サボイ・キャベツ

画像
 別名:ちりめん・きゃべつ

 10年位前に、青山通りにある高級食材店、紀伊国屋で見たときには、輸入物の外国産で、半玉800円で売られていました。日本でもできるのに。

 コンソメ・スープに入れると、とっても美味しいし、食感もいいです。
 アンチョビと絡めて、にんにく味のパスタで頂くのも最高です。

 あれあれ、お腹が空いてきましたよ。今仕事から帰って夕食(夜食)を頂いたところなのに。もうお腹が空いたなんて、全く困った食いしん坊です。


【写真の撮影データ】
タイトル 「昔は高値の花だった、花じゃなくて野菜のサボイ・キャベツ」
カメラ機種名 Canon EOS 20D
撮影日時 2005/10/29 10:56:43
Tv(シャッター速度) 1/200
Av(絞り数値) 5.6
画像サイズ 1696x2544
ストロボ 非発光

この記事へのコメント

2005年11月05日 07:03
 おかしいな、早起きのば~やたちのコメントがないな。これはウソぢゃないよ。ほんとだよ。
aosta001
2005年11月05日 08:10
"早起きのば~やたちって、私もその一人ですか?早起き過ぎてだれもいらっしゃらないから、愛犬と霧の中をお散歩してきましたよ。
総長の霧、秋も深まりましたね。
サボイ・キャベツ、知りませんでした。
写真で見た限り、ロメイン・レタスとは違う
ようですね。
しゃきしゃきして、ほろ苦い、ロメイン・レタスやチコリに似た食感なのでしょうか?


aosta001
2005年11月05日 08:11
 ↑「総長」、早朝のまちがいです。
aosta001
2005年11月05日 08:35
先日、わが村で唯一のスーパー、
その名も”co-op hara”で、珍しい野菜をみつけました。見ため、赤カブのようですが、私はコーラルビーではないかと思いました。
す少しだけ残っている葉っぱも赤い色をしていたからです。でも、名前が付いていないので、しかとは決めかねてお店の人に聞いてみたのですが、お店の人もわからないというのです。普通「わからないもの」売りませんよね?
ビーツを買ったときも、レジで「これは、何なんでしょう?どうやって食べるんですか?」と聞かれたことがあります。
売っている人が、商品の名前も食べ方も知らない・・・不思議なお店です。
でも、面白いものがとてもお安い値段で売られてたりする、aosta御用達の店でもあります。
lavie
2005年11月05日 09:14
aosta001さん、もうお許しになったんですね。だめですよ。私だったらしつこいからしばらくは、口を聞きません。私は、大事なことは覚えられないのに、どうでもいいようなことは忘れません。人から記憶力がいいねって言われます。でも、大切であろうことは、あれとかそれとか・・もう、だめですね。

でも、話題が変わると気分も変わりますね。
lavie
2005年11月05日 09:27
上の写真のキャベツは霜に包まれた白菜のように見えますね。自家製キャベツですか?
お花だけでなく野菜栽培もされるんですね。
私も一昨日、小春日和だったのでうちの農場&お花畑(通称:おばあちゃんの畑)へ散歩しました。(家から数十歩の所)入り口に蛇がどんと居座っていて、進入を妨げられました。カエルやミミズは嫌いではないのですが、ヘビはどうしてもだめです。しかたなく遠回りして行きました。
秋、冬野菜でいっぱいです。ブロッコリー、白菜、キャベツ、大根、レタス、ニンジン、春菊。畑が緑のジャングルのようです。これらの写真を送りたいけど、リサイズできてないのでご迷惑になるので控えます。うちのおばあちゃん野菜は、とにかくでっかいのです。
lavie
2005年11月05日 09:32
ちなみに「お花畑」の方は、小菊が色とりどりでとてもきれいです。仏壇の花にも活躍中。もちろん玄関にも大鉢の中にどでーんと生けてあります。存在感があります。秋真っ盛りです。
冬支度は終わりましたか?
aosta001
2005年11月05日 13:44
lavieさん、わたしの気持ちを汲んでくださってほんとうにありがとうございます。
でも、このブログは私にとって、papalinさんだけでなく、lavieさん初め、たくさんの素敵なお友達と会える場所です。
papalinさんへのブーイングで、みなさんとの楽しいおしゃべりを諦めるなんて、もったいないとは思われませんか?
ああして仲介の労をとってくださるdogachanさんもいらっしゃいます。
ここは一つ、papalinさんにaostaは小さなことに振り回されたりしない「大人」だというところをみせてあげましょう。
lavie
2005年11月05日 18:14
さすが、aosta001さん、
papalinより大人ですね。
papalinに感謝しつつ、おしゃべりを楽しみましょうね。
2005年11月06日 05:15
 aostaお姉さま、おはようございます。ご機嫌麗しゅう、何よりかと存じます。
 ちりめんキャベツに関しましては、はやりレタスやチッコリーとは違って、れっきとしたキャベツでございます。食感も、レタスや白菜のそれとは違って、やはりキャベツの噛み心地と似ているかのように身請けられます。とても美味しゅうございますよ。一度お試しあれ。
2005年11月06日 05:17
 aostaさん...
> ↑「総長」、早朝のまちがいです。
 すごい組織、そしてその組織が醸し出す霧ってこれまたスゴそうだなと感心しておりました。
2005年11月06日 05:22
 aostaさん、我が家のMamalinは野菜にも詳しいですよ。もちろんハーブにも詳しいです。しかし、酷いお店ですね。(笑)
 ビーツは、毒々しい真紅の色をしていますが、味はとてもいいです。コールラビーも食べたことがありますが、詳しくは、Mamalinのブログででも聞いてみて下さい。
 ここだけの話ですが、海外旅行(ほぼ欧州)のお土産に、シードを持ち込んで来ましたので、トマトにしても、日本では見ないポモドーロが出来ました。当然、ピッザ・ソース用に、茹でてソースにして瓶で真空保存しています。我が家に来られるかたは、それを使ったピッザを召し上がっているということになります。

PS:5時半になろうとしているのに、まだ外は真っ暗ですね。そろそろ、犬のお散歩ですか?
2005年11月06日 05:33
 aostaさん、lavieさんの...
> 私だったらしつこいからしばらくは、口を聞きません。
 ほ~、怖いですね~。(昔あった、笑うセールスマンの口調で)
2005年11月06日 05:38
 lavieさん...
> お花だけでなく野菜栽培もされるんですね。
 我が家のローズガーデンは、我が家の暮らしの中の1つのパーツに過ぎません。なので、キチン・ガーデンがあって、家畜がいて、家には薪ストーブがあって...という中の一つなのです。もちろんこのちりめんキャベツの自家製ですよ。我が家のキッチン・ガーデン(別名:ベジタブル・ガーデン)には、変な野菜が沢山植わっています。その代わり、春菊や野沢菜はありません!
 我が家のホムペのベジタブル・ガーデンの方を訪れてみて下さい。
http://www.mid.janis.or.jp/~grappa60/Gar11_Vegetable.htm
2005年11月06日 05:43
 lavieさん、写真は大きなサイズで撮るものなのですよ。それを印刷するときは、大きなサイズだとより鮮明に印刷できて良いのです。
 でも、PCなどの画面に表示するには、細かすぎるのでリサイズをします。リサイズの方法も先のコメントへの返信で紹介しましたので、やってみてはどうですか?
 私の印象では、ネットの世界での画像表示は、数十kByteが基本で、時には100kByteを越えた立派な"作品"を使うこともある...こんな感じでしょうか。
 ちなみに頂いたシュウメイ菊の写真は、数十kByteまで圧縮して載せましたが、違和感ないでしょう?

> 冬支度は終わりましたか?
 始まったばかりです。
2005年11月06日 06:09
 aostaさん...
> aostaは小さなことに振り回されたりしない「大人」
 よかったぁ。やっと罪が晴れて、仮釈放といった感じです。ずっと気になっていたので。
 では、これからは小さなことを連発して行きたいと思います。(舌)
2005年11月06日 06:21
 lavieさん...
> papalinより大人ですね。
 それって、Papalinよりもaostaさんの方が年上ってこと?
aosta001
2005年11月06日 07:19
ここ何日か、「薔薇事件」ショックのため(?)か、睡眠不足気味でした。そのためでしょうか?今朝は、すっかりお寝坊してしまいました。始まりの時間を間違えるといつものリズムが狂います。いつもだったら、とっくに犬の散歩を済ませている時間なのに今日は、こうしてぼんやりしています。
曇り空の朝です。
きょう、やらなければならないことなど考えながら2杯めのコーヒーを煎れています。

