宮廷女官 チャングムの誓い

冬のソナタを全く観たことのない私である。

10日ほど前、ある方から、かなり強引にこのDVDを貸し付けられた。
「NHK-BSだったか、2年位前に放送されていたのを、見るとはなしに、たまにちらっと見たことがある。料理番組だよね。」と言ったのが間違いだった。

「いいわよ~これ。とりあえず5本お貸ししますね。」
既にデパートの紙袋にDVDが収められて、私の手に渡っていた。

聞くところによると、1話1時間の番組で50話を越えるそうな。
1巻に3話入っているらしく、『この5本で15時間か・・・』
計算をしてしまうところが私の悪い癖。

さて、ずっと暖めておいたのだが、折角貸して下さったしということで、見てみた。

第1話、第2話。
主人公チャングムの出生の秘密から、両親との別れまで。
第2話の最終場面、チャングムのお母さんが亡くなってしまうシーンでやられた。顔中グシャグシャ。勘弁してよ~。ソファから立ち上がれなくなっちゃったよ。

画像それにしても、この子役:チョ・ジョンウンちゃんの演技が泣かせる。まだ大人の歯が生え揃ってない、おでこの広い人懐っこい顔も可愛い。その彼女の演技ときたら、大人顔負け。泣かせてくれるよな~。

15世紀、韓国も血なまぐさい時代。人を簡単に殺してしまう時代。とはいえ、肉親を亡くすということはどんなに辛いことだったか。

支離滅裂な文章になってしまった。

老師に自分の人生を予言された、父親役の役者。公式ホームページでも登場しなくて可哀想だが、彼の顔立ち。MASKの主人公に似てると思ったのは私だけであろうか。



ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

この記事へのコメント

2007年03月13日 11:10
Papalinさんに倣ったわけではありませんが、「冬のソナタ」を全く観たことのない私です(笑)。

韓国ドラマがどう、ということではなく、毎回決められた時間にテレビの前に座るということが苦手なので連続ドラマはよっぽどのことが無い限り見たことがありません。内容に付いては何も書けませんが、お写真で見せていただいたチョ・ジョンウンちゃんの笑顔は本当に可愛いですね。キュっと抱きしめてハグハグしたくなる愛くるしさ。ただでさえ涙もろい私、ドラマに嵌ってしまったら大洪水にになりかねません。

なんとなくかつての「おしん」のイメージがあるようにも思いますがハズレでしょうか?
2007年03月13日 12:33
 トラックバック、ありがとうございます。
 どこにお礼を書いたらいいのかわからないので、場違いなところにきてしまったら、なんと見慣れた写真が。

 チャングム、すごいのは、これからですよー。
 ちなみに、わたしは、チェ・サングンの大々ファンです。(ひねくれもの)
 ↑ そのうちに、わかります。
ちゃみちゃん
2007年03月13日 22:02
チャングム、たった一度だけ見た覚えがあります。もうかなり進んでいて話の筋がいまいち分からなかったんですが・・・。

結構はまってる人がいるようですよ、チャングム。

ちなみに私の母と親友も見ていたと言ってました。

はまっちゃいましたね、Papalinさんも。(^_-)-☆
2007年03月13日 22:38
◆◆ 「おしん」のイメージ... aostaさん

あぁ、当たっているかもです。
主人公は、両親がなく、後見人もいません。だから帰るところがないのです。おしんは両親はいたものの、口減らしですから、やはり帰るところがなかったのですね。

この主人公も、裕福な家出身の同期や先輩からイジメを受けます。儒教の階級制度下でのことですから半端なものではなかったでしょうね。

そうそう、私も決まった時間に決まったことをするのが苦手ですので、連ドラは駄目ですね。一方で、NHKの大河ドラマなんかもそうですが、第一回を見てしまうと続けて見ることがあります。第一回を逃すと、途中からは殆ど見ません。もったいない選択かもしれませんね。(笑)
2007年03月13日 22:45
◆◆ チェ・サングンの大々ファン... Noraさん

え、そうなんですか?
意外なのかなぁ。
Noraさんが(ひねくれもの)であることはもう知っているし・・・・・あは、失礼!
ぺこ <(_ _)>

チェ・サングンといいますと、6代に渡って王の台所を牛耳ってきた家の女。演じる女優の気の強そうな顔が確かに魅力的です。Noraさんとは観点が違うでしょうけれど。美人ですよね~。(笑)

そうそう、憎ったらしい役の役者って、日本人も韓国人も顔が似てますよね。全世界共通なのでしょうか。
2007年03月13日 22:54
◆◆ はまっちゃいましたね...

