幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS [カイエ2] ジャン=ジャック・グリュネンヴァルト / クレオールの人形 (『若き日々の音楽』より)

<<   作成日時 : 2018/01/31 14:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Cahier de Lemoine Deuxiéme (20 pièces faciles contemporaines pur piano à deux mains) / Jean-Jacques Grunenwald(1911-1982) / Poupée créole
URL : http://papalin.yas.mu/W287/#M202V19

  ◇公開日: 2018年1月31日
  ◇演奏時間: 1分21秒
  ◇録音年月: 2018年1月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




「カイエ ドゥ ルモワンヌ 2 (20のやさしい現代フランスピアノ作品)」という楽譜を手に入れました。20世紀のフランスのピアノ小品集です。カイエというのは雑記帳のこと、ルモワンヌは18世紀から続くパリの楽譜出版社の名前です。雑記帳のページをパラパラとめくって、お気に入りの曲探しを致しましょう。

19曲目は、ジャン=ジャック・グリュネンヴァルトの作品で、「クレオールの人形」です。彼はオルガニストとしてその即興演奏で名が知られているようですが、一方でパリ美術学校で建築学を修めたという才能豊かな人です。13歳で、アルフレッド・コルトーの門下に入ったそうです。作曲は20代半ばから始めました。

「クレオール」というのは、カリブ海に浮かぶ西インド諸島の人々やその文化のことをさします。フランスの統治下にあったことから、土着の文化とフランスの文化が混ざり合い、独特の文化を創り上げました。メロディは南国を想像させますけれど、低音の和音が何とも言えず興味深いです。


楽譜はこちらをベースにして、即興アレンジ演奏しています。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          鈴木           ボックスウッド
   テナー          キュング(プリマ)    ペアウッド
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの人生を応援して下さる方、この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[カイエ2] ジャン=ジャック・グリュネンヴァルト / クレオールの人形 (『若き日々の音楽』より) 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる