◆IL DIVO◆ テレマン 「ソナタ ヘ短調」 【1977年録音】

画像
Telemann / Sonata in f minor
URL : http://papalin.yas.mu/W204/M011/

  ◇公開日: 2007年1月22日
  ◇連続演奏時間: 10分16秒
  ◆録音日: 1977年7月 (16歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    すると、Papalinの音楽サイトに
    直行できます。



最終号は、わっちゃんとの共演です。

Papalinは、高校3年間にリコーダー用のオリジナルなソロ曲は演奏会では演奏しなかったんですね。でも、わっちゃんや、すけちゃんや、つっち~のソロ演奏(リコーダー・ソナタの演奏)では、バス・リコーダーで通奏低音を演奏させてもらいました。本当はヴィオラ・ダ・ガンバかチェロだともっといいのですけれどね。それでも、チェンバロだけよりは、バス・リコーダーを入れたほうが厚くなります。演奏会では、視線の先が2つから3つに増えますからね。(笑)

さて、テレマンはリコーダー・ソナタを6曲書いているのかな? その中でもこのヘ短調はフラットが4つもついていて、僕にはハードな曲でした。高校2年のときでは、まだソロ・パートは吹けなかったと思います。それでも通奏低音を吹いてしまう辺りは、厚顔無恥・・・というところでしょうか。

わっちゃんのソロは迫力があって、とてもパワフルでした。1年のときから僕ら他のメンバーの憧れの的で、1年にして"室コン"のエースでした。高校2年にして、こんな曲を吹けてしまうのはやっぱりスゴイですよ。ではじっくりとお聴き下さい。

シリーズの最後ということで、僕らが地域の合同音楽祭に出場したときの写真を2枚アップします。

画像
【 1976年 高1のとき 曲は・・・忘れた。 】


画像
【 1977年 高2のとき 曲はパッヘルベルのカノン。 】


お聴き下さい。

      アルト・リコーダー : わっちゃん
      チェンバロ     : ち~さま
      バス・リコーダー : Papalin

宜しければご感想を、コメント願います。


【写真】 クラブの記念写真から わっちゃんとPapalin。(1978年・・・17歳)

ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント

2007年01月23日 00:49
さすがに。
トリをかざるにふさわしい演奏ですね。

いっきにハートを掴まれました。
2007年01月23日 01:24
◆◆ トリをかざるにふさわしい...

Suzukaさん、お互いにお蔵出しシリーズのようで、なによりです。(?)

決して懐古主義ではないのですが、こういうのを聴き返して、再び奮起しようという、切ないイメトレです。技術が追いつかないもんでさ。
cherry
2007年01月23日 03:31
すご~い~(☆-☆)!!高校生でこの演奏?、、うう、なんて熱い演奏なのでしょう。私も一気に惹き込まれました。今のわっちゃんの片鱗があちこちにうかがえますね(^^)。

バスで通奏低音吹くのは、やったことあるのですが、音程合わせるのがとても難しかったのではないですか~?とてもよく合っているのもさすがですにゃ~♪♪
2007年01月23日 21:05
◆◆ わっちゃんの片鱗が... charryさん

そうでしょう?
わっちゃんは、間違いなく、ヴィルトゥオーゾでした。
Papalinは・・・
ミルトコゾーでした。 (?)
2007年01月23日 22:30
レベルの高さにため息ですね♪

素晴らしいです。

papalinさん、音楽を続けてこられて、本当に良かったですね♪
旧友にも奇跡の巡り会いですものね♪

映画のような青春時代でしたね♪

2007年01月23日 22:57
うわぁ、これはちょっとヤバい。Papalinのお宝のなかに、こんな爆弾が仕掛けられていたなんて・・
もっとヤバいのは、演奏した事を覚えていない事!(Papalinの恋のうぐいすは、強烈に覚えていますーまたうぐいすのアーティクルでコメントしますね)
そしてもっともっとヤバいのは・・ この30年、進歩していない(むしろ退行してる?)こと!!!
ちょっと冷静さを失っています(^^; Papalinのコンティヌオは、cherryさんも触れてましたが、さすがです。こんな素敵なバスをつけてくれていたのですね。今更ですが「ありがとう(^^)」

あと、写真、照れますね。
2007年01月23日 23:58
◆◆ 映画のような青春時代... Sienaさん

??????????????

??????????????

??????????????

僕にはジュリエットなんて
いなかったぞ~!
2007年01月24日 00:06
◆◆ こんな爆弾が仕掛けられていた...

わっちゃん、驚かせてゴメンナサイ。
肖像権無断使用もあわせて陳謝します。

でも、いいものはやっぱりいいよ。
僕だけのお宝ぢゃなくて、全世界に公開。
これしかありません。(笑)

ちなみに、僕も後退しています。
髪の毛は・・・
やめておきましょう。
2007年01月24日 14:26
第一楽章、わっちゃんのアルト・リコーダーの澄んだ音、Papalinさんの通奏低音も憂愁を帯びてTristeというとおりの印象です。
チェンバロの沈んだ響きも効果的ですね。
続く第二楽章のallegro、足取りを重くするTristeを振り払うような演奏・・・
でも再び戻ってくるandanteの憂鬱。
なぜかいつも軽快ではなやかなテレマン、というイメージが払拭されるような曲想ですね。
四楽章のVivaceにいたって、やっと晴れ間が見えてきたような気がします。
 
>高校生でこの演奏?
というcherryさんのコメントに同感。
息の合ったアンサンブル、若々しい気合に溢れた素敵な演奏だと思います。



2007年01月24日 14:37
テレマンが隔週に発行したの音楽雑誌「忠実な音楽の師」による曲なのですね。
当時はバッハより人気のあったといわれるテレマン。斬新な発想と、あふれるような音楽の才に恵まれた人でもあったのですね。

私は何故か「忠実な音楽の僕(しもべ)」と記憶しておりました。「師」と「僕」とは反対の言葉でしたのに(笑)・・・
2007年01月24日 14:40
もっと白状すれば、ビバルディの「忠実な羊飼い」とも、ごっちゃになっていました(恥!)
2007年01月24日 18:04
退行?んにゃ、そんなことありませんにゃ~。ますますどんどん磨きがかかっておられます(☆-☆)。

聴かせていただけて嬉しかったです♪

*そそ、今、拙HPにて、去年9月に福岡古楽祭でわっちゃんと共演させていただいた曲(リコーダー三重奏)を公開中です♪d(⌒o⌒)b♪もちろんわっちゃん編曲の素敵な(でも難しい┯_┯)曲です~♪Papalinさん、良かったら聴いてくださいませにゃ~♪
sakura
2007年01月24日 20:56
こんばんは。
テレマン聴かせてもらいました。
素晴らしい演奏ですね。心にしみこむ哀愁を帯びたメロディー 特に第2楽章 第4楽章 朗々と歌い上げる伸びやかな高音 たたみ込むような後半に向かってどんどん引き込まれていきます。メロディーを支える低音 チェンバロの響きも心地よく 何度も再生して聴きました。ありがとうございました。
2007年01月24日 22:03
◆◆ 通奏低音も憂愁を帯びて... aostaさん

わっちゃんや、cherryさんにも言われて、聴き直してみました。いい音してますね。(笑)

バスリコーダーは、論理的に穴を等間隔にあけちゃうと、指が届かないので、無理しているんです。だから音程がめちゃめちゃ。一本一本違うといっても過言ではありません。

Papalinは、耳がそこそこ良かったので、マイ運指を開拓しての演奏でした。

苦労が評価されて(?)、嬉しいな。
(=^_^=) ヘヘヘ
2007年01月24日 22:06
◆◆ 音楽雑誌「忠実な音楽の師」 aostaさん

そそ。
月刊誌である「忠実な音楽の師」に、毎号、テレマンのリコーダー・ソナタの楽章が一つずつ掲載されていたんだって。庶民(と言っても、ある程度上流階級ですが)は、それを楽しみにしていて、一ヶ月かけて練習するんだって。いいよね。今で言う月刊誌のマンガより、数倍価値があるかも。一粒で何度も美味しそう。
2007年01月24日 22:08
◆◆ 「忠実な羊飼い」 aostaさん

こちらは、聖書と関係があるのかな?
2007年01月24日 23:33
Papalinさん正解です。
 「主はわが牧者」つまり羊飼い。
「忠実な羊飼い」とはキリストのことですよね(にっこり)
2007年01月24日 23:53
◆◆ 良かったら聴いてください...

cherryさん、いま聴いた。
モーツァルトのピアノソナタK310ですね。
こりゃ人間が吹いてるとは思えんよ。(笑)

きっと、わっちゃんの論理は「ピアノが弾けるものをリコーダーで吹けないはずはない」ではないでしょうか。それにしても、cherryさんも、よくやりましたね。大拍手を送ります。僕は、割りとまとまっている第3楽章より第1楽章の方が好みでした。

「指なんか回らなくても、タンニングなんか追いつかなくても、イメージしたテンポは変えない」 ・・・ これって僕のバッハ無伴奏チェロの演奏の信念でしたにゃ~。

オリャ ( ・_・)ノ∝━━━>(*><) チクリ
2007年01月25日 00:05
◆◆ 何度も再生して聴きました...

sakuraさん、何度も聴いてくれたみたいで、どうもありがとう!
sakuraさんの感想も、最近はとても文学的。表現に引き込まれちゃいます。

テレマンは、今で言うなら流行作家で、ちょいと前の小室哲哉みたいなもんよ。その彼にしては、地味な曲です。技術的にはちっとも地味じゃないけどね。
2007年01月25日 00:25
◆◆ 「主はわが牧者」つまり羊飼い...

aostaさん、ありがとうございます。
僕も最近は、いい勘してきましたよ。
2007年01月29日 01:46
ウワサのわっちゃんの演奏ですね!
ワクワクして聴かせていただきました。
むーーーん、ほんとだ・・・すごい・・。
音がとっても丸くてきれいで、とっても歌ってる。テクニック的に難しいように思うんですが、それに振り回されずに余裕さえ感じられるんですけど? これ、高校生?
同年代に刺激を与えあう友人がいたってことはラッキーでしたね。Papalinさんも慣れないバスリコーダー、吹きこなしてるじゃないですか。当時からなんでもやれちゃう人だったのですね。
2007年01月29日 20:32
◆◆ なんでもやれちゃう人だったの...

ねこまっくさん、
彼女・・・・・いませんでした。
告白ができなかったんだよなぁ。
.・゜゜・(/。\)・゜゜・.

この記事へのトラックバック