幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ ロ短調ミサ 1.Kyrie eleison

<<   作成日時 : 2008/11/16 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
J.S.Bach / Missa in B minor BWV232
URL : http://papalin.yas.mu/W506/

  ◇公開日: 2008年11月16日
  ◇演奏時間: 9分13秒
  ◆録音日: 2008年11月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



   Kyrie eleison.   主よ、憐れみたまえ。


昨晩アップした、最初の4小節だけの演奏(W218)はまるで詐欺でした。自分で聴いても、満足できません。ここで終わっちゃぁねぇ。(^_^;) とにかく、少しでも早くアップしなくちゃと思いまして、午前中は声も出ませんが、それでもなんとか午前中に仕上がったのは奇跡です。

CDやサイトウキネンの演奏会でも聴いている曲ですが、リコーダーも歌も難しかったです。臨時記号だらけだし、歌は跳躍していると音が取れないし、リコーダーはピアノ伴奏譜を見ながらの演奏なので、こうした対位法の曲はパートの音がそれぞれ上下が入れ替わって見難いし、大変な思いをしました。(^_^;) でもパート譜では絶対に多重録音はできませんね。一つのパートを演奏したり歌ったりしているようで、結構違うパートも見ているからです。

ピアノ譜なので、手が届かないところと思われる箇所ではメロディが抜けちゃったりしていますが、ご愛嬌で勘弁して下さい。女声パートはここぞというときだけ実音で歌いましたが、基本的に音が高いので、オクターブ下げて歌いました。女人禁制のカテドラルで、キッズもカウンターテナーもいなかったら、こんな音になるのかも知れませんね。

演奏し終わって、これを書くためにジョン・エリオット・ガーディナー指揮モンテヴェルディ合唱団&イングリッシュ・バロック・ソロイスツのCDのライナーノーツを見ましたら、彼らの演奏が9分29秒で、僕の演奏が9分13秒ですか。そうでしたか。

何はともあれ・・・。

画像


パートと出演者

《合唱》
  ソプラノ1・パート     Papalin
  ソプラノ2・パート     Papalin
  アルト・パート       Papalin
  テノール・パート       Papalin
  バス・パート        Papalin

《伴奏》
  テノール・リコーダー    Papalin (冒頭4小節が竹山:楓 → 全音:桜)
  バス・リコーダー      Papalin (メック:楓)
  バス・リコーダー      Papalin (メック:楓)
  コントラバス・リコーダー  Papalin (キュング:楓)



全体の曲目構成と、ガーディナー、リヒターとの比較はこちらです。


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 これはまた、たいへんなことを始められましたね!
 キリエの冒頭のテンポ、すばらしいと思います。
 わたしも、最後まで、(気長に)応援させていただきたいと思います。
Nora
2008/11/17 09:18
 追伸。
 クリスマスコンサートのページと、ロ短調のページに、リンクをさせていただきましたので、どうかご了承ください。
Nora
2008/11/17 09:47
最初の音を聞いた途端、何かに心をわしづかみにされたような寒気がしました。
どこか遠く、混沌の暗闇の中から響いてくるようなキリエ・エレイソン。
コルボのロ短調を初めて聴いたときにも、塞々と迫るものを感じましたが、Papalinさんのこの演奏は、それにもまして怖いくらい美しいです。
著名な演奏家による評価の定まった演奏に必ずしも感動するものではない、という音楽の不思議を思います。
もちろん、コルボは私の一番尊敬する指揮者の一人ではありますが、彼とても自分が理想とする音楽をひとりで作り上げるわけにはいきません。
その意味でも、Papalinさんがおひとりで伴奏からが合唱まですべてを演奏なさる、ということはすごいことだと思います。時には、一人であることの限界もあるやもしれませんが、限りなく自分のイメージに近づくためには、これ以上の手段はないようにに思います。
Papalinさんのロ短調キリエ・エリソン、素晴らしいと思います。合唱のソプラノ・パート、バス・パート、リコーダーのコントラバスの響きが耳を離れません。


aosta
2008/11/17 22:19
まさか、ここまで!!!!

(笑)


たこすけ
URL
2008/11/18 00:54
◆◆ キリエの冒頭のテンポ・・・

Noraさん、ありがとうございます。
毎度毎度Noraさんに「バッハ演ったよ!」って言いにいくのはおこがましくて自重していたのですが、発見して下さってありがとうございます。そういえば、Noraさんとの出会いも、バッハがルーツ。僕がバッハの調性について突っ込んだのが初めだったかと思います。懐かしいです。

Noraさんに喜んでもらえるかどうかは全く自信がありませんが、今回はバッハと完全に一対一で対峙しています。2時間を越えるようなこの曲を、いつまで自分の集中力がもつかどうかはわかりませんが、やってみるつもりです。気長にお付き合い下さい。(^-^ )

僕はテンポは全く悩まずに、一意に決まります。不思議なものですね。
 
Papalin
2008/11/18 22:34
◆◆ リンク・・・

Noraさん、ありがとうございます。
とっても嬉しいです! (^-^ )
 
Papalin
2008/11/18 22:35
◆◆ 著名な演奏家による・・・

aostaさん、ありがとうございます。
リヒターにしろ、ガーディナーにしろ、演奏を発表する際には「これが自分の音楽である」として世に出して恥ずかしくないものであろうか、本当に自分が表現したかったことを現実のものとしているだろうか・・・そうした自問自答を繰り返しているのではないかと思います。それは取りも直さず、自分の手兵や世に名の知れた演奏家を使っての演奏だからに他なりません。

でもPapaltetはそんな危惧は全く要りません。なぜなら、自分以外の音楽家はそこには存在しないからです。そうした意味で、良くも悪くも100%逃げられない自分の音楽なのですね。

指揮者は必ず遠慮します。それは感性がみな違うからということに敬意を表してのものでもあろうし、普通の遠慮からのものでもあろうし、あるいは自分の求めるものを実現できないといった諦めもあると思います。手兵がたとえBPOであろうと、VPOであろうと。

何を書いているのかわからなくなってしまいましたが、寒気を感じたとのこと、暖かくして下さいまし。それがこのお返事の主題です。(^_^;)
 
Papalin
2008/11/18 22:43
◆◆ まさか・・・

たこすけさん、ありがとうございます。
あれ、まさか・・・でしたか?
既定の路線ですよ。(^-^ )
 
Papalin
2008/11/18 22:52
とても長いこの曲を最後まで緊張感高く演奏されていてとても素晴らしいです!女声をオクターブ下げても十分音楽が成立している、いや、Papalinさんの力量で成立させてしまっているのに感心しました。
久々にロ短調ミサ、聴きたくなりました。
beingreen
2008/11/23 23:29
◆◆ 最後まで緊張感高く・・・

beingreenさん、ありがとうございます。
身に余るお言葉ですね。
それなりに頑張ってはいますが、やっぱりとりつかれただけでは集中力がもちません。ちょっと時間をあけてみるのもいいかなと思って、グロリア完成目前で足踏みしております。(^_^;)

> 久々にロ短調ミサ、聴きたくなりました。

何より嬉しいです。(^-^ )
 
Papalin
2008/11/24 10:31
おっとこのコメントはこちらでした。
冒頭編より、リコーダーと歌のバランスがよくなっているように思いました。
nyankome
2008/11/24 20:09
◆◆ このコメントはこちらでした。

nyankomeさん、ありがとうございます。
了解です。(^-^ )
 
Papalin
2008/11/25 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ ロ短調ミサ 1.Kyrie eleison 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる