隠とん生活 (オープンガーデンのレビュー目次)

 オープンガーデンの反省を、忘れないうちにしましょう。

 その前に、今日までの6日分の地元紙(長野日報)をまとめ読みしました。世の中では色々な事件が起きていたのですね。オープン・ガーデンで、すっかり日常を忘れてしまいました。中でも印象に残った記事がいくつかあります。

1)近隣の岡谷市に残る昭和初期建造の鋳物工場の煙突を、住民の声を配慮し
  安全性を考慮して取り壊したとのこと。施工したのは、僕らの家を建てて頂い
  た、(㈱)モクハウスさん。
  以前、我が家の紹介をして下さいました。へぇ、そういう仕事もするのね。

2)以前住んでいた住宅街で、お向かいさんの、娘と同い年の男の子が、夏の
  高校野球の長野大会で、選手宣誓をすることになったようです。もうお互い
  そんな年なんですね。

3)JR中央東線の特急「あずさ」と「スーパーあずさ」が、近々全面禁煙になる
  らしいです。まあ同じ区間を走る高速バスは、かなり前から禁煙だから、さ
  して驚きませんが、それにしても煙草の値上がりといい、愛煙家には世知
  辛い世の中ですね。

4)精かんで好きだった、大相撲の元大関北天佑が、内臓のガンで亡くなられ
  たようです。45歳。僕と同い年だったのですね。早すぎます。

5)最近は長野県民以外には話題性は薄いと思いますが、田中康夫知事が
  3選出馬を決めたみたいです。長野県民としては、判断ポイントですね。


 な~んてつらつらと書いていると、ガーデン愛好家の方々には、頂いたコメントにお返事も出さないで、何を書いてんのって、お叱りを受けてしまいそうなので、ちょっと頭を使って考えてみましょう。

 来年のオープンガーデンに向けての、Papalinの独断&偏見に満ちた反省としては、こんな切り口で挙げることができましょうか。

画像 ① 開催案内の手段について
 ② 開催日の決定と雨天時の対応
 ③ 内容・入場料の妥当性と連絡
 ④ 交通手段等の事前問合せ
 ⑤ 庭の準備(除草/花殻摘み等)
 ⑥ 当日の道案内の標識等
 ⑦ 当日の電話でのお問合せ対応
 ⑧ 受付・駐車整理
 ⑨ 「マナー&演奏会プログラム
 ⑩ ご質問への応対
 ⑪ 苗のチャリティ販売
 ⑫ 写真はがきのチャリティ販売
 ⑬ CDのチャリティ販売
 ⑭ 音楽会
 ⑮ ケーキと飲物の接待・容器
 ⑯ トイレの利用
 ⑰ 当日の報道取材
 ⑱ 打ち上げ
 ⑲ スタッフ/ユニフォーム/プレート
 ⑳ 開催日以外の訪問者
 ● マジなの? ビックリ集!

 ということで、クララさん。うんざりするような長ったらしい反省ブログを、少なくとも20個は書けそうですよ。(笑) あまり気を落とさないで、少なくとも、お庭もしくはお花の写真が20枚は見られると思って下さいな。もちろん、Papalinが腕に塩をかけて撮った写真ばかりです。

画像


【写真1】 ボーダー・ガーデンでご機嫌の"ER:モリニュークス"。
       "ティージング・ジョージア"(6/30 薔薇の名称修正)
【写真2】 壁と調和する、七変化の"アルキミスト"たち。

この記事へのコメント

dogachan
2006年06月29日 07:10
養豚生活?
あ、隠遁生活ね!?
こりゃ失礼致しました!(笑)
それにしてもPapalinが撮った薔薇の写真。
本当に溜息が出るほど綺麗で素敵です。
さすが「腕に塩をかけて(?!)」撮った
だけのことはある!
「薔薇を愛する気持ち」が凄く伝わります。

「愛する気持ち」そして「想い」続けること。
それは凄く大切なこと。
凍てつく様な厳しい冬を乗り越えて、また翌年
必ず花は咲いてくれますよ♪
aosta001
2006年06月29日 10:17
papalinさんの「腕に塩をかけて」・・・
 ベーコンでもおつくりになるのでしょうか?
きっと、美味しいベーコンに仕上がることと思います。

モリニューにアルキミスト、どちらも素敵な薔薇ですね。
 
『モリニュー』
昔フランスに、同名の、小さいけれどお洒落な香水ブランドがありました。(今でもあるかしら?)
確かブランド名を冠した、その名も「モリニュー」という香水があったと思います。
かつて母が愛用していた「ラ・ヴィ」という名前の香水も、確かモリニュー社製だったような・・・
 lavieさんにいつか、お話しようと思っていたのですが、ただ「ラ・ヴィ」だけだったのか、何か形容詞が付いていたのかはっきり思い出せないままでした。甘すぎず、優しすぎず、でもどこか昔懐かしい香り、ちょうど、Papalinさんのお写真にある「モリニュー」の何とも言いがたい淡いニュアンスの色にも似た香りでした。
 この薔薇は、どんな香りがするのでしょう。
アシュピンのママ
2006年06月29日 11:47
これはモリニューではないのだ。モリニューはネズミに食われて死んでしまった。今いるのはティージングジョージアです。あしからず。モリニューはもっと繊細なの。
aosta001
2006年06月29日 12:21
>これはモリニューではないのだ・・・
 モリニューはもっと繊細なの。

 モリニュー、実際に見たことはありませんので、ティージングジョージアとの違いがわかりませんでした。写真で見た限りでは良く似ているような気がいたします。
 確か250種類以上の薔薇でしたよね、名前を覚え
るだけでもたいへんです。
Mamalinさんの頭の中は、どういう構造になっているのか、薔薇の図鑑が丸ごと入っているのでしょうか、信じられない記憶力ですね!!!
クララ
2006年06月29日 14:11
>養豚生活?・・・dogachanさんへ
ギャハハハハ・・・ ∈^0^∋
あんまり笑うとPapalinさんに失礼かしら?
>「腕に塩を…」ベーコンでもお作りに…aostaさんへ
クックックッ(∩.∩)
笑いすぎて・・・今回のテーマは何だったかしら?

