◆IL DIVO◆ さだまさし 「歳時記」

画像
Diary / Sada masashi
URL : http://papalin.yas.mu/W901/#M001

  ◇公開日: 2007年2月19日
  ◇連続演奏時間: 5分19秒
  ◆録音日: 2007年2月 (46歳)
  ◆上の外国語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さいませ。 <(_ _)> (視聴?)



今はブログ。昔は日記でしょうか。
手紙はよく書きました。その人に読んでもらいたいから。
日記は書きませんでした。自分では読めないから。

さだまさし第二弾です。
楽譜はPapalinオリジナル。演奏は忠実なパソコン。

  歳時記  ダイアリィ     さだまさし

       卒業迄に咲けばいいねと君は
       ある日急に窓辺にはち植えを置いた
       何もなしに別れてゆくよりも
       残したいとはじめた歳時記

         一頁目には二人の略歴
         二頁目には二人の出逢い
         三頁目からたどる季節
         記す度つのる悲しみに
       君は耐えかね七頁目からは
       僕の名前何度も連ねた
       
       ・・・

                          全歌詞


【写真】 七賢のお酒の源:井戸水 (2006年 45歳)

ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント

風の森
2007年02月20日 00:07
とても懐かしい曲です。
これも「夢供養」に入ってましたっけ。
骨肉腫のために18歳で死んでしまった妹が、病室でずっと聴いていたアルバムでした。
先日27回忌を済ませたところです。・・・もうそんなに経ったのですね。
良い歌は決してくたびれない。幾多の人のそれぞれの想い出をぎっしりと抱えてなお スッと立ち上がる力を持っています。
しみじみと聴かせていただきました。妹がそばにいるようでした。
ありがとうございます。
2007年02月20日 00:42
◆◆ 骨肉腫のために... 風の森さん

そうですか。お辛かったでしょう。
足し算をしてみますと、私の年齢に近そうですね。僕がこのアルバムと出会ったのが18歳でしたし。

妹さんにも聴いてもらいましょう。
ありがとうございました。

PS:ブログ・タイトルが「療養所」になっていました。コピーして作ると、よくやるミスです。スミマセンでした。
2007年02月20日 07:07
出だしの声を聴いたとき、さださん本人のうたかと錯覚しそうになりました。
似ていますよね。
声の質は違うと思うのですが、一瞬そう思わせるものがあります。もちろん「真似」ではない。
その一瞬に通うものがあるのでしょうか?

風の森さんの言葉。
「良い歌は決してくたびれない。幾多の人のそれぞれの想い出をぎっしりと抱えてなお スッと立ち上がる力を持っています。」
心に刻みましょう。
2007年02月20日 07:47
◆◆ さださん本人のうたかと... aostaさん

僕自身はそうは思ってないのですが、特に若い頃、ギターを抱えて歌ったりしましたら、よくそう言われました。自分ではわからないのですが、やはり声が似ているのでしょうか。

風の森さんの言葉、いいですね。
2007年02月20日 09:43
ほんと、似てる!!
なんかいいです。
すごく身近に「まっさん2号」がいはるみたい。

しかしまぁ、本当にパソコン伴奏はすごいなぁー。真剣に勉強しようかな?( 大丈夫かいなぁー)

♪お嫁に行くと添えた手紙 つまりそれが2年の月日・・・♪

この歌詞がずっとずっと頭の中に残っていたのか私、結婚がきまり結婚式が近づいたある日、本当に本当に本当に・・・好きだった元彼氏に「結婚します」と手紙を書きました。
これを受け取った彼はやっぱり「煙にかえた」んだろうかって今思います。

歌はいいですねぇー。

その歌と一緒に思い出がよみがえる。素敵です。

あー、papalinさん、ほんとに「デュエット」実現したいですねぇー。
キーが合う。一緒に途中から気持ちよく歌わせてもらいました。(ちゃんと聞け!!・・・ごめんなさい)

有難う、Papalinさん。

第三弾・第四弾・・・・を待ってます。(^_^;)
風の森
2007年02月20日 09:45
おりょ!
は、はずかしい。・・・穴があったら入りたいッす。
Suzukaさんちへ行って来たので、半日ぐらい「Suzuka菌」が効いてたのでしょう。
ありがとうございます。でも、あとは続きませぬわい。
2007年02月20日 12:48
風の森さんの言葉。
「良い歌は決してくたびれない・・・・」に私も一票!

上にふわっと「a」母音をのばす時の音が
ほんとにさださんに似てますね。体格はずいぶん違うように見えるけど・・・・
2007年02月20日 19:48
◆◆ やっぱり「煙にかえた」んだろうか...

ちゃみちゃん。
やっぱり持っていてはいけないものもあるからね。僕も燃やしたことあります。思い出も一緒に灰となってしまうことを敢えて覚悟してさ。

> 第三弾・第四弾・・・・を

あのな~。(~_~)
でも嬉し~。
2007年02月20日 19:51
◆◆ あとは続きませぬわい... 風の森さん

ふりゃ。
一番最初のコメント、一瞬コメンテイターを再確認してしまいました。(笑) でも能ある鷹はなんとかって言いますよね。

とりあえず、穴掘っておきました。
小さめです。
*o_ _)oバタッ
2007年02月20日 20:08
◆◆ 上にふわっと「a」母音をのばす時...

ねこまっくさん、そうっすか? 似てますか?
自分じゃ気がつかないものですね。決して物まねしているつもりはないのですが、似て来ちゃうのでしょうか。これだけ大勢の方から言われますと、信じないわけにはいきませんね。今度本人に会ったら聞いてみます。

そうそう、数年前にJR新宿駅のあずさのホームでお会いしたときに(初めて目の前で見たのですが)、ビックリしたことが二つありました。

(1) 背が低かった。
(2) 中年太りだった。

でも、携帯CDプレイヤーで聴いていた新譜にサインをもらいました。ネクタイ締めた出張帰りのサラリーマンからサインを、しかも新譜CDアルバムのライナーノーツのところに求められて、彼は周りにいらしたスタッフにご機嫌でふれ回っていましたよ。「妙な人もいるもんだね~」ですって。失礼な!
ねこ背のたぬき
2007年02月20日 22:53
『療養所』をもう一度聴こうと思って来てみたら、もう一曲、増えていてびっくりしました(笑)

さださんと声質が似ているんだけど、ビブラート?だったかな?ちょっと思い出せないんですが、Papalinさんの声って、サビの部分で、震えるんですね。

さださんよりも甘い声のように感じました。

さださんと小田和正の中間のような声?だと思ったのは私だけでしょうか?

お写真を見て、外見に似合わぬ甘い声をされているんだな、この甘い声で奥様を魅了されたのかな?なんて、バカな事も考えてしまったりして(笑)

さださんとは違った印象があり、つい、一日に何度も聴きに来てしまいます。

3曲目はどの歌なのか、さださん以外の歌もまた聞きたいです^^。

フレディーと向い風もPapalinさんの声で是非、聴いてみたくなりました・・・って、さりげなく催促してるの気付かれませんように(爆)

2007年02月21日 00:07
◆◆ さださんと小田和正の中間のような

ねこ背のたぬきさん、ようこそ。
いらしゃいませー ☆m( _ _ )m☆

佐田先生と小田先生を足して2を引いた甘い声・・・ですか? それは最大の賛辞でございます。小田先生の永遠の艶のある声は立派というしかありません。オフコース時代から大好き。

これを書いたら引かれちゃうかもしれませんが、「君を抱いていいの? 好きになってもいいの?」って歌がありましたでしょう? なるほど、こういう順番でいいんだ~と、感心したものです。(笑)

僕も彼の年齢になっても艶のある声がでたらいいなぁと思って、毎日煙草を一箱にセーブしてます。(笑)

サビの部分で、確かに震えてますね。思わず聞き返してみました。単にお腹の支えができてないか、全然弱いということでしょう。(悲)

いやぁ、実は歌いたいと思っていた曲がちらほら出てきているんです。フレディもそう。いつか・・・歌いたいです。HNに使われておられるお歌は歌えませんよ。難しすぎます。
m(_ _)m

聴いて頂いて、とても嬉しいです。
バジル
2007年02月21日 00:13
コメントはこちらでいいのでしょうか?

新しいデスクトップがスピーカー付きでないので、
残念な事に音が聞こえません。

スピーカーが付いたら、また訪問させてもらいます。

それから18日お誕生日だったのですね。
遅くなりましたが、おめでとうございます♪
2007年02月21日 00:36
◆◆ こちらでいいのでしょうか?

バジルさん、いらっしゃいませ。
PC、スピーカーがないのですね。以前もここに見えるコメンテイターの方と、そんなやり取りをした覚えがあります。ヘッドフォンの端子がついていれば、そのほうがスピーカーよりもいい音で聴こえることもあります。ただし、歌は上手くはなりません。(笑)

はい、誕生日でした。
昭和36年2月18日。
  36÷2=18。
  36=2×18。
はい、数学科をビリで卒業しております。
ありがとうございました。
ねこ背のたぬき
2007年02月23日 00:56
◆◆おおっ!お誕生日だったんでしたね!

Papalinnさん、18日は誕生日だったんですね。
おめでとうございます。

ん?ん?
18歳になられたのですか?(爆)

ハイ、学生時代は「数学のアホ」と異名をとっておりました(笑)

今日も、Papalinnさんの歌声を聴きに参りました^^。

小田さんの「君を抱いていいの~」はコンサートでは微妙な『間』があって、ファンが「イエ~ス」と答えるようになっておりました。

『Yes-No』ですよね、この歌もぜひぜひPapalinnさんに歌って頂きたいです・・・。

『ねこ背のたぬき』は無理でしたか・・・。
改めて聴いてみて、確かに・・・と納得した次第であります(^-^;
2007年02月23日 08:02
◆◆ ファンが「イエ~ス」と...

ねこ背のたぬきさん、おはようございます。
え~、そうなの?
何だかそれって、一歩間違うと、半島の国の怪しい宗教団体のようだな~。(笑)
これも、就職したての頃、カラオケで歌った曲です。小田和正さんの歌は歌って気持ちいいし、聴いてくださるお客様の反応もよかったです。さだまさしよりずっと。(笑)

数学については私は現在は四則演算がやっとです。割り算はちょっと苦手です。でも概算は得意です。(笑) そんなもんですよ。三角関数だって実生活では使いませんから。(笑)

46歳は、アサーティブに行きたいです!
たぬ
2007年02月25日 22:46
papalinさんの唄に刺激を受けて?
さださんのCDを取り出してきて、
また聴くようになりました。

そう言えば、一枚、さださんのトークだけのCDも
持っています。
彼の歌の中の物語も、言の葉も、メロディーも
みんな好きでしたっけ…

本当に、いろんなことを想い起こしてしまった…
2007年02月26日 22:32
◆◆ 想い起こしてしまった... たぬくん

えへへ。
変なお役に立てたようで。(o^<^)o クスッ

トークだけのCDが売れてしまうミュージシャンは彼くらいかも知れませんね。その源泉は落語好きだった少年時代に端を発するようですね。
ゆめ
2007年11月07日 17:05
Papalinさん、いいお声ですねぇ。
ガード無しで何気なく聴かせてもらったら、
胸に響いてうるうるしてしまいました。

とにかく、びっくりしましたのでコメント思い切って書いて帰ります。 
Papalin
2007年11月09日 06:40
◆◆ ガード無しで何気なく・・・

ゆめさん、ありがとうございます。
そうなんですよ。こういう歌も、ごくたまに歌うんですよ。(=^_^=) ヘヘヘ

コメント、これに懲りずに、お気軽にまたお願いします。 <(_ _)>