>papalinさんより大人ですね。
 本当のところ、なかなか「おとな」には、 なれません。

>それって、papalin よりもaostaさんのほう    が年上ってこと?
 そうですね。いままでの経緯を見た限り私 のほうが少し上かもしれません。
 微妙な問題なので言明は避けましょう。
2005年11月06日 07:30
 aostaさん、2杯目のコーヒーのお味は如何ですか?
 Papalinは今日はGOLFの日なのですが、ちょっと風邪気味なので、雨が降るといやだなというのと、今日はお客さんがありそうなので、家にいようかと思っています。IL DIVO Papalin の次の作品もできたら登録したいですしね。
 おっと、我が家もPhilipsのコーヒーの香りがしてきましたよ。
aosta001
2005年11月06日 07:42
papalinさん、ここのところ毎日のように外仕事でお疲れなのではありませんか?
クロッカスを植えていらっしゃるpapalinさん、拡大してみましたが、大画面になってもあまり変わりませんでした。がっかり。
真っ赤な唐辛子の目印、よく目立ちますし楽しいですね。papalinさんのアイディアですか?
今日は一日ゆっくりお休みください。
(もう、充分働かれたと思いますよ)
2005年11月06日 07:48
 aostaさん、やっと昨日までに頂いたコメントにお返事が書けたので、今はリアルタイムになりました。
 疲れてはいないですよ。大丈夫です。
 僕がこのブログに載せている写真は、殆どが記事と一緒に見れる写真と同サイズ程度の大きさです。なので、拡大してみても変わらなくて、残念でしたね。でも、これで、チャージフリーの限られたスペースを有効活用しているわけです。でも、そろそろ上限に届きそうです。
 その後どうするかですか?
 みなさんから頂いた大切なコメントも入っているのですから、消しはしませんよ。有料サービスに切り替えて、容量を大きくするつもりです。
lavie
2005年11月06日 12:09
aosta001さん、ご心労、お見舞い申し上げます。ゆっくり養生されてくださいね。
わたしも年のせいか?リズムをくずしつつありますが、そのせいか、少しだけやさしくしてもらっています。ハーゲンダッツのアイスクリームを買ってきて というと珍しく高~いと普通買ってきてくれないアイスを買ってきてくれましたよ。
lavie
2005年11月06日 12:21
野菜畑も盛況なのですね。
前から不思議に思っていたのですが、誰がお世話されているのですか?ってMamalinですよね。
でも、ほんとに広大な面積ですよね。おひとりでは、無理でしょう?(papalinは大事な助っ人はわかってますよ)
うちは、(元)農家ですから畑があります。立派な野菜が育っています。それは、お義母さんが、始終目をかけ、手をかけているからの賜です。私の経験上、植えてもほったらかしにするとそれ以上は育ちません。
「大きくなったね」とか「よく芽を出したね」とか声はかけてはいますが、やはり手をかけないとね。同じようにフルタイムで働いてる私は、お義母さんのようにできるわけはなく。そういう意味で、おじいちゃんもおばあちゃんもいらっしゃらないpapalin家のお野菜畑は、羨望の的です。
2005年11月06日 12:42
 aostaさんへ
 lavieさんと共に、私からもお見舞い申し上げます。aostaさんの体調を崩したのは、どこのどいつでしょう? もし会ったら、こらしめてやりますからね。 僕に任せてください!

 lavieさん、ハーゲンダッツは僕も大好きです。僕はやっぱりバニラがいいですね。僕も具合悪いです。おいしいもの、食べたいです。
2005年11月06日 12:46
 lavieさん、ご想像の通り、たった一人で管理しています。僕はたまに行ってビールのつまみの枝豆をとるくらいです。それももう終わってしまいましたが。あ、それから、何故だか不思議なんですけれど、ジャガイモを掘るのは、Papalinの仕事なんですよ。私は"ホルモン"?
lavie
2005年11月06日 13:03
ハーゲンダッツは滅多に食べられないけど、後味がいいですね。私は、ストロベリーと抹茶が好きです。だのに買ってきてくださったのは、季節限定の「マンゴーココナッツ」売れ残り商品でしょうか。はっきり言って、おいしくはなかったです。ちょっと、不満が残っています。
papalinさん、おいしい野菜を食べて、健康管理はばっちりですね。体調は、すこぶるいいのでは?
lavie
2005年11月06日 13:06
papalinさん、サツマイモも掘ってくださいね。季節ですよ!
2005年11月06日 15:30
 野菜も食べますが、お肉は野菜以上に好きなので、食べ過ぎてしまいます。それと、お酒と煙草は欠かせません。
2005年11月06日 15:31
 さつまいもは、今年はなかったような。さつまいもは上手くできないですね。ジャガイモも小ぶりのばっかりで。土地が酸性なのかなぁ。
aosta001
2005年11月06日 15:52
lavieさん、お見舞いありがとうございます。でも、お見舞いを頂くほどでもないですよ。どっちに転んでも、単純なのでしょう。
落ち込みも激しい変わり、立ち直りは早いです。
ところで、私が好きなアイスクリームは「抹茶黒密」です。やっぱり、ハーゲンダッツ。
ちょっと甘すぎるかな、というきらいはありますが、普段、甘いものを食べない私がなぜか急に食べたくなるのがこれです。
aosta001
2005年11月06日 16:06
朝から、暗かった空からぽつぽつと雨粒が落ち始めたと思う端から本降りの雨になってきました。
春先の雨は、その雨音もどこか楽しげに聞こえます。春の訪れを予感させる音です。
けれども、この季節の雨は冷たく落ち葉を濡らしながら近づく冬を知らせる雨です。
気持ちが沈むのは冬の気配をまだ認めたくないからでしょうか。
2005年11月06日 19:28
 クロッカスは、アシュピンのママのアイディアです。念のため。
lavie
2005年11月06日 20:35
papalinさん、なぜか用心深いですね。
クロッカスは、何色が咲くのでしょうか?黄色かな?
aosta001
2005年11月06日 20:43
ビーツ。
店頭で生のビーツが買えるようになったのは、ここ数年ですね。それまでは、もっぱら缶詰かビン詰のものを利用していました。
開ければ、そのまま食べられるのですから、とても便利。ビネガーと、ちょっと上等のオリーヴ・オイルをかけ,粗挽きの黒胡椒を振るだけでじゅうぶんに美味しいのです。

生のビーツ、ボイルしたあとのお湯の色は自然の色とは思えないほど鮮やかな赤に染まってます。なにか染物にでも使えそうな色ですね。
lavie
2005年11月06日 20:47
aosta001さん、今日は、激しく雨が降りましたね。夕方、家の裏の川土手(通称:蝶のパラダイス土手)から覗いてみました。濁流の中をカモが2匹仲良くすいすいと泳いでいました。
「あっカモちゃんだ」と思ったとき、すうっと青い光線が・・?
カワセミでした。カワセミのあの青緑色はなんと表現していいのか・・・きれいです。カモとカワセミを見ることができて幸せな気持ちになりました。何か身近なことに小さな幸せを見つけませんか?でも、冬の気配を認めたくない気持ちは同じですよ。
2005年11月06日 23:03
 aostaさんは、普段は甘いものを食べないの?
 僕なんか、チョコレートでお酒飲めますよ。
2005年11月06日 23:07
 aostaさん、今日は一日寒かったですね。もうちょっと気温が下がれば、こちらは雪になってもおかしくありません。冬・・・認めたくないですよね。
2005年11月06日 23:32
 lavieさん、クロッカスは、非常にお安い球根を買ってきたとのことなので、Papalinが植えることが出来たようです。(出てこなくても、痛みは小さい?)
2005年11月06日 23:36
 aostaさん、ビーツって何だかお漬物って感じがするのは僕だけでしょうか。
 ビーツを茹でた茹で汁の色、赤と言うよりは、静脈の血液みたいな濃い色ですね。染物に使ったら、いい色になりそうですね。
2005年11月06日 23:38
 lavieさん、こちらは2時間くらい前は、強い風が吹き荒れていました。今は無風状態です。
 かわせみのコバルト・ブルーは爽やかです。
aosta001
2005年11月06日 23:39
そうですね、家に甘いものを買い置くということはありません。
ちょっと疲れたり、何か気分転換がほしいときには、しっかり濃く入れたミルクティーにお砂糖をたっぷりいれて飲むこともありますが。
2005年11月06日 23:58
 家に甘いものの買い置き...これ我が家の定番。
aosta001
2005年11月07日 00:04
lavieさん、こんばんは。
今夜は、こちらも強い風雨です。先ほど子供のお迎えに玄関を出たところ、東側の桂の葉やヤマボウシの葉が一面に散り敷いていました。我が家は諏訪湖からの風がまともに当たります。
私は、ひそかに”wuthering heights"と呼んでいます。
今スペルの確認のため辞書を引いたところ
"wuthring"に該当する単語がみつかりませんでした。あわてて、googleで検索してみて確認いたしました。あまり一般的な言い方ではないのですね。説明するのもつまらないのですが、「嵐が丘」と訳されています。
2005年11月07日 00:06
 さすが、映画好きのaostaさんですね。
 lavieさん、横スレ、失礼しました。
 おやすみなさい。
aosta001
2005年11月07日 10:14
lavieさん、かわせみ、まだ見たことがありません。
papalinさんの
>コバルト・ブルーは爽やかです
というコメントに想像力をふくらませています。天然記念物のオオムラサキが飛ぶ時、その羽ばたきと一緒に鮮やかな紫色の光ががまるでフラッシュのように明滅して、輝くのを見たことがありますが、そんな感じなのでしょうか?
aosta001
2005年11月07日 10:22
papalinさん、ビーツはお漬物ですか?
酢漬け?塩漬け?
わたしは、ほとんどサラダか煮込み(ボルシチなど)に使うので、「漬物」のイメージはいままでありませんでした。
季節はずれの青いトマトと、ビーツを薄くスライスして少し酸味を利かせたドレッシングで召し上がってみてくださいな。
気の利いたオードヴルになります。彩りも素敵な大人のサラダです。
2005年11月07日 18:15
 aostaさん、天然記念物のオオムラサキが飛ぶのを見たことがあるのですね? 僕は遭遇しているかもしれませんが、それと認識できてはいません。カラスアゲハが舞っているのをみたときには、黒地に光る青系統の、それこそコバルト・ブルーをちょっと濃くしたような羽の色がとても美しかったのを覚えています。我が家には色々なアゲハチョウや、オニヤンマや、塩辛とんぼが飛び交っています。短い夏~秋を楽しむかのように。
2005年11月07日 18:17
 aostaさん、僕が勘違いしているかもしれませんが、酸っぱかったように思います。サラダで食べても美味しいですよね。舌が色づきます。
lavie
2005年11月07日 18:27
小さな幸せ・・・
今日、職場に行ったらなくなってました。(泣)
昨日の強風雨でひまわりが倒れていました。幾分かは予想してましたが、これでいっぱいの向日葵をデジカメで撮って送る夢が消えました・・・
小さな幸せ・・・はかないですね。
向日葵は強いのでまた、太陽に向かって起きあがるのを待ちます。
lavie
2005年11月07日 18:32
カワセミはまさに「コバルトブルー」かも。色彩は、亜熱帯系かな。
信州方面だったら「ヤマセミ」に遭遇することの方が多いですか?ヤマセミは、茶色ぽく、頭の毛がぼうぼうでユニークですね。私は、生のヤマセミを見たことはありません。
lavie
2005年11月07日 18:33
aosta001さん、「嵐が丘」ブロンテですね。
違っていたらごめんなさい。
2005年11月07日 19:22
 lavieさん、やはりそちらも風が強かったのですね。向日葵のような背高のっぽの植物は、風には弱いですね。でも起き上がるかもしれませんよ。あきらめずに。
laosta001
2005年11月07日 21:30
lavieさん、仰るとおり、エミリ・ブロンテの作品です。
でも、私が我が家を ”The wuthering heights”と呼んでいるのは、ただ単に風が強いというだけの理由なのですが・・・
aosta001
2005年11月07日 21:53
ブロンテ姉妹、私が強くイギリスに惹かれる大きな原因のひとつです。
中学生になって、初めて完訳の「ジェイン・エア」そして「嵐が丘」を読んだときは、その世界から抜け出せないほど入り込んでしまいました。
まだ見たこともない、荒涼と広がるヒースの原野”moor"に憧れ、moorを渡る風に恋焦がれて重症のanglophiliaになりました。
長じてイギリスには2回行きましたが、憧れのYorkshireの地はいまだ行かずじまいです。