ちゃみちゃん、その通りですよ。
ちょっとぐらい長い映画の方がまだまし。これは五十数時間ですよ。こんな長い映画、オペラだってないよね。

実は、昨日、第六話まで一気に見てしまいました。おかげで今日は寝不足でした。今晩はどうしよっかな? 一つぐらい、見よっかなぁ?
バジル
2007年03月14日 00:12
つい最近の事・・・
私の友達も、すっかり嵌ってしまって・・・
1週間かけて昼間は日本語で夜はご主人と韓国語で
全部観たらしいです。
「超良かった」「是非是非、観てみて」と言われてます。
前から観ようと思っていたのですが、決心がつきました。
2007年03月14日 00:21
◆◆ 決心がつきました... バジルさん

あらら。
私が行ったことは善行でしょうか、それとも悪行でしょうか。身体をこわさないようにして下さいね。

第七話をたった今見終わったPapalinでした。
もう寝ます。

(/0 ̄) ふぁ~ねむい
tona
2007年03月17日 09:15
冬のソナタは友人が嵌っているので、私はよそ目に絶対観たくないと言い張って、今後も観ないと思います。
でもこの「チャングムの誓い」は違います。
毎週辛い目にあっている、でも運命に流されながら頑固なまでの生き方に共鳴して、ロマンスも織り込まれているからそちらの成就を願いながら観たのでした。
宮廷生活も独特で面白かったです。
しかしチャングムはよく勉強しますね。
2007年03月17日 16:18
◆◆ チャングムはよく勉強しますね...

tonaさん、本当にそうですね。
そして、勉強した知識が仕事で活きるってのが素晴しい。ちゃんと連鎖しています。

運命に流されないで、信念を貫き通すことが、あの時代にどんなに大変なことだったのかが伺えます。でも、必ずチャングムの信念が勝つんだと思って見てしまうのは、穿った見方ですね。(笑)

ところで、最近歯が痛いんです。寒い日が続いているのも原因なのですが、どうやら真の原因は、このお話を毎晩一話ずつ見ているときに、どうやら奥歯をぎゅっと噛み締めていることによりそうです。すっぱい顔をしている姿は、決して他人には見せられません!
tona
2007年03月17日 20:51
「チャングムの誓い」を見終わるころは一体Papalinさんの歯はどうなってしまうでしょう。何だか心配になってきちゃいましたよ。
今日は寒かったですよ。冬に逆戻りです。
くれぐれも歯をお大事に。
2007年03月18日 06:49
◆◆ 冬に逆戻りです... tonaさん

いま、我が家の外気温をチェックしたら、氷点下13℃。一体どうなっちゃったんでしょうね。寒くて震え上がっています。

昨夜は、第13話を見ながら寝ちゃいました。従いまして、今晩も同じ話を見ることになるでしょう。奥歯、痛いです。
lavie
2007年03月19日 00:10
papalin、わたしもはまりましたよ。最終的に。
BS、BSの再放送、地上波と3回は放映されてましたが、1回目は何回か見たのですが、夜の11時から放送というのは途中から寝てしまうんですよね。でも、後半になると引き込まれて、最終話の2回前ぐらいは、待てずに、録画しをてDVD作っている同僚に全巻貸してもらいました。
52話ぐらいでしたっけ。それから抜かしている所などを丹念に見て、話のつじつまを自分なりに合わせ、納得し、チャングムの意志の強さを心から感動して見終わりました。涙もた~くさん。料理にもはまりました。
PS 冬ソナももちろんいいですよ。お薦めします。絶対!いいものはいいですよ。
2007年03月20日 08:26
◆◆ 料理にもはまりました... lavieさん

お~、実益があってよかったですね。(笑)
52回というと、ちょうど一年が52週。日本の大河ドラマのようなものだったのでしょうか。毎週楽しみにして待つ韓国国民、日本国民の姿が想像されます。

