幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ ゆいほ & Papalin 「忘れない時間」

<<   作成日時 : 2006/10/10 01:01   >>

トラックバック 2 / コメント 26

画像
YUIHO / "Unforgettable Period "
URL : http://papalin.yas.mu/W803/M001/#mtop

  ◇公開日: 2006年10月10日
  ◇連続演奏時間: 4分5秒
  ◆録音日: 2006年9月 (45歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリックする
    と、Papalinの音楽サイトに直行でき
    ます。



 2006年9月。学生時代のサークルの後輩3人が、Papalinを訪ねてくれました。後輩といっても.Papalinとは二回りも違う、言ってみれば子供のような年齢の若い後輩。もちろん、会ったこともなければ、話をしたこともありません。そんな彼らが、よく来てくれました。

 一泊二日の彼らとの音楽合宿(あえて、リコーダー合宿とは呼びません。笛あり、歌あり、ピアノありの合宿でした)、たった10時間だけのコラボレーションでしたが、Papalin久々のアンサンブルを堪能させてもらいました。

 メンバーの一人、ゆいほさんが、ある楽譜を持ってきました。それは、ゆいほさん自身が作詞・作曲した曲でした。この曲はピアノ伴奏つきのデュオでした。もう一人の女性、ふっせさんのリード・ヴォーカル、ゆいほさんのピアノとサイド・ヴォーカルで、この曲を聴きました。

 なんと素晴らしい曲なのでしょう。さびのメロディは一回聴いただけで耳に焼きつく、メロディもとても穏やかでいて歯切れがいい。Papalinが「僕にも歌わせて!」というのは、時間の問題でした。

 初めて歌ってみました。「ほぅ、やっぱりいい曲だなぁ。」 もう一度歌って、キーが低いので、その場で上げてピアノを弾けないかとお願いしたら、何とゆいほさん、3度上げてCですらすらと。「うん、この方がずっといいね。でも欲を言えば、Papalinは低音が響かないので、もう一音上げてDじゃだめかな?」もういきなり練習なしで歌っちゃいました。

 そうして3回歌った翌日。前日は徹夜でしたが、帰路につく直前の午後3時に、ふらふら状態で録音したのが、このテイクとなります。録音してくれたのは、よーぞーさん。録音データが届きましたので、公開させて戴きます。なお、ここでも聴けますが、IL DIVO Papalinのサイトのほうが高音質です。しかしながら、歌の下手なのは変わりません。悪しからずご了承願います。 (^^ゞ

 歌詞・作曲・編曲ほか全て、コピーライトは、ゆいほさんにありま〜す。


     彡★ 忘れない時間   作詞:ゆいほ ★彡

   いままで来た道を   振り返り眺める
   そしてふと思い出す  その最高の笑顔
   君のいない道は    遠くて長いけど
   共に過ごした記憶   心に留め歩いてく

      泣いた日もあったよ  君のいない寂しさで
      でももう立ち上がる   大丈夫、強く生きるよ

      ずっとありがとう  心から大事なひと
      君の存在が     前へ行く力をくれる
      きっと忘れない   君がいてくれた
      一緒に笑った   共に想い出作った


   嬉しい出逢いほど    別れは辛いけど
   これだけは言い切れる 「君に逢えてよかった」と

      共に励ましあい  一緒に伸びてきたこと
      そんな日常こそ  最高の宝物だよ

      ずっとありがとう  本当に大事なひと
      君の優しさが    苦しみを癒してくれる
      きっと忘れない  君がいてくれた
      一緒に歩んだ   共に時間を過ごした