「ジェイン・エア」は三姉妹の長女シャーロットが、「嵐が丘」は妹のエミリの作品です。あのストイックなビクトリアンの時代にこういった「すべてを超えてゆく」奇跡のような愛の形が書かれた不思議を思います。
lavie
2005年11月07日 22:21
papalinさん、カワセミさんやヤマセミさんを見てきました。かわいい~
実は、わたし、鳥さんが結構好きなのです。近所にいる背黒セキレイや黄セキレイさんとは、友達です。ジョウビタキさんは晩秋から冬になると必ず我が庭にやってきます。あのオレンジ色がたまりません。ノスリは冬に見かけますが、どーんとした存在感がいいですね。
冬は、バードウオッチングの季節でもありますね。早速ken3さんのホムペをお気に入りに入れました。鳥の写真は難しいです。
aosta001
2005年11月07日 22:22
papalinさん、オオムラサキ、コムラサキどちらも見たことがあります。と言っても、何年前になるでしょうか。
蓼科の「トヨタ記念館」近くの草むらで、輝くような濃紫の蝶が飛んでいました。
コムラサキは以前にも何回か見ているので、オオムラサキで多分間違いはないと思います。羽ばたきながら飛んでるとき、羽が開いた瞬間だけ紫の光を放つのです。
実際は、日の光を反射しているのでしょうが、まるで自ら発光しているように見えました。諏訪湖近くの立石公園では、毎年オオムラサキの植生(榎やクヌギなど)を植え、繁殖に力を入れているようです。そのうち、立石公園もオオムラサキの「パラダイス」になるかもしれませんね。
aosta001
2005年11月08日 05:59
lavieさん、おはようございます。
我が家にも何種類かの野鳥がおとずれます。例のバタフライブッシュなどは、すごく茂っているせいか、雨の日などびっくりするほどたくさんの鳥が羽を休めています。
ちょっと困り者が、ヒヨドリです。膨らみ始めたクレマチス・モンタナの蕾が大好きです。我が家のヤマボウシはどうして花が咲かないのか不思議に思っていたら、やっぱりこの子の仕業でした。ブルーベリーも実が色づいたころには、影も形もありません。(ブルーベリーまだ小さいのでちょっとしか、実をつけないのですが)
ほかにも、ガレージのシャッターの上に巣を作られてしまい、雛が飛び立つまで、シャッターを下ろせなくなったり(この子は、背黒セキレイだったと思います)いろいろな「事件」がありますよ。
lavie
2005年11月08日 13:36
ヒヨドリはあまり人気のある鳥ではありませんね。小さい小鳥をけ散らすし、あまり風貌もかわいくない。結構嫌われ者かもしれません。
2005年11月08日 18:21
 aostaさん、日曜の夜の風は凄かったですね。朝、通勤時に道路が一面"唐松"の茶色く色づいた葉っぱだらけでした。滑るんですよね、油分を含んでいるから。
2005年11月08日 18:29
 aostaさん、嵐が丘の舞台はヨークシャーなのですか? 映画、殆ど見てないもので、すみません。ヒースという低木を知ったのは、S&Gのスカボロー・フェアでした。
 そういえば、ヒース(heath)と、ヒースロー空港(Heathrow Airport)、何か関係ありそうな...。
2005年11月08日 18:35
 lavieさんが鳥に詳しそうなこと、鳥が好きそうなことは、このブログへのコメントからもわかりました。ken3さんの主たる被写体は、なんと"野鳥"なのです。ken3さんのサイトにも、掲示板がありますので、Papalinを仲介にして、野鳥のお話をされてみては如何ですか? 彼は、凄いレンズをいっぱい持っています。(羨)
2005年11月08日 18:39
 aostaさん...
> そのうち、立石公園もオオムラサキの「パラダイス」になるかもしれませんね。
 知りませんでした。オオムラサキの情熱家がいそうですね。いや素晴らしい。
2005年11月08日 18:44
 aostaさん、僕は鳥のことも詳しくないのですが、我が家には毎年かわいいお客様が来ます。セキレイです。つがいで来ます。尾っぽを上下させる姿がかわいいですね。結構近くまで来るんですよ。
 ルリビタキ(?)は、窓ガラスに写った自分の姿めがけて、何度も何度も窓に突進します。あるとき見たら、打ちどころが悪かったらしく、窓の下に死骸がありました。
 ヒヨドリは、名前からは想像できない、身体も大きくて、あまり綺麗ではない鳥。いたずらです。
 最近、山鳩がアヒルたちのえさの残りを狙って、毎日やってきます。ばたばたと飛び立つ姿は非常にびっくりします。
2005年11月08日 18:52
 ヒヨドリ、確かに可愛くない風貌ですね。お相撲さんに例えたら、現理事長の北の海みたい。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 来 春 へ の 仕 込 み

    Excerpt:  草取り担当のPapalinが、一大出世です。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-11-05 15:43
  • (#^.^#) 200ブログ達成 その1 (#^.^#)

    Excerpt:  まずランキングについて。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-11-19 23:04
  • ちりめんキャベツってご存知ですか?

    Excerpt: ちりめんキャベツ、あまり聞かない名前のキャベツですが、 これは、知る人ぞ知るキャベツなのです。 別名はサボイキャベツと言われ、葉の表面がちりめん状に縮れているのが特徴。 中の葉まで色鮮や.. Weblog: おいしいもの見つけ隊 隊長日記 見たこと、聞いたこと、感じたこと。 racked: 2006-01-14 12:49