④交通手段等の事前問合せ (オープンガーデン2006)

 自己採点は、かなりの高得点です。

画像


■■■ テーマ: ④交通手段等の事前問合せ ■■■


■インターネットの普及により、地図ファイル添付をネットで送信させて頂いたのが75%くらい、Faxが5%くらい、残りの20%は電話での場所説明でした。この順番で、手数がかかりません。

 カーナビ付きの車を買った頃、僕は住所や電話番号だけ知れば、日本中どこにでも行くことができると考えていました。しかし、住所も電話番号も、ナビが知っているのは、イエローページの情報だけです。普通の住宅の情報は持っていません。ですから住所でも電話でも、その番号(番地)に近いところを案内します。ところが、我が家の番地は、八ヶ岳の頂上まで上の方の番号が同じ。つまり、東西に10km以上も同じ番号なのです。

 更に、下のほうの番地は飛び飛び。ちなみにお隣さんの番号とも全く関連性がなく、数字の桁さえも異なるのです。

 更に、我が家に来るための非常にわかりやすくて広い道路は、最近できたばかりで、ナビに載っていないことがあります。更に、それは広域農道なので、ナビはその道が既に登録されていても、経路として案内することはありません。(農道はナビが案内できる主要道ではありません)

 つまり、絶対にナビでは来ることができません。

⇒ このような状況を鑑み、昨年、地図を作りました。Excelで作ったのですが、Mac系の方は特に、Excelを使いません。そこで、PDFファイルに変換できるソフトを購入して、誰もがAdobeの無料の閲覧ソフトをダウンロードすれば見られるようにしました。

 この地図、方向、信号名、看板名などはもちろん、曲がって次まで○○○メートル...のように、距離も入れました。ですので、車のトリップメーターで確認しながら走ると、曲がるべき交差点を直進してしまっても気づきます。なかなか好評で、すんなり来られた方が殆どでした。

 ちなみに我が家は茅野駅から10kmあります。公的交通機関はなく、タクシーになりますが、昼間で片道¥4000くらいです。自家用車での来宅が一番です。

 道案内の標識に関しては、第6回のテーマとなります。


【写真】 ベジタブル・ガーデン(キッチン・ガーデン)のセンター・オベリスク。

この記事へのコメント

aosta001
2006年07月03日 05:48
おはよございます。

 道案内、私も成り行き上道案内の対応にせまられました。
 (押し寄せたお客様の多さにPapalinさん、Mamalinさんが電話に出ることほとんどできません!)
そこで、思ったこと・・・
遠方からお見えの方は、事前のリサーチをきちんとしていらっしゃるのではないかしら?
 問い合わせの内容も、比較的お近くまで着てらしての最終確認が多かったように思います。
それに対して、いわゆる「地元」のかた。
地元意識が禍して(?)行けば何とかなる、と軽い感覚、”思いつき”で出かけたものの、所番地だけでは探し当てることができないまま問い合わせていらっしゃる。
 若しくは、一部良く似た地名のほかの場所と勘違いされて、まったく方向違いからのお電話が入る。といったようなことが多かったような気がしました。

aosta001
2006年07月03日 05:49
「行けば何とかなる。」
実は、去年の私も同じパターンでした(笑)
私の場合は、お近くだったせいもあり、幸いにも ”何とかなっちゃった”のですが、これはむしろラッキーだったのでしょう。
かなりひどい「方向音痴」の私、遠い、近いにかかわらず、目的地にたどり着けないことがしょっちゅうです(哀)
 
クララ
2006年07月03日 08:28
aostaさん、私も御同様「行けば何とかなる。」「方向音痴」です。
昨年は、Papalinさんの地図ですんなりと到着できたのに・・・今年は甘く見て地図無しでやって来たら、会社の群落のなかにはまりこみました。
幾筋かの横道を覗きながら通っていると、遠くに赤いピックアップトラックが見えほっとしました。
2006年07月04日 10:17
◆◆ 軽い感覚、"思いつき"で... aostaさんへ

 はい、私もその手でよくドツボにはまります。大体わかるというのが実は一番の曲者で、一人では辿り着けず、やおら聞きまくりということに。

 他人の振り見て、我が振り直します。
2006年07月04日 10:20
◆◆ 今年は甘く見て... クララさんへ

 ははは。みんなそうなんだ。
 僕は自分の車で出かけたときには、クララ宅も当然そうですが、カーナビに覚えさせちゃいますので次も行けるのですが、次はMamalinの車で行くとなると、!(ビックリ・マーク)なのです。

 お互い、B型ですしね。(笑!)
2006年07月10日 02:05
◆◆ 何とかなる... aostaさんへ

 素晴らしいですね。当たって砕けずです。