⑤庭の準備 --- 除草/花殻摘み等 (オープンガーデン2006)

 スタッフを務めて下さった友人に、草取りまでして頂きました。


■■■ テーマ: ⑤庭の準備(除草/花殻摘み等) ■■■

画像■アシュピンのママ、Mamalinこと、我が家のガーデナーの話ですと、今年は異常気象。だから雑草も平年と違った育ち方をするとのこと。つまり、早く成長して花を咲かせ、種をつけ、未来に希望を託す...そんな違いがあったとのことです。種をつけられると、堆肥として使えません。皆さんはそんな違いを感じ取られたでしょうか。

 僕が感じたのは、異常なほど大量の雑草によってどこも覆いつくされていたことです。特に僕が担当したベジタブル・ガーデン(それでも四つに仕切ったうちの1区画ですが)では、地面の土が全く見えない状態でした。害虫の被害を少なくするために、キャベツとレタスを交互に植えているのですが、小さくて、背丈の低いレタスなど、日の光が当たらず、しかも蒸れてしまっているものもありました。aostaさんには、エンドウの下を除草して頂きましたが、時間ばかりかかってちっとも進まないと仰っていました。全くその通りでした。

 こうして取った雑草の量ですが、一番大きな縦横1mくらいありそうな黒いビニール袋で20袋です。それでも取り切れませんでした。

⇒ 来年はもっと草除けシートを敷いて、ガーデニング=草取り にならないようにしたいものです。せめて自分達だけで除草出来る程度にです。


画像■最低限これだけ出来ていれば、手入れされた管理された庭と言える条件を僕は、①芝が手入れされていること(仮に刈ってなくてもエッジだけ処理されていれば美しい)、②雑草が処理されていること、そして、③咲き終わった花ガラが処理されていること...この3つだと思っています。

 ①は、今まで何度も書いてきましたし、実際お庭に来られて、ご覧になった方だとおわかりかと思います。クララさんには、芝生のエリア内の雑草を丁寧にとって頂きました。もちろん他にもです。そして僕が前日の夕方、数時間かけて芝を刈り込み、完成となりました。

 ②は、仕方ないですね。時間がなくても丁寧に抜きました。草除けシート+チップ類という手がよさそうです。来年は適用箇所を拡大したいです。

 ③は、実は一番清潔さに関与しているのではないでしょうか。プロのお庭を観に行ったときに、花ガラが残っていたり、枯れて落ちた花弁が、この時期ですからカビが生えていたりするとがっかりです。24時間以内に落ちた花弁は良いのです。それは美しさの演出にもなりえますから。

⇒ 手が回らないから...。もしそういう理由で手入れが出来なかったら、我が家も規模を縮小すべきだと僕は思っています。これはプロが作ったお庭や公園も同じだと思います。公園を作るということは、以降毎年手もお金もかかるということです。それが出来ないのなら、作る前に熟考すべきです。作ったときは綺麗でも、その後手入れされない場所ほど残念なものはありません。

【写真1】 ガレージの屋根から、夕暮れ間近の庭の様子です。
【写真2】 手前がCarefreeWonder、中央がAngela、その向こうには真っ白な
       IceBergのStandard仕立て、さらに奥の薔薇の回廊へ。

この記事へのコメント

てんこ
2006年07月04日 09:50
うんうん。維持管理にはお金も膨大な手間もかかる。あたしが子供のころ、町が実家近くの神社を整備してあじさいをたくさん植えたけど、その後手入れしないのか、あじさいの葉っぱ虫に食われてぼろぼろ。予算がなかったのだろうか?子供心に「こりゃひどい」と思ったよ。
2006年07月04日 10:28
◆◆ お金も膨大な手間も... てんこさんへ

 お久し振りです。
 そうですか、てんこさんは子供の頃から既に感じ取っていらっしゃったのですね。僕はつい最近です。トホホですね。

 紫陽花、もう至るところで咲いているのでしょうね。我が家は当然、まだです。(笑)
sakura
2006年07月04日 21:58
こんばんは。
先日お邪魔したオープンガーデン。ほんとうに雑草がなくきれいで感心しました。しかしそれもスタッフのみなさんの協力があってのこととお聞きしちょっとほっとしました。あれだけ広いところをあれだけきれいにしていられたら それこそ驚きですよ。
2006年07月04日 22:23
◆◆ ほっとしました... sakruaさんへ

 その話をした時には、みんなで笑いましたよね。sakuraさんが「いつもこんなに綺麗にしているって思ってました~。」・・・・・「そんなわけないじゃん、商売でやっているわけじゃあるまいし。」ってね。

 sakuraさんも、そんな白魚のような指で草取りするの?
sakura
2006年07月05日 21:40
こんばんは。
やぶへび だったようですね。
表は草取りする面積が少ないのできれいでいられますけど 裏がぜんぜん追いついていません。Papalinさんとこのように広い庭じゃないのにね。でもPapalinさんとこのオープンガーデンから良い刺激をもらって少しはがんばろうと思っています。(笑)
2006年07月06日 02:15
◆◆ 少しはがんばろうと... sakuraさんへ

 庭を綺麗にしたときに、何が一番嬉しいか。それは、自分です。綺麗になった庭を眺める自分が幸せを感じるときです。誰のためにでもない、自分のためにしているということに、つい最近気づきました。お互いに、ほどほどに頑張りましょうね!
2006年07月06日 02:16
◆◆ 少しはがんばろうと... sakuraさん2

 sakuraさんのブログ(URL参照)、2回に渡って、我が家のお庭の写真と感想を載せて下さいました。ありがとうございます。その中で、我が家も、場所も、僕らの名前(むとう)も匿名として伏せられていましたので、コメントできないでいるのですが、とてもいい写真が沢山です。それから、sakuraファンのお友達のコメントも素敵でした。「フルタイムで仕事をされているMamalinが一人でこれだけのものを作られたとは到底思えません。きっと影で、家族の協力があったに違いありません。」というようなコメントがありましてよね。写真からそこまで読み取ってしまうお力に感銘を受けたのと、驚きでもありました。薔薇の回廊の黄色い薔薇は、イングリッシュ・ローズの、グラハム・トーマスといいます。鉄製の薔薇の回廊は、木製です。どうでもいいことですが。
sakura
2006年07月06日 21:23
こんばんは。
どちらもどうでもいいことじゃないと思いますよ。
黄色いバラにしても 鉄製というコメントにしても気にはなっていたんですけど そのままにしてしまう私の悪い癖ですね。
Papalinさんの 来年以降の開催のためにこうしてブログでオープンガーデンきちんと振り返る ただ感心。  
2006年07月07日 00:11
◆◆ 私の悪い癖... sakuraさんへ

 そんなに考え込まないで下さいね。どうでもいいことと言ったのは、写真を見られた方が、鉄に見えた、おー、確かにこういう色の鉄があるなぁ・・・という新しい発見をしましたから。トーマスは、僕が覚えたばかりの知識をひけらかしただけです。すぐ底をついちゃいますからね。(笑)

 常に正しく訂正することが良いこととは限らないですもの。sakuraさん、気にせんといて。
2006年07月07日 00:14
◆◆ 来年以降の開催のために sakuraさん

 自分が忘れちゃうからさ。(笑)
 ひょっとしたら、僕の覚書が主目的になっていて、お客様(読者・コメンテイタ)不在のブログになっているかもしれません。ちょっとだけ、我が家以外の方が、オープンガーデンに限らず、例えばガーデン・ウェディングとかでもいいのですが、そういうときに役立っちゃったりなんかしたりなんかすると、嬉しいかな~なんてね。