道のうた

心に残る言葉、こんな僕でもいくつかはありました。その中から・・・。


道のうた        森川 りう


これから通る
今日の道 新しい道
通りなおしの出来ぬ道

苦しいことから逃げていると
楽しいことからも遠ざかる

感謝の心
みんなあるはず出せるはず
勝つ人は強いが
ゆずる人はさらに強い
人の世は 山坂多い旅の道

長所はうぬぼれると短所になる
短所は自覚すれば長所となる

やり手になるな
まかせられる人になれ

如何な云いわけも
自分の愚かさを隠すことが出来ない

出来ることはやろうとせず
出来ぬ事ばかり心配している

知りながら 
つい忘れがち親の恩

幸福はどこにも見えず
誰にも知れず
だけどみんなのそばにある

過去が現在を作り
現在が未来を作る
苦しいとも苦しさの中に学ぶものを見よ
自分より他に自分を苦しめる者はない

むつかしい事は知らなくとも
人の悪口を言わないだけでとくになる

腹を立てまい 
つとめて立てまい
腹を立てると寿命が縮む

人を困らせて得た物は
自分の身につかぬ
人の欠点にはよく気がつくが
善行や長所は見のがしやすい
身なりより光るあなたの心懸け

ああして
こうして 
計画満点 
実行せぬは玉に傷

ほめられて喜ぶ人は多いが
しかられて反省する人は少ない

与えても
減らぬ親切 残る徳
成り行きは偶然に来るものではない

いやな仕事も喜んでやれば
好きな仕事に変わってくる

人の世話はよく出来ても
人に恩をきせぬ事むつかしい

右でもない 左でもない所に
まことの道がある
仕事も人の心と身になって

金は重宝なもので神通力がある
ところが
金を我身の攻め道具にする人がある

豊かだから与えるのではない
与えるから豊かになる

笑顔でお早う 
感謝でお休み
希望と感謝と反省の日を重ねつつ
我が生涯を意義深く

画像
【 八ヶ岳に吸い込まれるような道 林の中に僕の家が 】



ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント

2007年02月09日 10:12
 ありがとうございます!
またちょこちょことここに来ますね。

「自分より他に自分を苦しめる者はない」
これ、響きました。
自分をいとおしむこともできれば、苦しめることもできるのですよね・・。
誰にほめてもらうより、自分にほめてもらいたがっている幼い子供が私の中にいるのかも・・ふとそう思いました。
 いくつになっても全く、何かとぶきっちょです(笑)。
2007年02月09日 19:16
◆◆ 自分にほめてもらいたがって...

悠さん、こんばんは。
いいんじゃないでしょうか。
幼い子供は、自分で自分を褒めはしません。
大人がすることだと僕は思いますよ。
(^-^ ) ニコッ

ご指摘の一文、僕もハッとしました。
2007年02月09日 22:10
心の中に響きましたよ・・・。

いつも感謝、すべてに感謝。
そんな心を忘れずに・・・毎日を過ごしたいです。

素敵な詩をありがとうございました。
2007年02月09日 23:32
◆◆ いつも感謝、すべてに感謝... Sienaさん

いつも頭の隅っこにおいてある筈なんだけど、忘れてしまいます。「笑顔でお早う 感謝でお休み」・・・そうありたいと思っているんですけどね。なかなかです。
クララ
2007年02月10日 09:17
とても素敵な詩。
教えて頂いて有り難うございました。
こうあることは難しいけれど、
こうありたいと常に思っていたい。
2007年02月10日 09:56
◆◆ 思っていたい... クララさん

おはようございます。
結構長い文なので、きっと読まれる方もそれぞれ感銘される文章が一つや二つはあるのではと思います。僕はもっとありましたけど。

りうさんから放たれたこうした言葉が、読み手一人ひとりの人生とあいまって、沙羅に深い言葉となっていくのでしょうね。

はい、僕は思っているだけです。(笑)
ちょびママ
2007年02月10日 16:16
この詩、保存させて下さいね。
怒りんぼで腹を立ててばかりの私は寿命をいっぱい縮めてる。。。?
あちゃ~
平均より20年は長生きしそうだから、ま、いっか!
「メロディ」拝聴しました。
爆笑なんてするもんですかっ!(* ̄m ̄)プププッ
2007年02月10日 22:49
こんばんは。
はじめまして。
ちょびママさんに教えていただいた、この詩に感動しました。

じっくり読み、ほんとうにその通りだと。
私は大病し、奇跡的に命が助かりました。
後遺症で歩けないので車椅子です。

前向きに希望を持って生きて行くための
心の持ち方ですね。
胸に刻ませてもらいます。
ありがとうございました。
2007年02月12日 07:18
>豊かだから与えるのではない
与えるから豊かになる

いい言葉です。
何かを得るためには、何かを手放さなければならないという言葉を思い出しました。
手放すことは、捨てることではない。
信じて手放したい。
手放すことに愛を託したい。
手放す事で豊かになる事もきっとあるはず・・・

手放す勇気と何が大切なのかを見定める知恵が欲しいですね。
2007年02月14日 08:17
◆◆ 保存させて下さいね... ちょびママさん

この詩がちょびママさんに何か響きましたようで、嬉しく思います。またお友達にも紹介して下さって、ありがとうございました。

僕の勝手な予想ですが、りうさんはある日突然この詩を書かれたのではないと思います。人生を積み上げてきて、言葉も積み上げてきて、眠るときにこの詩が出来上がったのではないかと・・・。

亡くなってかなり時がたってから見つかった詩のようです。
2007年02月14日 22:59
◆◆ 心の持ち方ですね... 未歩さん

いらしゃいませ。
詩を紹介できて嬉しく思います。
前向きに考えれば楽しく生きられるんだったら、迷いなくそっちを選びたいですよね。

未歩さんの夢、万歩さんへの夢、捨てないで下さいね。
2007年02月14日 23:59
◆◆ 与えるから豊かになる... aostaさん

いい言葉ですよね~。
人間は食べ物を食べて生きているのではなく、精神的に食べているのだって感じがします。食べるために生きるのではなく、生きるために食べるでしたっけ? あれ、どこか違うような。

東南アジア(ヒンドゥーだったかな?)では、日本人の旅行者のところへ子供たちが寄って来るようですね。日本人は『卑しい子供たちだな』と感じるようですが、これは、与える機会を与えてあげているんだってことなんですってね。考え方、習慣、文化、宗教を知るってことは大事なことですね。
2007年02月15日 07:04
>与える機会を与えてあげているんだってことなんですってね

イスラム教などで義務付けられている「喜捨」の考え方ですね。
最近私も知ったばかりです。
2007年02月17日 02:04
◆◆ イスラム教などで... aostaさん

そうでしたか。
うろ覚えでいい加減なことを書いてはいけませんね。喜捨って言うのですね。
(((ロ(. . )m ケシケシ
_φ(□□ヘ)フムフム

この記事へのトラックバック