【好きな薔薇】 : 黒真珠

 何故か雨に似合う薔薇なんですよね。

 モダン・ローズのハイブリッド・ティ・ローズです。去年、はじめてこの薔薇を見たとき、緑のガクからのぞく花弁の色に驚いたものです。だって本当に黒いんだもの。

画像


 咲き進むにつれて、深い黒赤色から、深いビロードの赤色に変わっていきます。これはその過程ですね。

画像


 ついでに、本物の黒真珠も載せちゃいます。
 左に写っている、赤みを帯びた黒真珠に確かに似ていますね。

画像


【写真1】 あなたはどうしてこんなにも雨に似合うのでしょう。
【写真2】 やっぱり花弁が濡れていないときの方が、色は薄いね。
【写真3】 きっとこちらの方が、値段は遥かにお高いでしょう。

この記事へのコメント

aosta001
2006年06月13日 04:32
おはようございます。

「黒真珠」本当に黒いですね。
花びらがほころびるまでの蕾は、艶のない黒そのもの。まるでそこだけ光を吸収してしまったような黒さです。
 その蕾がだんだん膨らみ、ほころび始めると、外側の真っ黒な花弁に守られるように、深く暗い赤色した花びらが見えてきます。

 去年、Papalinさんのお庭で見て以来、ずっと欲しいと思い続けてきた薔薇でした。
今年、不思議な偶然で手に入れることが出来、その花開くさまを間近に見ることができた「黒真珠」、その色、光沢、質感すべてに魅了されています。
開ききった後もいつまでも花びらを落とすことなく、ただその艶やかな光沢と赤みを日に日に失って、再び限りない漆黒に近づいていくそのさまは妖しいばかりの美しさです。

 雨が似合う薔薇・・・
その通りですね。
あの深紅色の花びらの上で雨粒は本当に真珠のように転がり、光を集め、一方で花はいっそうその色を濃く深くします。
黒真珠、「光と陰」の薔薇。


2006年06月13日 19:38
◆◆ 雨粒は真珠のよう... aostaさんへ

 この薔薇に出会ったときに、確かに黒真珠のような色をした薔薇だなと思ったのですが、1枚目の写真のように、花弁に水滴がついている姿を見て、あ、これだ!って思いました。作者、名付け親も、ひょっとしたら同じように感じたのかもしれません。
クララ
2006年06月13日 20:01
Papalinさん、aostaさんこれ以上誘惑しないで!
クララ邸にはもう植えるところないの。
実は今日、大泉のハーブスタンドさんで三株もお持ち帰りしました。
ブールドネージュ、セルシアーナ、リトルマジック。
大株の黒真珠。覚えていますよ。
一目惚れしたら、植える場所なんて考えないで、欲しくなりますよね、aostaさん。
花束買ったと思ったら安いものだ!とか 素敵なブラウス一枚我慢したと思ったら・・・とか色々自分に納得させて買っちゃいます。
夫にも、使いもしないグローブやバットよりずっと安いわ!なんてぶつぶつ言い訳しながらね。
aosta001
2006年06月13日 21:14
クララさん、こんばんは!

ハーブ・スタンドここしばらく言っていませんが、お気に入りのナーセリーです。
ほかのお店より少しばかりお値段はいいけれど、確実に大きい!元気!ちょっとほかでは見つからないような珍しい花苗がたくさん!
あれもこれも、みんな欲しくなっちゃうので、ここはaostaの鬼門です。

ブール・ド・ネージュ、素敵な白薔薇ですよね。でも、寒さに弱いと聞きあきらめました。
sakura
2006年06月13日 21:19
こんばんは。
みなさん たくさんバラ育てていらっしゃるようで 感心してしまいます。
我が家には当然このバラはありません。なぜか淡い色合いのバラが多いですね。こういったバラにもあこがれますが 写真に撮るの難しそうなのでちょっと敬遠 なんていってるから淡い色あいのものが多いのかな。
あちこちでいろんなバラ見せていただいて 次何にしようかなといろいろ考えるのも楽しいものですね。
aosta001
2006年06月13日 22:01
散ったあとの黒真珠の花びら、ほとんど「赤みを帯びた黒」でした。
 捨てるに忍びなくて、フランシス・デュブリュイを挿した花瓶のまわりに、はらはらと散らしたのを見ていた娘、何を思いついたと思われます?
 いきなり手を伸ばして一枚の花びらを取り上げたかと思うと、その花びらを鼻の頭に ?!
そして一言「やっぱり!この産毛だったらきっと吸収がいいと思ったんだ!」
 なんと、娘は油取り紙としてこの黒真珠の花びらを使ったのです(泣)!
確かに真っ黒だった花びらが、油を吸って白く光っています。
ビロード状に密生した細かい産毛が、彼女の言うとおり、しっかりと油を吸っていました。
 でも、これって、これって、あんまりです。私の黒真珠が、最後に「油取り紙」???
アシュピンのママ
2006年06月13日 22:17
aosta's daughter、最高ですね!
う~ん、ばらの花弁の産毛に注目しているあたり、ただ者ではないですね!でもいいんじゃないですか?私なんて今年は忙しくて満開の鉢薔薇を楽しむ暇もなく花がらをつんでは未練たらしくいじいじと眺めているだけですから。散った後まで何かに利用されれば本望でしょう。
aosta001
2006年06月14日 04:42
アシュピンのママさんに「最高」!の評価を頂きました。ありがとうございます!!
わが娘、次なる薔薇をどう利用しようかと狙っているしている気配が(?)

