宮内透さんにお願い致しました。

【写真】 Papalin (1980年 秋)


ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント

とみすけ
2007年04月25日 22:52
ヘンデルのOP1はシンプルのきわみですが美しくてよいですね。特にAmでは第二楽章なんかはほとんどアルペジオですが,何度聴いてもあきません。一方,OP1の伴奏はどれも難しいぞ?軽々と弾いている宮内さん?はスゴイ。
Papalin
2007年04月25日 23:07
◆◆ OP1の伴奏はどれも難しい...

とみすけさん、
お聴き下さり、ありがとうございます。
25年の時を隔てたPapalinの演奏は、根本的には何も変わっていないんだなって感じました。でも、若い頃の方が、音楽が素直です。(笑)

> OP1の伴奏はどれも難しい・・・

そうなんですね。
つい最近、Op.1-11のヘ長調を演奏したのですが、伴奏はチェンバロもガンバも大変そうでした。ひょっとしたら、ソロ・リコーダーよりも大変かもしれません。宮内さんは初見が利くタイプでした。僕なんかリコーダーの楽譜で、単音なのにもかかわらずヒ~ヒ~言ってたのに、ギタリストも鍵盤奏者も、尊敬しちゃいます。
 
aosta
2007年04月26日 09:50
おはようございます。

いつでしたか、テクニックは学生時代(大学時代)が最高だったというようなことを書いていらっしゃいましたよね。
でも、今回のこのしみじみとしたヘンデルと比べても、前回スプリング・コンサートで演奏なさったバッハは何の遜色もないと思います。

>25年の時を隔てたPapalinの演奏は、根本的には何も変わっていない

これって考えてみれば凄いことじゃありませんか!
若いときから今に至るまで、ヘンデル(ヘンデルに限りませんね。音楽と言ったほうがいいかもしれません)に捕らえられているPapalinさんの感性の鋭敏さ、豊かさを感じる演奏でした。
aosta
2007年04月26日 09:58
ところで、お写真なんですが、まるでスーラの点描による人物画のようですね(笑)!
Papalin
2007年04月26日 23:34
◆◆ しみじみとしたヘンデル... aostaさん

どうもです。
ですけど、やっぱり若いときの方が、音楽が素直ですよね。それは認めざるを得ません。僕がリコーダーに嵌った1970年代後半から、実は随分と古楽演奏のスタイルが変わったんです。変わったというより、研究が進んで、本来の当時の演奏に近くなったと言った方が正しいですね。1990年代には、20年前の演奏とは全く別物になったといっても過言ではありません。

つまり、私の演奏は進歩してないんです。(笑) 勉強を怠っていることがバレバレです。
 
2007年04月26日 23:41
◆◆ スーラの点描による人物画のよう...

aostaさん、鋭いご指摘を。
写真がそろそろ底をついてきまして、以前に使用した写真の使い回しをしました。同じではつまらないので、ちょっと加工をしてみたのですが、全身がカリメロになってしまいました。(笑)

話は変わりますが、IL DIVO のサイトの写真の中で、今回のスプリング・コンサートの写真(右のURL)って結構まともじゃありませんか? 何だかプロのリコーダー奏者のCDジャケットのようだと、一人で悦に入ってるナルシストなPapalinでした。(笑)
 
元の写真は、そうでした、aostaさんが撮って下さったんです。小渕さんとの2ショット。別に二人は中が悪いのではありません。(4月20日のブログの写真でした)
 
2007年04月26日 23:53
写真、気にいって頂けたようでなによりです(笑)。

とはいえ、結局はPapalinさんのトリミングのセンスがモノを言っているのでしょうね。
どうでしょう、これを機会にこの写真を使ってCDデビューをなさいませんか (=⌒ー⌒=)?
Papalin
2007年04月27日 00:06
◆◆ 写真、気にいって頂けたようで...

aostaさん、重ね重ね、ありがとうございます。
自分では絶対に撮れない写真、撮れない表情というのがあります。今回aostaさんに撮って頂いた写真には、そういうものがいくつかありました。感謝です。

あ(^○^)
り(^。^)
が(^∇^)
と(^O^)
う(^ー^)ノ

CDデビュー? もうしてますよ。
プライベート・レーベルですが。(笑)
 
グレングールド・バッハ
2007年10月01日 22:20
秋田のグレングールド・バッハです。PaPalinさんの演奏に出会い、感動しています。
リンデとラゴスニックの演奏で昔聴いてからこの曲の虜になってしまいました。
 ところで、リコーダーとギター伴奏の楽譜はどのようにしたら手にはいるでしょうか。昔出会ったのは、カールシャイトさんの楽譜だった様な気がするのですが…。
Papalin
2007年10月02日 00:44
◆◆ リンデとラゴスニックの演奏で・・・

グレングールド・バッハさん、
ありがとうございます。

僕も彼らのレコードを持っています。
CDも発売されて、ご機嫌です。(^-^ )

楽譜ですが、学校の後輩たちに殆ど残してきてしまい、手元にありません。確か全音の出版だと思ったのですが、今検索しても私が使っているチェンバロ伴奏の楽譜しかありませんね。絶版か私の記憶違いということでしょう。ごめんなさい。
 

この記事へのトラックバック