      ずっとありがとう  心から大事なひと
      いつかまた逢える 近くにいられる
      一緒に笑える    あの日と同じ笑顔で


宜しければご感想を、コメント願います。


【写真】 八ヶ岳を背に、Papalin熱唱! 熱症? 熱傷??
      では、鳴り止まぬ拍手に答えて、↓大画面でお贈りしましょう。
      クリックしないほうがいいかもしれません。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◆IL DIVO◆ ゆいほ & モクレ・オボグ
YUIHO & MOCREOBOG "Session " URL : http://papalin.yas.mu/W803/ ...続きを見る
ローズガーデン・むとう & クラシック音...
2006/10/12 01:20
「糸車」
30年以上前、友人と作った曲です。 ...続きを見る
MIWOのレタスなLOGBOOK
2006/11/17 02:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
すてきな曲ですね。

Papalinさん、黒いシャツに柄のネクタイも素敵♪
壮大な自然をバックに歌を歌うなんて・・・贅沢!!!
ストレスがいっぺんになくなりそうですぅ。

Papalinさんのサイトアドレスでgrappaの前の半角の〜マークはどうやって出すのでしょうか?
わからなくて・・・リンクできませんでした。
お手数ですが教えてください。
siena
URL
2006/10/10 00:53
◆◆ 壮大な自然をバックに... sienaさんへ

 さっそくどうもです。
 これから、ゆいほさんに確認してもらおうと思っていたところでした。そこにコメントが入ってきたので、ビックリしました。(笑)

 ~ですね?
 これはチルダと呼びます。
 キーボード上段の、カナの"へ"のキーです。
 Shiftキーを押してキーインして下さい。

 ちなみに、コピー&ペーストが楽ですよ。打ち間違えることもありませんしね。蛇足でした。
Papalin
2006/10/10 01:02
◆◆ チルダと呼びます... sienaさんへ

 伝え忘れました。半角文字です。
Papalin
2006/10/10 01:03
◆◆ チルダと呼びます... sienaさんへ

 伝え忘れました。URLの最後の"/"を落とさないようにお願いします。
Papalin
2006/10/10 01:16
おはようございます。
PapalinさんのIL DIVOアップ、「戴冠ミサ」以来ですね。
いつもそうであったように、ちょっぴりどきどきしながら聴かせてていただきました。

とても、素敵な歌です。
なんといっても、歌詞が素晴らしい。
ひとりの人が与えてくれた出会いの喜び。その出会いによって導かれた未来への勇気。
気負いは何もなく、淡々と話しかけるようなリズムで歌われるこの歌には、作り物ではない真実の想いがあるように感じます。一緒にいる、いられるということは時間的空間的な問題ではないのだということをもしみじみ感じる曲。
想いがともにあることの美しさと、ひとりではないという静かな喜びが穏やかに心に広がっていくような曲・・・

「迫力大画面」!!
朝から、ぱっちり目がさめました。
八ヶ岳農場の辺りで撮られたのでしょうか?
これも、なかなか良いお写真です。
昨日の夜は4度でした。
吐く息も白くなりました。
背景の緑の牧草が枯れるのも間近か。
空が広く大きくなる季節でもありますね。
毎晩月明かりの中で秋はその色を濃くしていきます。


aosta
2006/10/10 06:06
aosta、久しぶりの2連投です(笑)

この季節になると新実さんの「われもこう」を思い出します。
あの歌の歌詞のとおりの季節には、まだ少し早いでしょうか・・・
Papalinさんの暖かで艶のある声と、あの歌詞あのメロディはぴったりでした。宗教曲とは違うところで心が揺さぶられる曲です。
思いがけない時に、ふとあのメロディーを口ずさんでいることもたびたび。
きっと、ゆいほさんのこの歌も、心の中に深く刻まれて折に触れ私を慰めてくれる歌のひとつになりそうです。
aosta
2006/10/10 06:14
◆◆ 歌詞が素晴らしい... aostaさんへ

 ゆいほさんのセンス、素晴らしいですね。その素敵な歌詞を、センチメンタルだけど力強いメロディが暖かく包み込んでいます。作詞作曲を一人でしてしまう彼女の才があふれた曲です。

 曲自体の持つエネルギーに、幾分Papalinが押され気味ですね。録音時の言い訳はいっぱいあるのですが、上げるとキリがありませんし、それら言い訳を全部クリアしても、大して上手く歌えないので、言い訳はやめました。(笑)

 aostaさん、戴冠ミサ以来・・・・・気づかれました。
Papalin
2006/10/10 08:34
◆◆ 心の中に深く刻まれて... aostaさん

 ゆいほさんが仰っていました。
 「私は、自分の作った曲について、その背景とか、こう歌って欲しいとか、殆ど言いません。曲が私の手を離れて例えば歌う人に渡ったときに、その人がどう解釈して、どう歌って下さるのかは大きな楽しみであり、そしてそれを聴くことは私の希望でもあります。そこに、新たに息吹を吹き込まれた、一人歩きを始めた曲への再発見もあるのです。」

 そしてこうも仰いました。
 「実はこの曲を男性に歌って頂くのは初めてなんです。いつも耳にしている女声の歌とは違った迫力がありました。歌って頂けて光栄です。」

 aostaさん、私は生業を音楽としていない方の歌を、こんなにも感動して歌ったのは初めてかもしれません。本当にいい歌、本当にありがとう。そう言いたい曲です。

 われもこう、季節ですね。
Papalin
2006/10/10 08:43
お昼を食べながら、画像を大きくして、
Papalinさんの歌、家族で聴きました。
いい歌、いい歌声、いい姿。
いいですね〜〜!
takasi
URL
2006/10/10 12:55
◆◆ お昼を食べながら... takasiさんへ

 ありゃりゃ、大胆なことをされましたね。お食事は喉を通りましたでしょうか?

 素晴らしい曲だと思うんですが、表現しきれていないままアップしてしまいました。再チャレンジ、いつかしたいと思っています。
Papalin
2006/10/10 17:59
ネクタイが素晴らしいですね。
黒いシャツにばっちり映えてます。
バックもすばらしい。
お山にススキ。秋の風景です。
誰が撮ったのか、気になります。
やはり、セルフタイマー?
歌は、時間のあるときにゆっくり聴きますね。
lavie
2006/10/10 21:26
◆◆ 誰が撮ったのか... lavieさんへ

 音楽の女神MUSEがお撮り下さいました。(笑)
 このネクタイはお気に入りの一本ですね。何歳までつけることができるかわかりませんが。
Papalin
2006/10/10 23:08
素敵な曲と、素敵なテノールですね。
正直なお話、主人はバリトンです。でも、私好みはテノールです。なんとも言えない、高音部の甘い声が、
気持ちいいですね。
それに、歌詞が、何故か学生時代を思い起こさせました。懐かしい感じです。素敵な曲で、何度も聴きたい曲です。
それから、カラス、本日初聴きしました。(^o^)
カラスの記事にコメントしますね。
沙羅
2006/10/11 15:55
こんばんは。
歌もいいですけど 広大な八ヶ岳をバックに 気持ちよく歌っているのが伝わってくる写真ですね。
Papalinさん 少しスリムになられました?黒いシャツにこのネクタイ よくお似合いです。
sakura
2006/10/11 21:46
リンク無事出来ました♪
お騒がせいたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Papalinさん、今度は真っ白な雪の上で歌っていらっしゃるお姿拝見したいですぅ♪
siena
URL
2006/10/11 23:07
◆◆ 何度も聴きたい曲... 沙羅さんへ

ありがとうございます。
何度も歌いたい曲でもあります。
テノールがお好きですか。いいですね。
テノールは好き嫌いがはっきりと分かれます。
沙羅さんに気に入って頂けて(?)よかったなぁ。
沙羅さんはきっと素敵でちょっと酸っぱい学生時代を送られたのでしょうか。
Papalin
2006/10/12 00:01
◆◆ 少しスリムに... sakuraさんへ

