IL DIVO 一周年

Papalinの音楽室"IL DIVO Papalin"が立ち上がって、一年が経ちました。というわけで、著作権使用の更新手続き申請を、たったいま行いました。

画像今日が始めてのJASRAC(日本音楽著作権協会)への更新手続きだったのです。これは、本来、著作権者に対して、その権利を使わせて戴くための対価のお支払いを、JASRACが仲介して行ってくれるというシステムです。そしてそれをまとめて年に一回行うわけです。僕の IL DIVO Papalin のサイトがちょうど一年経ち、今回2年目の更新手続きをしたということです。

結構細かい規約があって、Papalinのサイトに登録されている曲で、JASRAC管轄のもの(これを調べるのがまた面倒くさい)について、更新手続きをするわけです。

それが、不思議なんですよ。
IL DIVO Papalinのような、ダウンロードを許可しない、ストリーミング配信(つまり録音できない音楽の垂れ流し)という手法をとっている場合、10曲までは細かく年間使用料が決められているようなのですが、10曲以上はみな同じ値段なんです。これはどういうことかと言いますと、10曲でも100曲でも1000曲でも、JASRACにお支払いする年間使用料金が同じということ。具体的には¥10500(税込)です。

10曲公開の人は、一曲当たり¥1000を支払っていることになります。一方、100曲公開している人は、一曲当たり¥100を支払っていることになります。権利者にはどのようにお金が届くのでしょうね。不思議ですね~~~。

でも僕はた~くさんの曲を登録していますので、それ以上は突っ込みませんよ。
だって・・・薮蛇・・・になるといけませんから。あはは。ちゃっかり。

画像ちなみに、今日、全ての登録曲について、JASRAC登録番号と、正式な曲目名、作曲者、作詞者、編曲者その他を調べ直しました。そしてそれを各曲のテキスト・ファイルに書き込んでおくと、あとはボタン一つでJASRAC報告用のファイルを生成してくれるプログラムをyasさんが作ってくれました。ホントに助かります。

そうして出来上がった報告書を見たら、登録曲数が全部で872曲ありました。ご承知のように、各曲とも、フォーマットやサイズの異なる4つの音楽ファイルを準備していますので、これを4で割ると、正味218曲になります。おや、どこかでみた数字だなぁ。あぁそうだ、2月18日・・・・・僕の誕生日だ。何たる奇遇でしょう。(スリコミ スリコミ)


【写真1】 一年間お世話になったJASRACの許諾画像。ここで新しくなります。
【写真2】 近くのもみじ。大好きな透過光での一枚。

にほんブログ村 トラコミュ リコーダーへ
リコーダー

にほんブログ村 トラコミュ 多重唱(合唱)へ
多重唱(合唱)

この記事へのコメント

2006年11月01日 07:05
おはようございます。
著作権使用の更新手続き申請、本当にお疲れ様でした。
概して、こうした種類の手続きは面倒な上に効率が悪いと決まっています。
 218曲もの登録ともなれば、そのご苦労は押して知るべし、というところでしょうか。

アップの都度、楽しませていただいているILL DIVO。
こうした目に見えない、煩雑なお仕事が必要なのですね。感謝!!!
2006年11月01日 07:22
大事なことを書き忘れていました。

>Papalinの音楽室"IL DIVO Papalin"が立ち上がって、一年が経ちました。

もう、1年になるんですね・・・
ちょうど去年の10月1日。
心からのお祝いの言葉を送ります。
IL DIVO 一周年
、おめでとうございます。
そしてありがとう。
Papalinさんの音楽は、いつも私の大きな喜びです。
2006年11月01日 08:04
◆◆ 218曲もの登録... aostaさんへ

これには当の本人も驚きました。え~、いつのまにそんなになっちゃったのって。でも、バッハだけで6楽章×6組曲=36曲だもんね。ドラクエだって、シリーズ10曲前後×4組曲だからね、そういう数になっちゃうんだね。でも驚きました。

過去の作品は大体出揃いましたので、これからはカメさんペースです。来年の今頃は250もいってないかも知れません。でも質の高いものがちょっとでも増えたら嬉しいなぁ。また頑張ります。

これ、僕のライフワークかも。
2006年11月01日 08:08
◆◆ 大きな喜びです。 aostaさんへ

はい、ありがとうございます。
昨年のお誕生日の歌のプレゼントが貧弱だったので、あのときから"来年は"って思っていました。それなりに満足できる作品ができて、それをプレゼントできてよかったです。

これからも、優しくて、ときに手厳しい感想を、宜しくお願いいたします。何でも受け止めるだけの心構えが今のPapalinにはできています。(笑)

この記事へのトラックバック