⑰当日の報道取材 (オープンガーデン2006)

 実は一社、オープンガーデン当日に取材に来て下さいました。

画像


 最初に書かせて下さい。 Y社さま、本当にありがとうございました。
 何をさておいて、感謝の意をお届け致したいと思います。


■■■ テーマ: ⑰当日の報道取材 ■■■


■Y社さまから、取材をさせて頂きたい旨のご連絡を頂戴したのは、オープン・ガーデンの2~3ヶ月前のことだったでしょうか。私たちは大変嬉しく、二つ返事で取材をお願いしたように記憶しています。

 お話が進んでいくうちに、できたらオープン・ガーデン当日の様子を交えて取材させて頂きたい・・・ということになりまして、ではそのようにと、お願いを申し上げました。そして、そう近くないところからでしたが、当日は午前中早くにお見えになりました。ライターさんとカメラマンさんとお二人で。

 さて、「⑮ケーキと飲物の接待・容器」のブログにも書きましたように、やはり、なるべく手のかからないようにと準備を致しましても、当日はてんてこ舞い。予想外のハプニングもあったりして、結局私は"小さな音楽会"に張り付き、Mamalinは、沢山のお客さまとの交流(これが例年以上にできたことは進歩です)で手が空かず。結局、その影響をもろに受けたのが、Y社さんでした。

 むとうファミリーお揃いの写真を撮りたい・・・というカメラマンさんのご要望にさえ、特に私がコンサート中は応えることができませんでしたもの。本当に申し訳ないことを致しました。

 でも驚いたのは、閉園の時間間際までずっと私共のお庭で取材を続けられていらしたことです。いったいお昼ご飯はどうなされたのでしょう。訪問前は2時間ぐらいで取材ができるのではないかと思われていたのではないか。様々なことが、閉園間近になって、やっと体も心も少しだけ余裕がでてきたときに、Papalinはやっと気づきました。

 そうして、日がだいぶ傾いてきたときに、娘が彼女の判断で「この芝は弱くて養生中なので、恐れ入りますが踏まないで下さいね。」とお客様にお願いしてくれていたハーベイシャス・ボーダーで、私たちはカメラマンさんがここだと選んだ場所で、特別に芝の上に乗ることを娘に許可してもらって、記念写真を撮影して頂きました。Papalinは写真を撮るのは慣れているのですが、撮られるのは、いつ(いくつ)になっても苦手です。(?) お話が脱線しました。


 オープン・ガーデン当日の報道取材、本当にありがとうございました。
 もしY社さまの出版物に掲載されましたら、Papalinは身体が軽いので、また舞い上がってしまいますこと間違いなしです。絶対に自分達では撮れない、しかもプロの写真。そしてライターさんの目から見た、イングリッシュ・ローズガーデン・むとうのオープン・ガーデンの様子の記事、それは私たちみんあが楽しみにさせて頂いているとともに、お二人に感謝の念がたえませんです。ありがとうございました。_(._.)_    たのしみ~~~!


【写真】 Papalinブログのご近所3人娘さん。誰が誰だかわかりますかぁ?
      本当はお3人とも、もっときれいです!

この記事へのコメント

μ810
2006年09月23日 00:21
今度はどこかの遊園地のお化け鏡の部屋みたいな写真!
2006年09月23日 02:13
◆◆ お化け鏡の部屋... μ810さんへ

 そうですね。でもこれでも本人には分かると思いいます。失礼だったかしら。