 気のせいだってば。ブラックは非膨張色。ちゃんと選んでますがな〜。それと、Papalinは正面から見ると、特に黒い服を着ている場合はスマートに見えるんですよ。ところが横を向くと、ありゃりゃ。ネクタイがお腹の上に乗っかっていたりして。(笑)

 それにしても、このネクタイは人気だなぁ。歌より、歌手より、人気がある。ロンドンで見つけたお気に入りです。
Papalin
2006/10/12 00:32
◆◆ 真っ白な雪の上で... sienaさんへ

 なんちゅうリクエストですか? (笑)
 sienaさんの希望が叶えられて、雪が早々に降ったら大変ですよ。まぁもっとも今年は腰が痛くて冬のスタッドレス・タイヤを履きっぱなしなので、いつ雪が降ってもいいんですけどね。

 sienaさん。サイトリンク、ご苦労様、そしてありがとうございました。
Papalin
2006/10/12 00:37
先ほどは、ブログへのコメント
ありがとうございました。
あらためて『彡★ 忘れない時間』
聴かせて頂きました。
そうですね・・・本当に良い曲ですね。
この歌詞を、そのままPapalinへ
贈りたい。
ありがとう。
Papalinを心からの親友と想っている...
2006/10/12 23:47
◆◆ 心からの親友と想っている...

 誰じゃ〜〜〜? ニックネームが長すぎてわからんよ〜〜〜、富○のお兄ちゃん!

 元気出し〜ね〜。
 ♬あし〜たがある、あし〜たがある、
  あし〜たがあ〜る〜さ〜〜〜〜!♬
Papalin
2006/10/13 00:37
こちらでは、はじめまして。
今回は歌っていただいて、ありがとうございました。
皆様にも、気に入って歌っていただければ幸いに思います。

写真、いい絵ですよね。
ゆいほ
2006/10/15 20:26
◆◆ 歌っていただいて... ゆいほさんへ

お〜、とうとう登場してくれましたね。
その節は、どうもありがとうございました。
いっぱい歌詞間違えてるし、音も取れてないし、
(やっぱり4度だっけ? 上げて譜読みするのは
しんどかったですわ。徹夜明けでなせる業では
なかったですね)、とに角すみませんでした。
いつか再録しましょう。お願いしますね。

写真、気に入って頂けた様で(自意識過剰?)、
ありがとうございました。撮影秘話については、
秘話なので秘密です。(笑)

IL DIVO のサイトの再生数カウントがすごいよ。
半分くらいは僕かなぁ?

そうそう、今日、僕のサイトを見て下さっている知人にお会いしました。彼曰く...
「ゆいほさんのあれ、僕も歌ってますよ。」
彼は楽譜が読めないのです。
でもその分、耳コピの才能はすごいのです。
嬉しかったですね。
Papalin
2006/10/16 01:49
古ぼけたパンドラの筐を
開けるきっかけになってくれた記事でした。
ありがとう。
Suzuka
2006/11/17 02:48
◆◆ パンドラの筐を... Suzukaさんへ

げっ、僕が開けさせちゃったの?
(_ _(--;(_ _(--; pekopeko

人それぞれの人生があって、そのSuzukaさんの人生に響いちゃったとすれば、これは当然、良かったのだと思うべきでしょうね。

どこがどう反応されたのか、どこが琴線に触れちゃったのか、不思議ですね。

一旦開けちゃったら、Suzukaさんのパワーは凄そうだなぁ。
Papalin
2006/11/17 03:58
出てしまったのはモノノケ。
大通連を取り戻した鈴鹿です。
Suzuka
2006/11/19 16:42
◆◆ 大通連を取り戻した... Suzukaさんへ

goo国語辞書には出ていませんでした。でも「取り戻した」という語感から、良さ気に解釈します。
Papalin
2006/11/19 23:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ ゆいほ & Papalin 「忘れない時間」 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる