◆IL DIVO◆ バッハ 「メヌエット ト長調」 【1984年録音】

画像
Bach / Menuett G-dur
URL : http://papalin.yas.mu/W103/M010/

  ◇公開日: 2007年1月26日
  ◇連続演奏時間: 1分33秒
  ◆録音日: 1984年1月 (22歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴きくださいませ。 <(_ _)>



バッハの可愛らしいメヌエットを2つ聴いて戴きましょう。

これらは、バッハの2番目の奥さんであるアンナ・マグダレーナとその沢山の子供たちのクラヴィア(ピアノ)の練習用に作曲されたものです。きっとどこかでお聴きになったことがあるのでは?

まずはト長調の方から。
喜劇の王様Papalinです。

   Papalin   : アルト・リコーダー
   宮内 透さん : クラシック・ギター



【 バッハ縁の地 ドイツ アイゼナハ 生家の辺り 】



【写真】 一説では、ペ・ヨン・ジュに似ていると言われる一枚。 (22歳)

ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント

2007年01月28日 07:30
小さいながらも可愛らしく気品に満ちたメヌエット。
その昔娘が発表会で弾いた曲。懐かしいです。

『アンナ・マグダレーナ・バッハのための クラヴィーア小曲集』
大作曲家としてだけでなく、夫として、父親として「良き家庭人」であったとされるバッハを彷彿とさせる曲集。どの曲も大好きです。

気持ちよいスタッカート、滑らかなスラーやトレモロ。ピアノ演奏のときとはまた違う表情のメヌエット、楽しませていただきました。

2007年01月29日 00:08
◆◆ 娘が発表会で弾いた曲... aostaさん

さぞかし可愛かったでしょうね。
まだペダルになんか、全然足が届かなくて...。
あ、大人になってピアノを始める人もいましたね。気配りが足りませんでした。

こういう曲なら僕にでも作曲できそうですけど、どんな風に書いても、きっとバッハやモーツァルトに似てしまうでしょうね。