チャングムの生き方は格好いいんだけど、社会においては非現実的なところも感じます。王様のお医者さんに女性としてはじめてなった(?)のかな。歴史書には、その程度しかないようで、あとの大部分はフィクションのようですね。でも、あの話をDVDで観ていて素晴しいと思う点がいくつかあるのですが、その中の一つに、何か問題が起きて解決する。そのときに「なぜそう気づいたのか?」とか「どうしてそう行動したのか?」などとチェゴサングンや王が聞きますよね。その質問に答えられるのは、本人しかいないということを教えてくれます。よく他人の手柄を平気で横取りする人がいますが、その人には、キッカケや動機は語れません。
lavie
2007年03月21日 10:30
papalinは、韓国ドラマ通ではないから知らないんだろうけど、韓国では、ドラマは週2回の放送なんですって。週2回の放送なので、収録も大変らしいですよ。俳優さんは、激務、激務。しかも1回分が長いのに、週2回。放映中は、CMは入らないようです。頭としっぽに。
映画みたいに集中できていいかもですね。
2007年03月22日 07:11
◆◆ 韓国では、ドラマは週2回の放送...

lavieさん、へぇ、そうなんだ。
そりゃ撮影する方は大変だね。

コマーシャルが入らないのはいいんだけど、トイレに行きたかったり、一服したかったりするんだよなぁ。(笑)
バジル
2007年04月25日 15:14
お久しぶりです^^
チャングム、一週間前からみはじめました。
23まで見ました。もう止まりません。
Papalin
2007年04月25日 22:56
◆◆ 23まで見ました...

お~、バジルさま~、
あなたは、わたしをおいて、いってしまわれるのですね。わたしはまだ15ですぅ。やっとチャングムのみかくがもどったところですぅ。まってくれ~!
 
バジル
2007年04月27日 23:18
お先で~~す(^^)/~~
1週間5本1050円のレンタルビデオ屋さん
見つけたもんで・・・
ヒョッとして、そんなの今どき当たり前?ですか?
Papalin
2007年04月28日 06:02
◆◆ お先で~~す(^^)/~~

バジルさん、本当にやられましたね。
それでも、バジルさんに刺激を戴いて、1話見ましたよ。私のところには、お友達からダビングDVDが届いてまして、期限なしなのがいけないですね、のんびり観ています。(笑)
 
2012年03月21日 15:43
字幕は多少、音声と比べて内容を省略してる部分もあるけど
基本的にはちゃんと訳してくれていました。
Papalin
2012年03月21日 21:58
◆◆ 基本的にはちゃんと訳してくれていました

チャングム dvdさん、ありがとうございます。
日本語は、外国語に比べて、文字が多いですよね。全部をそのまま字幕で表示するのは至難の技でしょうし、その必要もないと思います。翻訳家、字幕スーパー作成者のポテンシャルは、いかに「言い得て妙」な短いフレーズにまとめることができるかにあると思います。(^-^ )
 
P-san
2012年03月23日 15:16
なぜチャングムの話題が今頃再浮上?チャングムファンの私もひとこと書かせてくださいませ(^^)。

ちょっと見たシーンに釘付けになったことから始まり、最初から見始めてビデオにとり、CDも買って、チャングムの料理bookも買って、ついでに同じくファンの娘と韓国のMBCスタジオのロケ地まで行ってきてしまいました。医女(私)と女官見習い(娘)の衣装まで着せてもらって楽しかったなぁ。
今でもGyaoでやっているときはよく観ます。
主人公の成長、友情、恋愛、政治がらみの大きな陰謀、スパイスのような殺陣シーン、コミカルな脇役などなど、大河ドラマとしての成功のポイントをことごとく押さえていますよね♪

あー、また最初から観たくなってきました(^^)
Papalin
2012年03月24日 06:12
◆◆ 大河ドラマとしての成功のポイントをことごとく・・・

P-san、ありがとうございます。
そう、なぜかチャングムのブログにコメントを頂戴して再燃です。

P-sanの分析、すごいですね。さすがは医女!
私はいわゆる韓流ドラマはチャングム以外には見たことがありません。冬のソナタも知りません。でもチャングムにはハマりましたねぇ。P-sanが仰るように、色々な勘所をおさえた大河ドラマだったのでしょう。そして、あえて付け加えると、主人公の2人がとても誠実な感じに見えました。公私の私の部分は知りませんけれど、誠実そうな人には自然と感情移入してしまいます。
 
また観ます? (^-^ )
 

この記事へのトラックバック