何はともあれPapalinさん御復活おめでとうございます。
たぬくん
2006年06月29日 18:45
ねずみに食べられちゃうこともあるんですね。
びっくりです。
蕾が膨らんで、翌日には花が咲きそうだと楽しみにしていたオレンジの薔薇。
翌日見たら、花の下に虫が入っていて開花は見れず
ショック!!でした。
美しい薔薇には棘がある。
美しい薔薇には、苦労があるんですね。
素敵なお庭を見せていただいて、
本当にありがたい時間でした、
ありがとうございます。
我が家は、今年二本、薔薇の苗を植えました。
黄色い「天津乙女」とオレンジ色の「…?」。
二本さえも覚えていないなんて…。
(立ててあった札も、
無くなっていました、グスン)

きちんと、フォローや訂正が入るなんて良い感じ。
自分が分からない時や勘違いしていた時に
誰かが教えてくれるのも、
この場所の良いところですね。

富山にいらした時に、
我が家の名前忘れの薔薇さんの、
名前を教えてくださいな。
我が家のお庭は、和洋折衷…なんでもありのお庭です。びっくりなさらないでくださいね。
aosta001
2006年06月30日 06:10
実は、「アルキミスト」と言って私が真っ先に思うのは、残念ながらこの薔薇ではありません。
 パウロ・コエーリョの「アルキミスト」という小さな物語。
自分の夢に忠実に、必ずそれが「成る」事を確信して、スペインからエジプトまで旅をした羊飼いの少年のお話です。
ある晩、突然「自分の夢」が実現すると信じた少年は、自分の全財産である羊をすべて売り払ってエジプトのピラミッドを目指します。
 そこに必ず自分に約束されたものがあることを確信して。
 目的とするエジプトにたどり着くまでに、少年はいくつもの障害にぶつかります。そのたび彼は、立ち止まり考える・・・
彼を導くものは、「信じる力」「聴く力」
 『お前の心があるところに、お前の宝物が見つかる、ということを憶えておくが良い。そこにたどり着くまでに学んだすべてのことが意味を持つために。お前は宝物を見つけなければならないのだ。』

 アルケミスト、「錬金術師」という意味ですよね。「無」から「有」を生じさせ、価値のないものを価値あるものへと転換させる錬金術師「アルケミスト」
 不思議な名前の薔薇ですね。
2006年07月04日 08:10
◆◆ 「想い」続けること... dogachanへ

 ありがとうございます。まずは写真をお褒め頂きました。少しコツを覚えればこの程度にはみなさんなれます。ここからが脱皮できないんですよね。(笑)

 「想い」続けること・・・ですね。
 僕は今、「重い」を続けています。(哀)
2006年07月04日 08:13
◆◆ どんな香りが... aostaさんへ

 どうやら名前が違っていたようで済みませんでした。この薔薇の香りは、甘い中にもどこか柑橘系のような爽やかな一風が通り過ぎていくような、そんな香りがしたように思います。黄色系の薔薇はいい香りがしますね。期待を裏切りません。
2006年07月04日 08:16
◆◆ ティージング・ジョージア Mamalinへ

 本家のホームページの薔薇の配置図をはじめ、更新しないといけないですね。わかってはいるのですが、なかなか手が回りません。aostaさん、間違えて(正しくは、知らなくて)済みませんでした。
2006年07月04日 08:19
◆◆ 良く似ているような... aostaさんへ

 はい、僕は簡単にだまされました。もともと、モノを緻密に見るタイプではないので、花が似ているというだけで間違えます。でも、aostaさんは、歯の色や形、樹形、季節、一季咲き/四季咲きなど、本来は総合的に判断されますよね。僕が載せた花のアップの写真ではそこまでわかりませんものね。
2006年07月04日 08:21
◆◆ 笑いすぎて・・・ クララさんへ

 何とでもおっしゃい。
 養豚とベーコンか...。関連性に今気づきました。相変わらず鈍感な一面のあるPapalinですね。
2006年07月04日 08:31
◆◆ 名前忘れの薔薇さん... たぬくんへ

 オレンジ色の薔薇というだけで、僕はモダン・ローズにその種が多いことを想像します。モダン・ローズだと、全くわかりません。咲いたらケイタイで写真撮って見せて下さったりすると、図鑑で調べられるかも。でも、きちんとした判定をするには、花だけでなく、葉の色形や、樹形も見たいですね。これだけ言ってわからないと格好悪いので、図鑑を持って富山に行きましょう。

 虫、特にコガネムシなどの害虫を見たら、すぐその場で潰しましょう。
2006年07月04日 09:03
◆◆ アルケミスト、錬金術師... aostaさんへ

 そうだったのですか。知りませんでした。ゴールに何かがあるのではなく、その道程に学ぶべきものが沢山ある...いいお話です。

 アルケミスト、アルキミスト、名前の呼び方はどちらでもよさそうです。

この記事へのトラックバック