 咲いてしまった後なら、まぁ、どのように使ってもらってもいいのですが、咲く前から薔薇たちを狙う虫には、ほとほと手を焼きます。
今年は、アブラムシが大発生しただけでなく、バラゾウムシや、シャクトリムシをはじめとするアオムシ、毛ムシの類がやたらに多いような気がします(泣)
 それに比べ、今年は蜂の気配がほとんどありません。毎年アシナガバチに悩まされるのですが・・・不思議・・・
2006年06月14日 06:31
◆◆ 誘惑しないで! クララさんへ

 デュブリュイのブログにクララさんからコメントを頂いたときに、クララさんはひょっとすると、濃い赤、深紅系統の薔薇に弱いのかなと思い、こんなのもどうって、黒真珠を取り上げてみたのも嘘ではありません。でも、すでに3株増えたのですね。あはは。黒真珠は、長野県方面でお楽しみ下さいませ。(笑)
2006年06月14日 06:44
◆◆ aostaの鬼門... aostaさんへ

 みなさん、鬼門があるのですね。(笑)
 こうしてブログを通じて、一つずつそれらが暴かれていく...なんと楽しいことでしょう。

 ちなみにPapalinの鬼門は、多くて書ききれません。
2006年06月14日 06:48
◆◆ 次何にしようかな... sakuraさんへ

 はい、ソレです。人間の欲の皮の厚さときたら、終着駅がありません。我が家のガーデナーも、ガーデニング雑誌を眺めては、カタログを眺めては、我が家の庭とのコラボレーション性を想像しながら、ため息をついていますよ。(笑)

 濃い色の薔薇、確かに、植える場所、コンテナならコンテナを置く場所、難しいです。Mamalinは情熱的なレッドガーデンの近辺に配置しています。一番無難なところでしょう。
2006年06月14日 06:50
◆◆ 油取り紙... aostaさんへ

 一刻も早く実用新案として登録して、左団扇の生活になりましょう。
2006年06月14日 06:52
◆◆ ただ者ではない... Mamalinへ

 そうか、Mamalinも同じように感じ取ったんだね。aostaさん、磨かれざる宝石の原石かも!
2006年06月14日 06:55
◆◆ 蜂の気配が... aostaさんへ

 いえいえ、決して少なくありません。アシナガバチの巣は既に7~8個駆除しましたし、よく飛んでいるのをみます。僕の天敵のキイロスズメバチ・・・もう、奴らの羽音はすぐにそれと判別できるのですが・・・飛んでいます。巣をかけ始めたらすぐにゴーストバスターズを手配したいと考えています。
a0sta001
2006年06月14日 06:59
Papalinさん、おはようございます。

>一刻も早く実用新案として登録して、左団扇の生活になりましょう。

 左団扇!! なんて、素敵な響きでしょう!
本当のところ面白いほどよく取れます。
他の薔薇でも試してみましょう。
出来ることなら、香りのある薔薇がいいですね。残念なことに、この素晴らしく魅力的な薔薇「黒真珠」にはほとんど香りがありません。
2006年06月14日 07:10
◆◆ 香りがありません... aostaさんへ

 香りのない、有名な銘柄がありますよね。ピエール・ド・ロンサール。それでも試してみましょうよ。もし効能があったなら・・・・・ダメです、こんな公共の場で画策していては。一刻も早い権利化をすべきです!

 左団扇 左団扇 左団扇 左団扇!!!!!
2006年06月14日 12:18
うわぁー、黒い!!
黒いバラってびっくりしますねぇー。
けど、あじさいのように色を変え、最終的に講堂の幕のような色になるバラ。すごいなぁー、自然界って。

本当に色んな色のバラがあり、どのバラもPapalinさんが気持ちを込め、愛を込めたはるということを実感します。

また一つ賢くなりました。(^^ゞ
2006年06月14日 19:51
◆◆ 黒いバラって... ちゃみちゃんへ

 そうでしょう、そそられますよね。でも、本当に青い薔薇が存在しないように、真っ黒な薔薇も存在しません。必ず他の色が入っています。真っ黒な薔薇が出来たら、青い薔薇と同じくらい、ニュースになると思うんですけれどね。

 あ、Papalinは口だけよ。愛情を注いでいるのはMamalinです。(笑)
aosta001
2006年06月14日 20:23
ちゃみちゃんさん

>講堂の幕のような色・・・
「言いえて妙」本当にぴったりの表現です。
色だけでなくあの幕って表裏が黒と赤のビロード製でしたよね。
 質感と言う意味でも大正解!

本当の黒真珠、papalinさんの今回のお写真よりもっと黒くなりますよ。
 我が家では一番花が終わり、元気な新芽が伸びてきました。
2006年06月14日 23:14
aostaさん、お褒め頂いて嬉しいです。

いいなぁー、どのおうちもお花が一杯で。私は枯らすの得意やし、あきません。。(>_<)
2006年06月14日 23:42
◆◆ もっと黒く... aostaさんへ

 本当に不思議な薔薇ですよね。咲き始めは確かにもっと黒いです。段々と講堂の幕になって行きますね。その通りです。
2006年06月15日 00:12
◆◆ 枯らすの得意... ちゃみちゃんへ

 はい、今日のブログはカラス(枯らす)のブログでした。もう昨日になっちゃいました。

この記事へのトラックバック