幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ アヴェ・マリア / ヴェルディ

<<   作成日時 : 2010/12/18 17:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

≪生演奏を公開しています≫

画像
G. Verdi / Ave Maria
URL : http://papalin.yas.mu/W225/#M003V12

  ◇公開日: 2010年12月18日
  ◇演奏時間: 3分30秒
  ◆録音日: 2010年12月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



いやぁ、いい曲だなぁ。
ヴェルディが、こんな素晴しい
アヴェ・マリアを書いていたのですね。

楽譜を見ますと、各パートに
特徴的なスケールがあります。
きっと何か意味のあるスケールでしょう。

それと、臨時記号だらけ、つまり、
和音の変化がものすごいのですね。

演奏する方としては、どんな和音なのかが、4本鳴らしてみてわかるというわけで、とりあえず、変な音程を出さないように、一番最初に、もっとも信頼のおける楽器を使って吹きました。

最近、私が信頼のおける楽器は、テナーかバス。でも、私が使っているこの2本の楽器は、西洋人と東洋人位の違いがあります。全音のテナーは、音程を変えやすい、ボーボー息が入るタイプ。このタイプに属する楽器は他に、メックのエボニーがそう。一方、ヤマハのバスは、音程を変えるには運指で調節するしかないタイプ。つまり、カッチリ音程が楽器に組み込まれちゃっている楽器で、このタイプに属する楽器は他に、メックのオトテール・モデルのテナー、鈴木のステンズビーJrモデルのアルト、斎藤さんのヴォイスフルートなのです。これらは同じ運指ではピッチが殆どかわらないので、正しい音程が出る音なら良いのですが、低めだとか高めの場合は厄介です。

とまぁ、女性にもいろんなタイプがいますが、それぞれの方とどう接するかを修得することが肝要かと。あれ、話が飛躍していますか?


ちなみに、キュングの2本の低音楽器は、前者に属します。



楽譜はBein' Greenさんから拝借しました。


使用楽器

    テナー      全音(チェリー)
    バス       ヤマハ(メイプル)
    グレートバス  キュング(メイプル)
    コントラバス   キュング(メイプル)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ アヴェ・マリア / ヴェルディ 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる